シャザム! ニュース

<インタビュー>菅田将暉、日本語吹き替えでもブレない福田イズム 「誰よりもファン。だからこそ…」

映画「シャザム!」日本語吹き替え版で主人公を演じている菅田将暉さん
映画「シャザム!」日本語吹き替え版で主人公を演じている菅田将暉さん

 米DCコミックスのヒーローが題材の映画「シャザム!」(デビッド・F・サンドバーグ監督、4月19日公開)の日本語吹き替え版で、主人公の声優を務めた菅田将暉さん。今回の吹き替え版は、実写映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督が監修と演出を手掛けたことも話題だ。「『見た目はオトナ、中身はコドモ』って映画のキャッチフレーズが、既に福田さんやオレみたいな人間のことを指している」と相性の良さを指摘する菅田さんに話を聞いた。

 DCユニバース初のコメディー。身寄りのいない孤独な少年、ビリー・バットソンが、謎の魔術師からスーパーパワーを授けられ、スーパーヒーローに変身する……というストーリー。日本語吹き替え版では菅田さんがヒーロー・シャザムを演じているほか、声優の子安武人さんが最強の敵、ドクター・シヴァナ、緒方恵美さんがビリー、杉田智和さんがビリーにシャザムの力を与える魔術師、阪口大助さんがビリーの相棒フレディ、平野綾さんがビリーとフレディと関わっていくメアリー役を務めている。

 吹き替え声優のオファーを受ける前から予告を見て、「面白そうな作品だなって思ってはいた」という菅田さん。監修と演出を福田監督が手掛けることについては「福田さんがやるって聞いてバッチリだなって思いました。カット割りやせりふの間、あとテンポ感がもう福田組っぽくて、絶対に面白くなると思いました」と印象を明かしている。

 福田監督といえば近年、菅田さんも出演した「銀魂」シリーズ、映画化も発表された連続ドラマ「今日から俺は!!」のように、人気マンガの実写化を成功させてきたというイメージが強い。形こそ違えど、この「シャザム!」の日本語吹き替え版でも、原作への強い愛情というブレない福田イズムは貫かれているようで……。

 菅田さんも「現場にいると分かるんですけど、福田さんが誰よりも作品を愛しているんですよ。誰よりもファン。だからこそ、キャストにとって福田さんが完全に指針になってくれる」ときっぱり。「(現場で)何なら実演もしてくれるし、こんなにも頼りがいのある人はいない。声優のあてがい方もファンの喜ぶキャスティングになっていて。DCコミックス側への配慮もありつつ、(せりふの)言葉の選び方やフレーズが秀逸」とアフレコを通じて感じ取ったことは多い。

 改めてヒーローを演じたことについて聞くと、「めちゃめちゃ楽しかったですし、なんかぜいたくだなって気持ちが終始あって。共演させてもらっている声優陣も本当に豪華な、誰もが知っているような人ばかりで楽しかったです」と充実した表情を浮かべる菅田さん。

 「映画を見させてもらって最初に思ったのはすごく夢があるなってこと。グループホームにいる子供たちの日々が青春で、最終的に戦って頑張っていく様が素直に良かった。もちろんダメなところいっぱいあって、ヒーローとして絶対にやらないようなことをやってしまうような、人間として未熟なところもいっぱいある。だからこそ、すごい愛されるヒーローになるんだろうなって」と魅力を語っていた。

日本語吹き替え版声優に遠藤綾、櫻井孝宏、小野大輔

映画「シャザム!」の日本語吹き替え版に声優として出演する(上段左から時計回りに)遠藤綾さん、櫻井孝宏さん、小野大輔さん(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
映画「シャザム!」の日本語吹き替え版に声優として出演する(上段左から時計回りに)遠藤綾さん、櫻井孝宏さん、小野大輔さん(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 米DCコミックスのヒーロー・シャザムが登場する映画「シャザム!」の日本語吹き替え版に、声優として遠藤綾さん、櫻井孝宏さん、小野大輔さんが出演する。役どころはネタバレになるといい、明かされていない。

 日本語吹き替え版は、実写映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督が監修と演出を担当し、俳優の菅田将暉さんがシャザムの声優を務める。子安武人さん、杉田智和さん、緒方恵美さん、阪口大助さん、平野綾さん、佐藤二朗さんも声の出演する。

菅田将暉、映画「シャザム!」吹き替えでヒーロー役に 仮面ライダー思い出し?一発OK

映画「シャザム!」のイベントにVTRで登場した菅田将暉さん
映画「シャザム!」のイベントにVTRで登場した菅田将暉さん

 俳優の菅田将暉さんが、米DCコミックスのヒーロー・シャザムが登場する映画「シャザム!」(デヴィッド・F・サンドバーグ監督、4月19日公開)の日本語吹き替え版で、主人公・シャザムの声優を務めることが3月26日、分かった。菅田さんは、洋画実写作品の声優に初挑戦。今作は、菅田さんも出演していた実写映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督が監修と演出を務めており、同日、東京都内で開催されたイベントで発表された。

 この日、菅田さんはイベントを欠席したものの、ビデオメッセージで「福田さんからのオファーということもあったので、僕としては深夜ドラマとかの(枠と思った)。しかもこのスパン(の短さ)」「『また低予算系かな』と思っていたら、『なんかえらいドでかい仕事来たな!』ということで、すごいびっくりしました」とコメント。


 特撮ドラマ「仮面ライダーW」に続き、2度目のヒーロー役を演じる菅田さんは「アクションのシーンのうめき声とか、吐息みたいなのを俺が『ムズいな、どうやって当てようかな』なんて思っていたら、福田さんに『ライダーの時を思い出して!』って言われて。やったら一発OKでしたね」と収録を振り返った。

 この日のイベントには、福田監督と佐藤二朗さんが出席した。菅田さんを起用した理由について、福田監督は「直感で思いましたね。(シャザムは)見た感じは大人なのに、中身は子どもで、落ち着きのない感じのヒーローだけど、最終的にはかっこいい。めちゃめちゃ印象が近いんですよ。普段の菅田君はこんな感じ」と明かすと、佐藤さんも「将暉を思い浮かべますよね」と納得していた。

福田雄一監督、映画「シャザム!」の日本語吹き替え監修&演出 杉田智和ナレの特別映像も公開

映画「シャザム!」の一場面 (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
映画「シャザム!」の一場面 (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 実写映画「銀魂」シリーズなどで知られる福田雄一監督が、米DCコミックスのヒーロー・シャザムが登場する映画「シャザム!」(デヴィッド・F・サンドバーグ監督、4月19日公開)の日本語吹き替え版の監修と演出を務める。今回の起用は、福田監督自身が大のアメコミ好きであることから実現。日本語吹き替えの監修と演出の両方を日本の映画監督が担当するのは史上初の試みだという。

 「シャザム!」は、DCユニバース初のコメディー。いまどきの悪ガキ、ビリー・バットソンが、謎の魔術師からスーパーパワーを授けられ、スーパーヒーローに変身する……というストーリー。

 福田監督は、「猛烈なアメコミファンで、アメリカンギャグコメディーが大好物!なところに!ワーナーさんから、こんなお話いただいたらやらないわけにはいきません! そして、この!弱い者が強く変身して活躍するという王道がたまらない! しかも今回、子供ですからね! 子供! その変身の振れ幅がガチ大きいわけです! 興行的にも強敵ひしめくゴールデンウイーク! 笑って笑って笑った後にがっちり感動できますよ!」とコメントを寄せている。

 声優の杉田智和さんがナレーションを務める特別映像も公開された。映像には、スーパーヒーローを演じたザッカリー・リーヴァイさん、突如スーパーヒーローになってしまう少年ビリーを演じたアッシャー・エンジェルさん、ビリーの相棒フレディを演じたジャック・ディラン・グレイザーさんが登場。

 グレイザーさんは本作の魅力を「“見た目はオトナ、中身はコドモ”がこの映画の魅力!」とアピール。エンジェルさんが「日本には有名なキャラクターがいるって聞いたよ。“見た目がコドモで中身がオトナ”の……」と続けると、リーヴァイさんが「『シャザム!』は『名探偵コナン』の逆、だから『逆コナン』ってあだ名がついてるんだ」と明かしている。