ひとよ あらすじ

ひとよあらすじ

 映画「ひとよ」は、映画「孤狼の血」などで知られる白石和彌監督の最新映画。「ひとよ」は、「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞戯曲・シナリオ賞」などを受賞した劇作家の桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品を映画化。俳優の佐藤健さんが主演を務め、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、田中裕子さんが出演する。

 「ひとよ」は、「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞戯曲・シナリオ賞」などを受賞した劇作家の桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品を映画化。15年前、稲村家に起きた一夜の事件。それは母と子供たち3兄妹の運命を大きく狂わせた。一家は、事件にとらわれたまま別の人生を歩み、15年後に再会を果たす……というストーリー。

 佐藤さんは15年前の事件に縛られ、家族と距離をおいてフリーライターとして働く稲村家の次男の雄二、鈴木さんは稲村家で唯一、家庭を持っているが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男の大樹、松岡さんは大樹と雄二の妹で、事件によって美容師になる夢をあきらめ、スナックで働きながら生計を立てる園子、田中さんは15年ぶりに3兄妹と再会を果たす母こはるを演じる。

映画「ひとよ」のあらすじ