初恋ロスタイム ニュース

窪田正孝、少女を守るように銃を… 三池崇史監督「初恋」“最高に濃厚な一夜”のカット公開

映画「初恋」の場面写真(C)2020「初恋」製作委員会
映画「初恋」の場面写真(C)2020「初恋」製作委員会

 俳優の窪田正孝さんが主演を務める映画「初恋」(三池崇史監督、2020年2月28日公開)の場面写真が10月9日、公開された。窪田さん演じる天才プロボクサーの葛城レオが少女・モニカ(小西桜子さん)を守るかのように銃を構える姿をはじめ、“濃厚な”キャラクターたちの姿が収められている。

 映画では、欲望渦巻く繁華街で出会った孤独な2人が過ごした“人生で最も濃密な一夜”が描かれる。モニカと葛城の写真に加え、威厳を放つヤクザの権藤(内野聖陽さん)、血を流して叫ぶジュリ(ベッキーさん)、なぜか一緒に写る刑事の大伴(大森南朋さん)とヤクザの加瀬(染谷将太さん)などの場面写真も公開された。

(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会
(C)2020「初恋」製作委員会

主題歌は注目バンド「緑黄色社会」 M!LK板垣瑞生の初主演映画

映画「初恋ロスタイム」のポスタービジュアル (C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会
映画「初恋ロスタイム」のポスタービジュアル (C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

 特撮ドラマ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」や映画「ソロモンの偽証」などに出演したボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の板垣瑞生さんの映画初主演作となる「初恋ロスタイム」(河合勇人監督、9月20日公開)の主題歌をバンド「緑黄色社会」が担当する。同バンドが映画主題歌を担当するのは今回が初めてで、書き下ろし主題歌「想い人」が流れる予告編がKADOKAWA映画の公式YouTubeチャンネルで公開された。

 「緑黄色社会」は、2013年の10代限定音楽フェス「閃光ライオット」で準グランプリを獲得。18年3月にインディーズで発売したアルバム「緑黄色社会」が、オリコン週間アルバムランキングでトップ20入りし、10代を中心に「リョクシャカ」の愛称で人気を集めている。

 映画の高木智香プロデューサーは「『すごいインディーズバンドがいる』『絶対にブレークするから今のうちからチェックした方がいい!』とさまざまな場所でよくお名前を耳にするのが『緑黄色社会』さんでした。初めて楽曲を聴いた時の衝撃は忘れられません」とバンドとの出会いを振り返り、主題歌について「リョクシャカさんならではの爽やかさ・透明感を持ちつつ、温かで、切なさもあり……『リョクシャカ史上最もエモい』楽曲といって差し支えないのではないでしょうか」とアピールしている。

 「緑黄色社会」のボーカル・長屋晴子さんは「映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、大変うれしく、そして光栄に思います」と感激し、「原作を読ませていただいて、自分ではない誰かを愛しく、守りたいと思う気持ちというのは、こんなにも優しくて強いものだと感じ、誰かを思うという簡単なようで思うようにいかない気持ちをテーマに、歌詞を書き進めました。ギター小林(壱誓さん)の作った優しく力強いメロディーと合わさって、多くの人の心に届く曲ができたと感じています」と、自信を見せている。

 主演の板垣さんは「とてもすてきな歌を作っていただきました。孝司(板垣さん)の時音(吉柳咲良さん)を思う気持ちとこの歌が、本当にマッチしていて驚きました。緑黄色社会さんの歌声と映画の世界観がマッチしているので、いろんな方に体感していただきたいです!」とコメント。吉柳さんも「聴いた人の心があったかくなる曲だと思いました。特にサビの“貰(もら)った愛の分だけ返していこう”という歌詞がとても好きです……。映画を見に来てくださった全ての方に優しい気持ち、愛する気持ちの大切さをこの曲からも感じてもらえればうれしいです」と語っている。

M!LK板垣瑞生、初主演映画で吉柳咲良とキス寸前… 白衣姿の竹内涼真も 「初恋ロスタイム」特報公開

映画「初恋ロスタイム」のティザービジュアル (C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会
映画「初恋ロスタイム」のティザービジュアル (C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

 特撮ドラマ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」や映画「ソロモンの偽証」などに出演したボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の板垣瑞生さんの映画初主演作となる「初恋ロスタイム」(河合勇人監督、9月公開)の特報が4月11日、公開された。特報には、板垣さん演じる主人公・相葉考司が、ヒロインの篠宮時音(吉柳咲良さん)と自転車で二人乗りをするシーンや、2人が顔を寄せ合うキス寸前のシーンなどが収められている。俳優の竹内涼真さん演じる青年医師も登場する。

 特報は、竹内さん演じる青年医師が「昔ね、時間が止まったことがある」と、過去に自分の身に起きた不思議な現象を語るシーンから始まる。考司と時音がロスタイムを一緒に過ごすうちに距離を縮めていく様子や、孝司が「ロスタイムじゃないときも会いたい」と時音に思いをぶつけるシーンなども収められている。

出典:YouTube

M!LK板垣瑞生、映画初主演でホリプロTSCグランプリ吉柳咲良と恋物語 「初恋ロスタイム」2019年9月公開

映画「初恋ロスタイム」のティザービジュアル(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会
映画「初恋ロスタイム」のティザービジュアル(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

 特撮ドラマ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」や映画「ソロモンの偽証」などに出演したボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の板垣瑞生さんが、2019年9月に公開される映画「初恋ロスタイム」(河合勇人監督)で主演を務めることが2月19日、分かった。板垣さんが映画の主演を務めるのは初めて。また、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン(ホリプロTSC)でグランプリを受賞した吉柳咲良さんがヒロインを演じることも発表された。吉柳さんは本作がスクリーンデビューとなる。竹内涼真さん、石橋杏奈さん、甲本雅裕さんの出演も発表された。

 原作は仁科裕貴さんの同名小説(KADOKAWA)。主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日「世界の人、モノ、車……。あらゆるものが突然静止する」という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。1人だけなぜか動くことができ、学校を出て街に繰り出した孝司は、自分のほかにもう1人動くことができる篠宮時音と出会う。2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を「ロスタイム」と名付け、楽しむようになっていく。しかし、“ロスタイム”には、ある秘密が隠されていた……というストーリー。

 板垣さんは孝司、吉柳さんは時音、竹内さんは孝司と時音に遭遇する“ロスタイム”という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る医師・浅見一生を演じる。竹内さんは、2018年に放送された連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)以来の医師役となる。

(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会
(C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会