新解釈・三國志 ニュース

大泉洋、福田雄一監督と初タッグ 「新解釈・三國志」で主演 愚痴と文句しか言っていない劉備玄徳に

映画「新解釈・三國志」で主演を務める大泉洋さん(左)と福田雄一監督(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
映画「新解釈・三國志」で主演を務める大泉洋さん(左)と福田雄一監督(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

 俳優の大泉洋さんが、映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督のオリジナル脚本で描く映画「新解釈・三國志」で主演し、劉備玄徳を演じることが6月5日、分かった。映画は福田監督がメガホンをとる。大泉さんが福田監督の作品に出るのは初めて。2020年に公開。

 「三國志」は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称。魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備のほか、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場することから、小説やマンガ、ゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。

 映画は、史実を“福田監督流”の新解釈で実写化。見どころは「今まで誰も想像し得なかった新たな解釈で三國志が描かれる」ことだという。

 ◇福田雄一監督のコメント

 「新解釈・三國志」という企画はずっと昔から持っていたんです。ただ、劉備玄徳を大泉さんがやらないんだったら、これはもう全然やる必要のないものだという感覚でした。本作は、「水曜どうでしょう」のノリの大泉洋さんが、劉備玄徳をやるっていうのが僕の今回の一番のコンセプトです。ずっと愚痴と文句しか言っていない劉備玄徳。何一つ将軍っぽいこと言わないという。撮影していく中で、これ、いけないことかもしれないんですけど、「ちょっと僕は大泉洋のファンすぎて、全部が面白く感じちゃっているんですけど、皆さんはどうですか」ってプロデューサーに相談するくらい面白くて。「三國志」ファンの方々がなんておっしゃるか不安ですが、あくまで「新解釈」と思っていただければ、と思います。