新解釈・三國志 あらすじ

新解釈・三國志あらすじ

 映画「新解釈・三國志」は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称。映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督のオリジナル脚本で描き、俳優の大泉洋さんが主演を務める。大泉は劉備玄徳を演じる。映画は福田監督がメガホンをとる。大泉さんが福田監督の作品に出るのは初めて。

 「三國志」は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称。魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備のほか、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場することから、小説やマンガ、ゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。

 映画は、史実を“福田監督流”の新解釈で実写化。見どころは「今まで誰も想像し得なかった新たな解釈で三國志が描かれる」ことだという。

映画「新解釈・三國志」のあらすじ