今日から俺は!! ニュース

「今日から俺は!!劇場版」どうしてここまでヒットしたのか タイミングだけでない二つの“イズム”

映画「今日から俺は!!劇場版」のビジュアル(C)西森博之/小学館(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
映画「今日から俺は!!劇場版」のビジュアル(C)西森博之/小学館(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、旧作の再上映が続いていた映画館。久々の新作として上映された「今日から俺は!!劇場版」(福田雄一監督)が関係者の予想を遙かに上回るヒットを記録している。多くの映画館がいまだに1席空けに伴う半分以下のキャパシティーで運営しているにもかかわらず、観客動員230万人、興行収入29億円突破(8月6日現在)を記録。週末動員ランキング(興行通信社調べ)でもV3を達成しており、配給元の東宝では50億円も狙えるとみている。どうしてここまでのヒットとなったのか。作品の魅力と社会情勢の面から理由を探ってみた。

 「今日から俺は!!」は、1988~1997年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんのマンガが原作。1980年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディードラマとして2018年10月期に日本テレビ系で放送。橋本環奈さん演じる早川京子の45秒間に及ぶ白目シーンをはじめとした出演者のコミカルな演技や、小栗旬さん、山田孝之さんら福田監督ゆかりの人気俳優のカメオ出演などさまざまな要素が人気を博し、映画化が決まった。

 今回の劇場版は、原作でも人気の「北根壊高校編」を映像化。不良の巣窟・開久高校を隣町の北根壊高校が間借りすることになったことから、さまざまな騒動が巻き起こるというストーリーで、ドラマ版のキャストが総出演。さらに、北根壊高校の番長、柳鋭次と大嶽重弘を、柳楽優弥さんと栄信さんがそれぞれ務めるほか、怪しいスケバン・涼子を山本舞香さんが演じている。

 7月17日の公開初日から3日間の累計では動員約60万5000人、興収約7億8800万円、土日2日間で動員約48万6000人、興収約6億3100万円をあげる好スタート。2週目も週末の動員約38万9000人、興収約4億9600万円を記録し、初登場となった「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督)の土日の成績(動員28万6000人、興収4億500万円)を上回った。

 どうしてここまでのヒットになったのか。コロナ禍によってほとんどの新作映画の公開が数カ月延期されていたという状況に起因するタイミングはさすがに無視できない。一部を除いて、緊急事態宣言の解除後、6月からちらほらと新作の公開がスタートしたが、業界最大手の東宝は「千と千尋の神隠し」をはじめとしたジブリ作品の再上映などにとどまっており、“今日俺”が解除初の大型新作になったという点は一因だろう。

 また、いわゆる“夏休み映画”としての需要も大きかった。東宝によると、公開第1週の男女比は40:60、10代からシニアまで幅広い層を集客したという。「コンフィデンスマン~」も前作を上回るロケットスタートとなったが、“今日俺”は、初の映画化としての高い注目度に加え、単純明快な内容からファミリー層からの引き合いも強かったとみられる。

 作品としての魅力も大きかった。プロデューサーの高明希さんによると、作品で描かれる「ツッパリ文化」を現代で描くにあたって、福田監督のこだわりは“世代間ギャップ”だったという。「今の時代に合わせて無理やり整合性を取ろうとするとファンタジー感がなくなってしまう。『なんだこれ!?』って思わせるのがこのドラマの面白さですよ」と福田監督に言われて納得したと明かす。さまざまな側面を持ち合わせる「ツッパリ文化」を“福田イズム”でコメディーに昇華させたのだ。

 さらに、原作の中で、「絶対にこれだけは守ろう」と考えた要素が“西森イズムのバディー性”だった。「三橋と伊藤など、信頼し合っている2人の友情をちゃんと反映したいと思っていました。西森先生の作品のいい所は、いつもはギャグばかりなのに油断してると急にその友情模様が出てきて泣かされてしまうところなんです。だからこそドラマも映画もその原作のベースを大事にして描きましたし、そういうところも、ヒットした要因になったと思っています」と話している。

 コロナ禍に伴うタイミングだけでなく、こうした二つの“イズム”で想像以上のヒットとなった“今日俺”。ファミリー向け映画の大本命とされる人気アニメ「ドラえもん」の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督)をはじめ、ライバルが続々と公開されるが、“今日俺”の快進撃はまだまだ続きそうだ。

賀来賢人&伊藤健太郎らが「ツッパリHigh School Rock'n Roll」 劇場版エンディングシーン公開

「今日から俺は!!劇場版」のエンディングシーン(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
「今日から俺は!!劇場版」のエンディングシーン(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 2018年10月期に日本テレビ系で放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」の劇場版(福田雄一監督、公開中)の本編エンディングの写真と特別映像が8月7日、公開された。エンディングは、主人公・三橋貴志役の賀来賢人さんと伊藤真司役の伊藤健太郎さんがボーカル&ダンス、赤坂理子役の清野菜名さんと早川京子役の橋本環奈さんがコーラス&ダンス、今井勝俊役の仲野太賀さんがドラム、谷川安夫役の矢本悠馬さんがギター、川崎明美役の若月佑美さんがベースを担当している「今日俺バンド」が、バンド「横浜銀蝿」の「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)」のカバーを、新たな“ツッパリダンス”と共に披露している。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんのマンガが原作。1980年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディー。連続ドラマのオープニングでは、「今日俺バンド」が、歌手で俳優の嶋大輔さんの「男の勲章」をカバーした映像が流れた。

 今年7月17日に公開された劇場版は、8月6日までで約230万人を動員し、興行収入は29億円を突破(興行通信社調べ)。特別映像は、劇場版を見た観客からの「ダンスを覚えて、踊りたい!」という声や、ヒットを記念して公開。劇場版の公式サイトでは、楽曲のサビ部分の振り付けを解説した特別ページが掲載。日本テレビの公式YouTubeでは、ダンス振り付け動画も公開された。

(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

<初日舞台あいさつ>橋本環奈、今日から「笑い声でNGを出しません!」 「今日俺」控室で大笑いし撮影止める

映画「今日から俺は!!劇場版」の初日舞台あいさつに登場した橋本環奈さん
映画「今日から俺は!!劇場版」の初日舞台あいさつに登場した橋本環奈さん

 女優の橋本環奈さんが7月17日、東京都内で行われた映画「今日から俺は!!劇場版」(福田雄一監督)の初日舞台あいさつに、賀来賢人さん、伊藤健太郎さん、清野菜名さん、福田監督と共に登場。タイトルにちなみ「今日から俺(私)は○○」の○○を埋めるコーナーで、橋本さんは「(今日から私は)笑い声でNGを出しません」と回答。その理由を「(今作の)ドラマシリーズを撮っていたとき、(撮影場所の倉庫の)隣の倉庫の2階が控室だった。なんと私の控室での笑い声で、撮影がNGになっちゃって……」と自虐的に説明した。

 そんな橋本さんに福田監督が「ほかの現場では?」と聞くと、「怒られるまではいかないですけれど、『ちょっと静かにお願いします』って(言われる)。『今日俺』も1回、NGを出してから、助監督さんが毎回『本番いきます!』って結構大きい声で伝えていて、申し訳ないなと思いました」と反省した。

 さらに「笑い声を『うふふ』みたいな感じに変えてみようと思ったけど、結局、素で笑っちゃうと無理だった」と明かすと、賀来さんが「『あ』音で大口開く感じだもんね」と指摘。橋本さんは「そうですね(笑い)。『う』にはならない。『うふふ』ってどうやって笑うの?」と言って大笑いした。

 「今日から俺は!!」は、1988~1997年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんのマンガが原作。1980年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディー。

1900万回再生突破の動画企画 今度は「七夕」 “三橋”賀来賢人&“理子”清野菜名も浴衣姿に

「今日から俺は!!劇場版」で三橋貴志と赤坂理子を演じる賀来賢人さん(左)と清野菜名さんの浴衣姿 (C)西森博之/小学館(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
「今日から俺は!!劇場版」で三橋貴志と赤坂理子を演じる賀来賢人さん(左)と清野菜名さんの浴衣姿 (C)西森博之/小学館(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 俳優の賀来賢人さんが主演を務める映画「今日から俺は!!劇場版」(福田雄一監督、7月17日公開)の公開10日前を記念した七夕動画「短冊に願いを!!」が、日本テレビの公式YouTubeチャンネルで7月7日、公開された。今年のバレンタインデーとホワイトデーに合わせて、3本ずつ動画が公開され、計6本の累計再生数が1900万回を超えている動画企画の新作で、互いが短冊に何を書いたのか気になって仕方がない三橋(賀来さん)と理子(清野菜名さん)、“バカップル”すぎてなかなか短冊に願い事が書けない伊藤(伊藤健太郎さん)と京子(橋本環奈さん)、2人で楽しく願い事を書き、短冊を見せ合うも、様子のおかしい今井(仲野太賀さん)と谷川(矢本悠馬さん)の姿が映し出されている。

 構成は坂本先生役のお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんが引き続き担当。また動画に併せて、三橋と理子を演じる賀来さんと清野さんの浴衣姿の写真も公開された。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんのマンガが原作。1980年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディー。

 2018年10月期に、映画「銀魂」などの福田監督が実写化した連続ドラマが日本テレビ系で放送。今回の劇場版には賀来さん、伊藤さん、清野さん、橋本さんら、ドラマ版のレギュラーメンバー18人が、誰一人欠けることなく出演する。

 三橋と伊藤が3年になったある日、かつて2人が壮絶な戦いを繰り広げた不良の巣窟・開久高校の一角を、隣町の北根壊高校が間借りすることに。かなりの極悪高校で名の通った北根壊の番長は柳鋭次(柳楽優弥さん)と大嶽重弘(栄信さん)。彼らは、智司(鈴木伸之さん)と相良(磯村勇斗さん)という圧倒的な“頭”を失った開久の生徒に対して妙な商売を始める。一方、怪しいスケバン・涼子(山本舞香さん)が今井に近づき……というストーリー。

 映画公開を記念して、生配信イベント「『今日から俺は!!劇場版』みんなでオンラインSP」も実施される。7月12日午後7時15分ごろのスタートを予定し、キャスト陣による撮影秘話、7月15日から開催の「今日俺展」の見どころ紹介のほか、視聴者からの質問コーナーもある。

劇場版公開記念企画展が7月15日から開催 映画衣装&小道具展示、グッズ販売も

映画「今日から俺は!!劇場版」のビジュアル(C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
映画「今日から俺は!!劇場版」のビジュアル(C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 俳優の賀来賢人さんが主演を務める映画「今日から俺は!!劇場版」(福田雄一監督、7月17日公開)の公開を記念した企画展「今日から俺は!!展 ~飛んで火に入る夏の俺!?編~」が、7月15日から全国6カ所の「hmv museum」で順次開催されることが6月30日、分かった。

 昨年開催された「今日から俺は!!展」では、名シーン再現コーナーや開催記念グッズ、オリジナルのツッパリシールが作成できるネームステッカーなどが好評だった。今回の企画展では、映画の撮影で使用した衣装や小道具などが展示されるほか、今夏、日本テレビ系で放送されるスペシャルドラマの展示もする。開催記念グッズや一部劇場版オフィシャルグッズの販売も予定している。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来場者にはマスクの着用、せきエチケット、ソーシャルディスタンスの確保の協力を促すほか、会場入口にアルコール消毒液を設置、レジに飛沫感染防止シートを設置するなどの対策を行う。

 開催される会場は、東京が「HMV&BOOKS SHIBUYA」(東京都渋谷区)、宮城が「HMV仙台 E BeanS」(仙台市青葉区)、福岡が「HMV&BOOKS HAKATA」(福岡市博多区)、北海道が「HMV札幌ステラプレイス」(札幌市中央区)、愛知が「HMV 栄」(名古屋市中区)、大阪が「HMV&BOOKS SHINSAIBASHI」(大阪市中央区)。東京、宮城、福岡では7月15日~8月16日に開催。北海道、愛知、大阪では8月26日~9月22日に開催。入場料は500円。各会場で初日から5日間は、混雑回避のため事前予約制となる。

劇場版に柳楽優弥、山本舞香ら出演 人気エピソード“北根壊編”を描く

映画「今日から俺は!!劇場版」に出演する(左から)泉澤祐希さん、山本舞香さん、柳楽優弥さん、栄信さん(C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
映画「今日から俺は!!劇場版」に出演する(左から)泉澤祐希さん、山本舞香さん、柳楽優弥さん、栄信さん(C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 2018年10月期に日本テレビ系で放送された、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」の劇場版(福田雄一監督、7月17日公開)で、原作でも人気の高いエピソード“北根壊編”が描かれることとなり、俳優の柳楽優弥さんと女優の山本舞香さんらが出演することが3月5日、明らかになった。

 柳楽さんは、三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)の前に立ちはだかる、ひきょうを超える“卑劣”な北根壊高校の番長の柳鋭次、山本さんは紫のド派手な特攻服を羽織り、竹刀を片手にメンチを切る超美形の“スケバン”森川涼子を演じる。柳楽さんは、連ドラ版にも別のキャラクターで出演していた。

 また、泉澤祐希さんと栄信さんの出演も発表された。泉澤さんは、涼子のいとこで本作のカギを握るという“シャバ僧”こと森川悟、栄信さんは、800人強が参加したオーディションを勝ち抜き、柳の相棒で鋼のボディーを持つ“巨漢”の大嶽を演じる。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。1980年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋と、“トンガリ頭”の伊藤のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディー。映画「銀魂」などの福田監督が実写化した。

 「今日から俺は!!劇場版」には賀来さん、伊藤さん、清野菜名さん、橋本環奈さんら、ドラマ版のレギュラーメンバー18人が、誰一人欠けることなく出演する。

 ◇柳楽優弥さんのコメント

 今回は、最も卑劣な三橋の敵“柳 鋭次”役として参加させていただきました。実は、「今日俺」のドラマ3話に少しだけ出演させていただいていたので、「今日俺」への出演は2回目になります。ドラマで出演した雰囲気とはガラッと変わって、卑劣な柳としてシリアスなシーンを演じることが多かったので、その部分でも、楽しんでいただけるのではないかと思っています。最後の全員で入り乱れるド派手なアクションシーンがカッコいいのはもちろん、僕の演じる柳のロン毛がアクションの激しさで乱れるところも見どころです! ドラマを上回る激しいアクションシーンや面白さが詰め込まれた作品になったと思いますので、ぜひ劇場でご覧ください。

 ◇山本舞香さんのコメント

 福田監督の作品は、“とにかく面白い!“というイメージだったので、私はどんな役で出演するのだろうとドキドキしていたのですが、面白パートより真剣パートでの演技が多かったので、安心しました(笑い)。もともとあるチームに入るプレッシャーはありましたが、撮影現場のスタッフの皆さんもずっと笑顔の明るい現場だったので、居心地がよく、楽しかったです。賀来さんと仲野(太賀)さんと一緒にお芝居をしているシーンは面白すぎて、笑ってしまっているのではないかと不安ですが、一生懸命お芝居をさせていただきました。お楽しみに!

 ◇泉澤祐希さんのコメント

 「今日から俺は!!」のドラマを全部見ていたくらい、本作の大ファンでした!! また、ずっと福田監督の作品に出たいと思っていたので、大好きな作品に出演することがかない、とてもうれしかったです。僕が演じる森川悟は、いたぶられているシーンが多めですが、本作は、本当に最高なエンターテインメント作品になっているかと思います。ぜひ劇場で見ていただきたいです!

 ◇栄信さんのコメント

 大嶽の役に決まったと聞いたときは、オーディションに落ちたと思っていたのでとても驚きました! 現場は、ドラマから出演されているレギュラーメンバーの皆さんが、新しく入った僕らを優しく受け止めてくださったので、とても居心地が良かったです。「今日俺」のドラマを見ていたので、その中に自分も入って演じさせていただくことができ、とてもうれしいです。新しい風としてアクションも笑いもスケールアップさせていますので、ぜひ劇場に足を運んでください!

 ◇賀来賢人さんのコメント

 同い年でもある柳楽くんとずっと一緒にやりたいと言っていたので、今回“北根壊編”で共演できるのがうれしかったです。また、新キャストの皆さんが本当にすてきな方ばかりで、一見入りづらそうに見えるドラマチームにすっと入ってきてくださり、ドラマ版にはなかった新しいエキスを入れてくださったので、さらに面白い作品になっているのではないかと思っています。特にラストのアクションシーンがとてもカッコよく、劇場版ならではのスケールアップをしていますので、ぜひいろいろな世代の方に劇場で楽しんでいただきたいです!

 ◇高明希プロデューサーのコメント

 今回、今日俺を映画化するにあたり、福田監督が「柳役はぜったい柳楽君がいい!」と、連ドラでゲスト出演した役とは別人としてオファーし、念願かないました。柳楽さんの存在があったからこそ成立した「北根壊編」です。そして、柳の相棒・大嶽役を射止めた栄信さんは、名だたる俳優も参加していた800人を超えるオーディションを勝ち抜き、福田監督に最終審査で「大嶽は彼しかいない」と言わせた逸材です。

 さらに、ずっとお仕事したかった泉澤祐希さん、山本舞香さんも加わり、「神キャスト」といわれた連ドラに続き、映画でも最高のキャスティングが実現しました。連ドラ主要メンバーも全員そろい踏みで、この夏、間違いなく連ドラ以上に面白い映画が出来上がると思います。

「今日から俺は!!」映画化決定 福田雄一監督「皆さんのおかげです」

ドラマ「『今日から俺は!!』イッキ見祭り」の舞台あいさつに登場した賀来賢人さん(左)と福田雄一監督
ドラマ「『今日から俺は!!』イッキ見祭り」の舞台あいさつに登場した賀来賢人さん(左)と福田雄一監督

 2018年10月期に日本テレビ系で放送された、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」の全10話を映画館で上映する「『今日から俺は!!』イッキ見祭り」の舞台あいさつが4月5日、東京都内で行われ、同作の映画化が決定したことが発表された。イベントには主演の賀来賢人さん、福田雄一監督が登場し、終盤で福田監督が「めでたく映画化が決定しました。みなさんのおかげです。ありがとうございます」と発表すると、会場からは「おめでとう!」という声が上がった。

 「イッキ見祭り」は、24日にドラマのブルーレイとDVDが発売されることを記念して、この日限りで開催。ブルーレイとDVDに収録される福田監督とキャストによるオーディオコメンタリーが一部先行公開される。また「ツッパリ上映」と題して上映中の発声やコスプレでの鑑賞も可能となった。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描いた青春コメディー。映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した。