「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ第2弾

「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ第2弾あらすじ

 映画は「映画 24区」が「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と組んで製作する「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズの第2弾。モデルで女優の池田エライザさんが、映画監督デビューを果たす。企画・原案も池田さんが担当し、ヒロインと男性キャストを広く一般から募集する全国オーディションの開催する。

 映画の脚本は連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)、「青と僕」(フジテレビ)などで知られる下田悠子さん。物語の舞台は福岡県田川市で、今夏に撮影され、公開は2020年を予定している。ヒロイン・男性キャストオーディションの応募資格は12~19歳の男女で、特定の芸能事務所やレコード会社、出版社などに所属・契約をしている人間は対象外となる。

スタッフ

監督:池田エライザ▽脚本:下田悠子

公開日

2020年公開

ニュース

「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ第2弾

池田エライザ、映画監督デビュー「夢が一つかないます」 主要キャストは一般公募で

 モデルで女優の池田エライザさんが、映画監督デビューを果たす。池田さんの初監督作となる映画は「映画 24区」が「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と組んで製作する「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズの第2弾となる作品で、企画・原案も池田さんが担当し、ヒロインと男性キャストを広く一般から募集する全国オーディションの開催も発表された。

続きを読む

あらすじ

映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ第2弾 とは

続きを読む