劇場版 架空OL日記 あらすじ

劇場版 架空OL日記あらすじ

 映画「劇場版 架空OL日記(仮)」は、お笑い芸人のバカリズムさんが原作・脚本・主演を務め、2017年4月期に放送された連続ドラマ「架空OL日記」を映画化。2020年公開。映画「劇場版 架空OL日記(仮)」は、ドラマに引き続きバカリズムさんが脚本・主演を務め、住田崇さんがメガホンをとる。

 「架空OL日記」は、バカリズムさんがネット上に女性会社員のふりをして日常をつづっていたブログを書籍化。17年にテレビドラマ化され、女優の夏帆さん、臼田あさ美さん、佐藤玲さん、山田真歩さんも出演した。バカリズムさん本人がそのままの姿で女性会社員に扮(ふん)していることも話題になり、ドラマは「第55回ギャラクシー賞」で奨励賞を受賞。脚本を担当したバカリズムさん個人も同賞の特別賞を受賞した。さらに、優れた脚本家に贈られる「第36回向田邦子賞」も受賞した。

 バカリズムさん、住田監督のコメント全文は以下の通り。

映画「劇場版 架空OL日記」のあらすじ