ぼくらの7日間戦争 ニュース

宮沢りえがカムバック アニメ版で30年後の中山ひとみ演じる

劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」に出演する宮沢りえさん (C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」に出演する宮沢りえさん (C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 1988年に公開された実写版映画「ぼくらの七日間戦争」で中山ひとみを演じ、女優デビューと初主演を飾った宮沢りえさんが、劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督、12月13日公開)に声優として出演することが9月30日、分かった。アニメでは、約30年後の中山ひとみを演じる。

 かつて宮沢さんが実写版で演じた中山ひとみは、仲間たちを鼓舞して大人たちに反抗した学級委員というキャラクター。戦車とともに「七日間戦争」のアイコンとなった。

 宮沢さんは「ささやかな出演ですが、中山ひとみ役として参加させていただきました。私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時見てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』も皆さんの心を揺さぶることができますように。ぜひ映画館の大画面でお楽しみください」とコメントしている。

 村野監督は、宮沢さんを起用した理由について「原作でも映画でも、大人たちはインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出したすてきな女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか……それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を超えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます」と語っている。

(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

北村匠海、芳根京子が新作アニメでW主演&初共演

劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」に声優として出演する北村匠海さん(左)と芳根京子さん(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」に声優として出演する北村匠海さん(左)と芳根京子さん(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんと女優の芳根京子さんが、宗田理さんのベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」が原作の劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督、12月13日公開)に声優として出演する。北村さんは学校では目立たない歴史マニアの鈴原守、芳根さんは守のクラスメートで幼なじみの千代野綾をそれぞれ演じる。北村さんと芳根さんのダブル主演で、2人が共演するのは初めて。

 関係者は北村さんと芳根さんの起用理由を「“大人に戦争を仕掛ける”という物語に現実的な説得力を持たせられる俳優さんに守と綾を託したいと思っていました。北村さんと芳根さんなら、これまでの出演作を拝見してきた中で、心に想(おも)いを秘める繊細さと大胆な行動力の相反する要素を持ち、守と綾の真意を理解して声を吹き込み、誰もが応援したくなるキャラクターにしてくださると思いオファーしたのですが、リハーサルではお二人のあまりのフィット感にスタッフ全員が驚きました」と説明している。

 北村さんは、オファーの前から原作を読んでいたといい「10代特有の悶々(もんもん)した感情を代弁してもらっている感覚で読んでいたので、今回オファーいただいたときに迷わず『ぜひ、やりたいです』と言わせていただきました」とコメント。芳根さんは「小学生の時から図書館にあった作品で、たくさんの方に愛されている作品にこうして携われることができてうれしいです」と出演を喜んでいる。

 北村さんは、芳根さんについて「本番に入る前に声を聞いたとき、声で引き込む力のある方だと思いました」と絶賛し、芳根は「北村さんは、とにかく多才だな、と思いました。お芝居やられて、歌もやられて、声のお仕事まで!」と話している。

 原作「ぼくらの七日間戦争」は、累計発行部数2000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作で、1985年に刊行。1988年に女優の宮沢りえさん主演で実写映画化されたことも話題になった。

 劇場版アニメは、実写映画で描かれた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年を舞台に“7日間”の冒険が描かれる。いつも一人で本ばかり読んでいる鈴原守、議員である父親の都合で1週間後に東京に引っ越すことになった千代野綾たちが、古い石炭工場を秘密基地に7日間、大人から隠れようとする……というストーリー。潘めぐみさん、鈴木達央さん、大塚剛央さん、道井悠さん、小市眞琴さん、櫻井孝宏さんも声優として出演する。

 ◇村野佑太監督のコメント

 「芝居はセッション。いろいろな人と演じあうことでよいものが生まれる」と、初対面のときに北村匠海さんが言いました。俳優と声優が一緒に収録できる現場がそう多くはない中で、「7日間戦争」はその言葉を信念に、冒険する子ども役7人の収録を一緒に行うことになります。その場の誰をもうならせる入魂の芝居で綾を演じた芳根京子さん、クライマックスの収録はまさに圧巻の一言でした。そしてチームをまとめる潘めぐみさんと鈴木達央さんの存在感を中心に、結束し、頼り合い、導き合う関係になっていく7人の空気感は、まさに原作が求めた子どもたちの姿そのもの。その尊さは、この作品の確かな魅力です。

 ◇北村匠海さんのコメント

 学校の図書館に必ず並んであった「ぼくらの七日間戦争」は感想文を書いた経験もあって、そんな親しみのある作品の声優をやらせていただけることが素直にうれしかったです。映画「HELLO WORLD」に続き、声優2作目になりますが、やはり“声でお芝居をする”というのはなかなか難しく、今回もすごく勉強になることばかりでした。

 歴史ある作品に関われたことが光栄ですし、僕自身もこの作品を通して“青春”をまた味わえた気がしています! ぜひ多くの方に見ていただければと思っています。

 ◇芳根京子さんのコメント

 いつの時代も愛され続けている作品にこうして携われることができてうれしいです! 脚本を読んで“高校生と大人たちとの7日間戦争”という設定にすごくワクワクしましたし、私が演じさせていただく綾がアニメの中で生きていることにとっても感動しました!

 今回、プロの声優の皆さんと一緒にアフレコするという貴重な経験をさせていただきました。そんな中で初めてご一緒する北村さんの存在は、声のお仕事の経験がほとんどない私にとってとても心強く、「一緒に頑張ろう!」とものすごいパワーになりました。

 実写映画を見た人も、原作の小説を読んだ人も、初めて「7日間戦争」に触れる人も、自由な世界に飛び込むような爽快さを味わえる映画になっていると思います。たくさんの人たちに、理不尽な大人たちと戦う少年少女の、青春をかけた7日間をぜひ劇場で見守ってほしいです!

「ぼくらの7日間戦争」2019年12月に劇場版アニメ化 宮沢りえ主演の実写映画から30年 舞台は2020年

劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」のティザービジュアル (C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」のティザービジュアル (C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 1988年に女優の宮沢りえさん主演で実写映画化された宗田理さんのベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」が劇場版アニメ化され、12月に公開されることが6月11日、明らかになった。劇場版アニメのタイトルは、原作タイトルの「七」を「7」とした「ぼくらの7日間戦争」。2020年が舞台で、「原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリー」となるという。ティザービジュアル、特報も公開された。

 ティザービジュアルは、「ここが、スタートラインだった――」というコピーが書かれ、6人の少年少女たちが並び立つ後ろ姿が描かれている。特報は、主人公の守を中心に、それまでの何気ない日常生活から大人に対する抵抗の始まりと、少年少女が大人へと成長するはじめの一歩、“スタートライン”を表現しているという。

 劇場版アニメは、実写映画で描かれた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年を舞台に“7日間”の冒険が描かれる。テレビアニメ「ブレイブビーツ」で監督デビューし、「ドリフェス!」などを手がけた村野佑太さんが監督を務め、劇場版アニメ「ブレイブストーリー」や「DEVILMAN crybaby」などを手がけた大河内一楼さんが脚本を担当する。

 原作「ぼくらの七日間戦争」は、累計発行部数2000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作で、1985年に刊行。親や教師からの管理教育に反抗し、廃工場に立てこもって大人たちをやっつける少年少女たちの“七日間戦争”を描いた。その後も30年にわたって40作を超える続編が発表され、「ぼくら」シリーズの世界では、主人公の菊地英治や中山ひとみは中学生から高校生、大学生、そして大人へと成長していく姿が描かれている。

 1988年に公開された実写映画は、宮沢さんの女優デビューにして初主演作として注目を集め、戦車や廃工場でのアクションといった大胆な演出が反響を呼んだ。3人組ユニット「TM NETWORK」が主題歌「SEVEN DAYS WAR」を担当した。

 劇場版アニメの企画の発端は、実写映画公開から30年を迎え、「ぼくら」シリーズの累計発行部数が2000万部を超えたことがきっかけだったという。原作者の宗田さんに「ぼくら」の世界で現代の少年少女たちが戦う“7日間戦争”をアニメーションで表現したいと提案したところ、シリーズのテーマである「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を描くことを条件に再映画化を快諾されたという。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:村野佑太▽脚本:大河内一楼▽キャラクター原案:けーしん▽キャラクターデザイン:清水洋▽制作:亜細亜堂

 ◇原作の宗田さん、村野監督のコメントは以下の通り。

 ・宗田理さんのコメント

 子どもたちが常に抱いているいたずら心や冒険心、悪い大人への挑戦を子どもの視点から描こうと思ったのがきっかけでこの物語は生まれました。今もこのテーマを変えることなく、シリーズの新作を書き続けていますが、これが子どもの本心をついているから、いつになっても子どもたちの心をとらえて読み続けられているのではないかと思います。これは作者にとってこの上ない喜びです。

 今回、この作品が新しいストーリーのアニメ映画になります。アニメ映画には小説とは違う感動と面白さがあります。あの物語がどんなふうに表現され、みなさんをとりこにするのだろう。それを想像すると、原作者としてもわくわくしてきます。小説とは違う感動をぜひ劇場で体験してください。

 ・村野佑太監督のコメント

 解放区より愛をこめて――。原作を読んで胸が一番高鳴った場面です。今の子どもたちが必要としている解放区とはなんだろうか。原作の発表された時代ほど大人は物分かりの悪い人間ばかりではないし、生まれた時から当たり前にあるネット環境は大人に内緒で冒険することをたやすくさせました。しかしどうやら、自分たちの自由な居場所を獲得しやすくなったと同時に、その居場所を守るためにはまた別の不自由さが生まれているみたいです。今の子どもたちが巻き起こす、新しい7日間の冒険。原作と、そしてかつての映画に精いっぱいの敬意を持って、新しい「ぼくら」の7日間戦争を紡いでいけたらと思います。

出典:YouTube