ヒキタさん! ご懐妊ですよ あらすじ

ヒキタさん! ご懐妊ですよあらすじ

 映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は、作家のヒキタクニオさんのエッセー「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社)を映画化。俳優の松重豊さんが主演を務める。松重さんが映画の主演を務めるのは、今回が初めて。原作は、ヒキタさんの実体験を基に男性不妊について描いたエッセーで、松重さんはヒキタクニオ役で出演する。また、女優の北川景子さんが、ヒキタクニオの2回り近い年下の妻・サチを演じる。

 映画は、年の離れた妻・サチと仲良く暮らしている49歳の作家・ヒキタクニオが主人公。子供は作らずに夫婦2人で生きていくと決めていたが、ある日、妻から「ヒキタさんの子どもに会いたい」と言われる。それをきっかけに妊活を始めるも、なかなか結果は出ない。クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明する……という展開。映画「ぱいかじ南海作戦」「オケ老人!」などの細川徹さんが監督を務める。

 松重さん、北川さんのほか、濱田岳さんがヒキタの担当編集者・杉浦役、伊東四朗さんがサチの厳格な父・和夫役、山中崇さんがヒキタ夫妻の主治医・桑島役で出演する。

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」のあらすじは