午前0時、キスしに来てよ ニュース

片寄涼太、眞栄田郷敦と手つなぎ胸キュン!「引き続き郷敦の彼女役をやっていく」 「午前0時、キスしに来てよ」イベント

映画「午前0時、キスしに来てよ」のイベントに登場した片寄涼太さん(左)と眞栄田郷敦さん
映画「午前0時、キスしに来てよ」のイベントに登場した片寄涼太さん(左)と眞栄田郷敦さん

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが11月28日、東京モード学園のコクーンタワー(東京都新宿区)で開催された主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)のドキドキ・ドリームNIGHTイベントに出席。憧れのスターと女子高生の恋を描いた映画にちなみ、片寄さんが彼女役になりきって、共演者の眞栄田郷敦さんを相手に“秘密の恋の憧れシチュエーション”を実演。「引き続き、郷敦の彼女役をやっていこうと思います」と語り、会場の笑いを誘った。

 今回のイベントでは東京モード学園とのコラボが実現し、片寄さんと眞栄田さんが学生がデザインした衣装でランウエーをかっ歩。八木アリサさん、岡崎紗絵さん、鈴木勝大さん、野田理人さん、宇佐卓真さん、内藤秀一郎さんも出席し、演じたキャラクターをイメージした“映画館デート”のコーデで登場した。

 事前にアンケートを募り、憧れのシチュエーションとして上がったのが「スターから『手を出して、渡したいものがある』と言われて手を差し出すと、手をつながれて『このままどこか一緒に逃げちゃおっか』と言われる」という場面。片寄さんは両手を体の前で重ねたりと、すっかりヒロイン気分。眞栄田さんから手を握られると、うれしそうな笑顔を見せて会場を笑わせていた。

 またステージでは、片寄さんが「Variety」誌が選ぶアジアの次世代スター8人のうちのひとりに日本人男性で初めて選ばれたことが発表され、「国境を越えて、人と心をつなげられたり、空間を共有できる、そんな橋渡しになれるような人に近づければ」と今後の夢を語り、拍手を浴びていた。

橋本環奈 “鼻かじキス”は片寄涼太の本番サプライズ「初めてでドキドキ」 撮影場所の名古屋で「午前0時、キスしに来てよ」会見

名古屋市市政資料館 でダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」の会見を行った片寄涼太さん(左)と橋本環奈さん
名古屋市市政資料館 でダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」の会見を行った片寄涼太さん(左)と橋本環奈さん

 女優の橋本環奈さんとダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが11月18日、名古屋市市政資料館 (名古屋市東区)で、ダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の会見を行った。同作の予告編で話題になっている“鼻かじキス”のシーンについて橋本さんは「(台本では)鼻にキスというト書きだったんですが、(片寄さんに)本番でかじられて、初めての経験でした。(本番で)『かじられた!?』と思って。本番で言われていないことをやるのは初めてでドキドキしました」と事前に知らされていなかったことを明かした。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作で、橋本さんは「原作でも“鼻かじキス”のシーンはあるのですが、まさか実写(映画)でやるとは思わなくて。台本を読んで、ないんだなあと思っていました」と回顧。リハーサルも鼻にキスだと信じて行っていたという。

 片寄さんは同シーンについて「監督やプロデューサーさんと原作のシーンに挑戦してみたいですよねと話していて、じゃあ橋本さんに言わずに行こうかと(いうことになった)」とサプライズでの撮影が決まった経緯を明かし、「(本番の)一発で決めなきゃいけなくて、違う意味のドキドキでした」といたずらっ子のような無邪気な笑顔で場を和ませた。一方、橋本さんは「そこは言ってくださいよー」と口をとがらせていた。

 また片寄さんは「誰にも言っていないんだけど、ここで初めて言っていい?」と前置きし、「撮影の数日前に初めてエステに行ったんです」と告白。同作が、片寄さん演じる国民的人気スターの綾瀬楓と、橋本さん演じる“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々の“格差恋”を描く物語であることから、「芸能人の人ってそういうのやりそうだなと思って、体験してみたくて」と役作りの一環だったという。橋本さんから初エステの感想を聞かれると「普通に気持ちよかったです。でも続けて行かなきゃダメなんでしょ」と継続して通っているわけではない様子を見せていた。

 この日、会見が行われた名古屋市市政資料館は、1922年に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造り建造物で国の重要文化財。同作のクライマックスとなる片寄さんと橋本さんのキスシーンがエントランスホールにある正面階段で撮影された。この日は劇中と同じようにレッドカーペットが敷かれ、フォトセッションが行われた。26日から12月6日まで同作の衣装展とパネル展を開催する。片寄さんと橋本さんが着用した衣装や重要なアイテムとなる靴、映画のシーンカットや名古屋でのロケ地紹介パネルなどを展示する予定。

<特集>橋本環奈 “コメディエンヌ”から“ラブコメディエンヌ”へ 「午前0時、キスしに来てよ」で初の少女マンガ原作ヒロインに

映画「午前0時、キスしに来てよ」の場面写真(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」の場面写真(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)で、ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと共にダブル出演を務める、女優の橋本環奈さん。これまでコメディエンヌとして、「銀魂」(福田雄一監督)などマンガ原作の実写化作品で存在感を発揮してきたが、同作では初めて少女マンガ原作のヒロインに挑戦。本作で新境地を見せた橋本さんの魅力に迫る。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。

 橋本さん演じる日奈々は超真面目でありながら、“ムッツリ”な一面を持つ女の子だ。初デートで連れてこられた楓の自宅で、楓とソファに並んで座り大人の恋愛映画を見るシーンでは、「彼と一緒で恥ずかしいし、なんか見ちゃいけない気がするけど……見たい!」と、思わず両手で顔を覆う指のすき間から、ちらっとのぞき見するという、ラブコメならではのほほ笑ましいリアクションを披露。可愛さあふれる仕草でがっちり心をつかまれるはずだ。

 “ムッツリヒロイン”を完全再現している橋本さんは、本作の役作りについて「私が思う日奈々の面白いところは、ムッツリなところ(笑い)。原作にもそれは描かれているので、実写でもそこはなくさずに、ムッツリだけど純粋で可愛らしい日奈々にできたらいいなと」「実写の日奈々を演じるにあたっては、原作の日奈々の表情をどういうふうに出していこうかなっていうのは結構考えましたね。楓とあーちゃん(眞栄田郷敦さん演じる浜辺彰)に対して全然違う反応をしたりするので、原作の表情を研究してみたり」と語っている。

 “コメディエンヌ”から“ラブコメディエンヌ”へ進化を遂げた橋本さんの新たな一面に要注目だ。

橋本環奈「おなかすきそう」と“腹ぺこ予言” 「午前0時、キスしに来てよ」舞台あいさつで

「午前0時、キスしに来てよ」の舞台あいさつに登場した橋本環奈さん
「午前0時、キスしに来てよ」の舞台あいさつに登場した橋本環奈さん

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんがダブル主演を果たした映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の完成披露舞台あいさつが11月12日、東京都内で開催され、“秘密の恋”が描かれる映画にちなみ、片寄さんが橋本さんの秘密を暴露。片寄さんは「橋本さんはお昼の11時くらいになると『おなかがすきそうだなあ』と言う。普通はおなかがすいてから言いますよね」と橋本さんが“空腹の予言”をすると語り、橋本さんは「自覚はなかったんです。でも確かに言っているなと思った。だっておなかがすきそうなんですもん」とコメント。司会から「今のおなかの状況は?」と聞かれると、「今、(おなか)すきそうです!」と笑顔を弾けさせ、会場の笑いを誘った。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。舞台あいさつには眞栄田郷敦さん、八木アリサさん、岡崎紗絵さん、鈴木勝大さん、酒井若菜さん、遠藤憲一さん、新城監督も出席した。

 またこの日は、片寄さんが所属し、本作の主題歌「One in a Million -奇跡の夜に-」も担当している「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さん、数原龍友さん、小森隼さん、佐野玲於さん、関口メンディーさん、中務裕太さんがサプライズで登場した。会場からは悲鳴のような歓声が上がり、メンバーが来ていることを知らなかった片寄さんも驚きの表情。

 橋本さんが主題歌を「完璧に歌える」と話すと、小森さんがサービスたっぷりに一節歌ってみせるなど、予想もつかぬ展開に会場も大盛り上がり。にぎやかなトークが炸裂(さくれつ)し、最後まで大暴れしたメンバーについて、片寄さんは「いつまでいるの?」と突っ込んだりしつつも笑顔が止まらない様子。「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪しつつ、「喜んでくださっている方もいるかなと思うと、とてもうれしい」と語っていた

出典:YouTube

“国民的スター”片寄涼太出演の劇中CM公開 “キス寸前”シーンも

映画「午前0時、キスしに来てよ」の劇中CMのワンシーン(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」の劇中CMのワンシーン(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の劇中に登場するCM映像が10月22日、公開された。映像は、片寄さん扮(ふん)する国民的人気スターの綾瀬楓が「コカ・コーラ」のCMに出演するという内容で、全女子が楓と恋をしている気持ちになれるストーリーが展開。楓と女優(アヤカ・ウィルソンさん)が“キス寸前”まで顔を近づけるシーンなどが収められている。

 映像は、楓の「出会いは突然だった」というナレーションで開始。ひと組の男女の運命的な出会い、別れ、再会を描いている。

出典:YouTube
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

予告編初解禁 橋本環奈、片寄涼太とキス連発 “マスク越し”に“鼻かじ”… 眞栄田郷敦からバックハグも

映画「午前0時、キスしに来てよ」のビジュアル (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」のビジュアル (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の予告編映像が10月3日、初解禁された。綾瀬楓(片寄さん)が花澤日奈々(橋本さん)とマスク越しでキスする場面や、日奈々の鼻にかじりつく“鼻かじキス”のシーンなどが収められている。

 また、幼なじみの浜辺彰(眞栄田郷敦さん)が、日奈々に「もうやめろよあんなヤツ!」とバックハグする場面なども登場する。

 今回、場面写真も解禁された。国民的スーパースターである楓が学校に現れ、日奈々の前にひざまずくシーンや、寝ている楓の髪に触れようとすると手をつかまれ、ハッとする日奈々の様子などが切り取られている。

出典:YouTube
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

本編映像初解禁! 片寄涼太が橋本環奈に“鼻かじキス”!?

ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」のポスタービジュアル(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」のポスタービジュアル(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督)の本編映像が7月19日、初解禁された。初の本編映像である特報映像で、片寄さんが橋本さんの鼻にかじりつく“鼻かじキス”寸前の様子などが収録されている。また、公開日が12月6日に決定し、ポスタービジュアルも公開された。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。

 特報映像は、「私が恋をしたのは、学校イチのイケメンでも、憧れの先生でもなく、国民的スーパースター」という橋本さんのナレーションとともに、日奈々の学校に、楓が訪れ、騒然となる様子からスタート。日奈々が、憧れの存在である楓と手をつないで駆け回り、マスク越しにキスをされたり、髪をドライヤーで乾かしてあげたりする場面を収録。ラストでは、楓から日奈々への“鼻かじキス”でファーストキスが「予約完了」されるシーンが登場。日奈々の「今のなにーっ!?」というせりふで締めくくられている。

出典:YouTube

岡崎紗絵、映画「0キス」で橋本環奈の親友役 2人の制服オフショットも!

映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演する橋本環奈さんと岡崎紗絵さん(上) (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演する橋本環奈さんと岡崎紗絵さん(上) (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 4月期の連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系)で、山本美月さん演じるヒロインの妹役で話題となった岡崎紗絵さんが、映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月公開)に出演することが7月12日、分かった。映画はダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演作で、岡崎さんは花澤日奈々(橋本さん)の親友・るんちゃんこと磯山光を演じる。岡崎さんと橋本さんの制服姿のオフショットも公開された。

 光は、綾瀬楓(片寄さん)と日奈々の恋を見守りながらも、あーちゃんこと浜辺彰(眞栄田郷敦さん)が日奈々を思っていることを知っている……という役どころ。岡崎さんは「日奈々や、あーちゃんに『いい恋愛しなよ』って言ったり、背中を押したりするような役どころだったので、2人をつなぐいいポジションになったかと思います。あと、監督からはあーちゃんの肩を結構大きめにたたいてと言われて(ツッコミを入れるという意味で)あーちゃんの右肩をよくひっぱたいていました(笑い)」とコメントしている。

橋本環奈の“恋敵”にViViモデル・八木アリサ 片寄涼太と見つめ合う2ショット公開

映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演が決まった八木アリサさん(左)と共演の片寄涼太さん (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演が決まった八木アリサさん(左)と共演の片寄涼太さん (C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月公開)に女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の専属モデルを務める八木アリサさんが出演することが7月5日、明らかになった。

 片寄さん扮(ふん)する国民的スター・綾瀬楓の“元カノ”で、橋本さん演じる女子高生の花澤日奈々の“最大の恋敵”となる、売れっ子美人女優の内田柊役を務める。

 八木さんは「柊は、日奈々の恋敵という役どころですが、実は真っすぐな思いを持った優しい女の子です。そんな柊を丁寧に演じられるように役と向き合いました。初めて京都弁にも挑戦しています。女の子の憧れがたくさん詰まっているまぶしい物語になっていますので、ぜひ劇場できゅんきゅんしてください」とコメント。八木さんと片寄さんが夜のバーで見つめ合うツーショット場面写真も公開された。

片寄涼太のモード、少年の笑顔… 「午前0時、キスしに来てよ」ビジュアル公開 ファン投票も実施

映画「午前0時、キスしに来てよ」の劇中広告写真 (C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」の劇中広告写真 (C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんがダブル主演する映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、2019年12月公開)の劇中広告写真が6月24日、公開された。片寄さん演じる、国民的人気スター・綾瀬楓が、モードでスタイリッシュなセットアップを着こなす姿、アンニュイな大人の男らしい顔、あどけない少年のような笑顔など4種類のビジュアルがある。

 また、公開されたビジュアルの中から、一つを使用した限定ムビチケ(映画鑑賞券)が発売され、使用するビジュアルをファンによる投票で決めることも明らかになった。

 ファン投票は片寄さんの提案だといい、限定ムビチケには得票数が一番多かった写真が使用される。投票は同映画の公式Twitterアカウントとインスタグラムアカウントで、6月24日午前0時~27日午前0時に実施する。限定ムビチケは8月31日から開催される「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のライブ会場のみで販売される予定。投票の結果や、発売に関する詳細情報は後日発表される。

「午前0時、キスしに来てよ」が映画化! 片寄涼太&橋本環奈がダブル主演 真剣佑の弟・眞栄田郷敦も出演

映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演する(左上から時計回りに)「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、橋本環奈さん、眞栄田郷敦さん(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会
映画「午前0時、キスしに来てよ」に出演する(左上から時計回りに)「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、橋本環奈さん、眞栄田郷敦さん(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんが、映画「午前0時、キスしに来てよ」でダブル主演を務めることが4月19日、分かった。俳優の新田真剣佑さんの弟で俳優の眞栄田郷敦(ごうどん)さんの出演も発表された。監督は映画「四月は君の嘘」「ひるなかの流星」などの新城毅彦監督がメガホンをとる。片寄さんと橋本さんが共演するのは初めて。

 原作は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガ。片寄さん扮(ふん)する国民的人気スターの綾瀬楓と、橋本さん演じる“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(ひなな)の“格差恋”を描く。眞栄田さんは日奈々を思い続けてきた幼なじみの浜辺彰を演じる。

 優等生の花澤日奈々(橋本さん)は、“超・まじめ人間”として、一目置かれる存在。しかし、本当はおとぎ話のような王子様との恋愛に憧れている夢見がちな女子高生だった。ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(片寄さん)が、映画の撮影で日奈々の通う高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼が“JK”のお尻ばかりを眺めているところを目撃。彼は“おしり星人“だった。驚きながらも、楓の飾らない素顔と優しさに引かれていく日奈々。一方、楓も裏表のない日奈々の実直さに次第に引かれ……というストーリー。12月公開。

(C)みきもと凜/講談社
(C)みきもと凜/講談社