どすこい!すけひら あらすじ

どすこい!すけひらあらすじ

 映画「どすこい!すけひら」は、清智英さんが原案、たむら純子さんがマンガを担当した同名マンガを映画化。韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバーで、女優で歌手の知英さんが主演を務める。知英さんが演じるのは、ぽっちゃり体型の主人公・助平綾音で、ひょんな事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると、誰もがうらやむナイスバディーに変身している……という役どころ。知英さんの特殊メークは、ハリウッドでの活躍経験を持つ特殊メークの第一人者、江川悦子さんが担当した。

 映画は、元おデブ(どすこい)の鈍感女子をめぐる三角関係ラブコメディーで、監督は、「続・最後から二番目の恋」「最高の離婚」「ファーストクラス」など数々のテレビドラマを演出し、「あのコの、トリコ。」で長編映画初メガホンをとった宮脇亮監督が担当する。

 大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・綾音(知英さん)。ひょんなことから事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると、誰もがうらやむナイスバディーに変身していた。帰国後は、エステティシャンとして働いていたが、恋愛には無関心で、大好きなチョコレートと、趣味のゲームに没頭する日々を送っていた。そんなある日、サロンの超VIPで、人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。拓巳に淡い恋心を抱く綾音だったが、拓巳に恋人がいることが発覚し……というストーリー。

映画「どすこい!すけひら」のあらすじ