さくら ニュース

欅坂46小林由依、映画「さくら」出演 “ミキ”小松菜奈の初めての友人に 永瀬正敏、寺島しのぶも出演

映画「さくら」に出演する(上段左から)永瀬正敏さん、寺島しのぶさん(下段左から)「欅坂46」の小林由依さん、水谷果穂さん、山谷花純さん(C)西加奈子/小学館(C)2020「さくら」製作委員会
映画「さくら」に出演する(上段左から)永瀬正敏さん、寺島しのぶさん(下段左から)「欅坂46」の小林由依さん、水谷果穂さん、山谷花純さん(C)西加奈子/小学館(C)2020「さくら」製作委員会

 アイドルグループ「欅坂46」の小林由依さんが、直木賞作家・西加奈子さんの人気小説が原作の映画「さくら」(矢崎仁司監督、今秋公開予定)に出演することが6月3日、分かった。残酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも強く生きていく一家・長谷川家の姿をユーモアを交えて描く映画で、北村匠海さんが主人公で次男の薫、小松菜奈さんは超美形の妹・ミキ、吉沢亮さんは長男の一を演じる。小林さんはミキにできた初めての友人のカオル役として出演する。

 永瀬正敏さん、寺島しのぶさん、水谷果穂さん、山谷花純さん、加藤雅也さん、趙珉和さんも出演することが分かった。永瀬さんは長谷川家の父・昭夫、寺島さんは母・つぼみ、水谷さんは一の恋人の矢嶋優子、山谷さんは薫の同級生の須々木原環をそれぞれ演じる。加藤さんが昭夫の学生時代の同級生でゲイバーを営む溝口先史役、趙さんが長谷川家の兄弟姉妹に強烈な印象を与える「フェラーリ」と呼ばれる正体不明の男性役として出演する。

 寺島さんは「匠海くん、菜奈ちゃん、吉沢くん、そして永瀬さん。この5人でまた家族の映画をやりたいです。自然に撮影中は本当の家族のように思えました。苦難を乗り越えて家族が再生していく、今必要な映画だと思います」とコメント。永瀬さんは「西加奈子さんの素晴らしい原作、3人の子供たち、お母さん、そしてサクラ……愛しい家族、それぞれの出会いに感謝しています」と語った。

北村匠海&小松菜奈&吉沢亮、西加奈子の「さくら」実写映画化で3兄妹に “強力かつ個性ある役者”集まり「幸せ」

映画「さくら」に出演する(左から)北村匠海さん、小松菜奈さん、吉沢亮さん(C)『さくら』製作委員会
映画「さくら」に出演する(左から)北村匠海さん、小松菜奈さん、吉沢亮さん(C)『さくら』製作委員会

 直木賞作家・西加奈子さんの人気小説「さくら」(小学館)が実写映画化され、北村匠海さん、小松菜奈さん、吉沢亮さんが出演することが4月2日、分かった。映画は、長男が交通事故に遭い運命が大きく変わっていく長谷川家の姿を描き、北村さんが次男で大学生の薫、小松さんは超美形の妹・ミキ、吉沢さんは長男の一を演じる。

 ハンサムで人気者の長男、異常なまでに長男を愛する容姿端麗で破天荒な妹、平凡な次男の「ボク」に、家族に寄り添う愛犬のさくらという、風変わりだがごく普通の家族に、さまざまな試練が降りかかるが……という物語。映画「三月のライオン」などの矢崎仁司監督がメガホンをとる。

 映画「さくら」は2020年初夏公開。

 ◇原作の西加奈子さんのコメント

 さくらが新しい命をもらってどんな風に輝くのか、本当に楽しみです。

 ◇矢崎仁司監督のコメント

 いつか挑みたかった西加奈子の世界。「さくら」には、私の映画史がすべて入っている。だから、この小説の映画化は、私以外誰にも監督させたくなかった。西さんから投げられたボールは、ド真ん中に投げ返そうと思います。「さくら」に出会えたことを神様に感謝します。