糸 あらすじ

あらすじ

 映画「糸」は、歌手の中島みゆきさんの名曲「糸」をモチーフに製作され、菅田将暉さんと小松菜奈さんがダブル主演を務める。平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間を、名曲「糸」に乗せ、北海道や東京、沖縄、シンガポールを舞台に描く。

 楽曲「糸」は、中島さんが知人の結婚式を祝して作り、1992年10月に発表されたアルバム「EAST ASIA」の収録曲を経て、1998年2月に、「命の別名」と「糸」の両A面でシングルカットされた。2004年に人気ロックバンド「Mr.Children」の桜井和寿さんが率いる「Bank Band」がカバーしたことで注目を浴び、森山直太朗さん、JUJUさん、福山雅治さんら約120組がカバーしている。

 映画は、「64-ロクヨン- 前編/後編」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」などで知られる瀬々監督がメガホンをとる。原案・企画プロデュースは、「黄泉がえり」「余命1ヶ月の花嫁」の平野隆さん、脚本は「永遠の0(ゼロ)」などの林民夫さんが担当する。

映画「糸」のあらすじ