燃えよ剣 ニュース

山田裕貴、「燃えよ剣」で冷静、冷酷な徳川慶喜に 「こんな将軍がいたら嫌だなぁ」を体現

映画「燃えよ剣」で徳川慶喜を演じる山田裕貴さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
映画「燃えよ剣」で徳川慶喜を演じる山田裕貴さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 司馬遼太郎のベストセラー小説を、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、10月15日に公開される。幕末のわずか6年だけ存在した「新選組」を描く本作で、15代将軍・徳川慶喜を演じたのは山田裕貴さんだ。これまでシリアスからコメディー、ラブストーリーにアクションまで幅広い作品で存在感を発揮してきた山田さんだが、「燃えよ剣」では新たな一面を披露している。

 山田さんが演じた慶喜は、新選組誕生に関わる会津藩藩主・松平容保(尾上右近さん)を京都守護職に任じたほか、大政奉還を行ったことでも知られる人物。「今までにない徳川慶喜にしたい」という原田監督の期待に応え、どんな状況でも顔色ひとつ変えずひたすら冷静に冷酷に対処する、独特な慶喜を“怪演”した。原田監督も「僕の考える徳川慶喜というのは天才的な身勝手な人で(笑い)、開国派であってもすべての空間を閉ざすような、どんどん閉めていってしまう人物。そんなキャラクターを彼は面白がって演じてくれました」と山田さんの演技を絶賛する。

 キャラクターを定めていく上で、撮影現場での原田監督の意見交換が重要だったといい、山田さんは「僕が勝手に動いていたりすると、『それを取り入れてみよう』と現場で積み重ねていく中でアイデアを出していただいたり、僕も出したり。時代劇ということで、あまり経験がないので緊張はあったんですが、良い緊張感のまま終われたかなと思います」と振り返る。

 さらに「こんな将軍がいたら嫌だなぁというのを思いっきりやろうと思っていた」といい、「現代にも置き換えられると思うんですよ、こんな上司がいたら絶対についていきたくないな、と思うような。そんなキャラクターになればいいなと思っていたので、それがうまく出ていれば」と役作りについて明かしている。

 映画は、“史上最強”の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三の姿を描く歴史スペクタクル。土方を岡田さん、近藤勇を鈴木亮平さん、沖田総司を山田さん、芹沢鴨を伊藤英明さんがそれぞれ演じる。

公開日10月15日に決定 “土方”岡田准一の剣さばき光る新予告映像も

映画「燃えよ剣」のポスタービジュアル(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
映画「燃えよ剣」のポスタービジュアル(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 司馬遼太郎のベストセラー小説を、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、2021年10月15日に公開されることが5月10日、分かった。同作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定されていた昨年5月22日の公開が延期されていた。

 映画は、“史上最強”の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三の姿を描く歴史スペクタクル。土方を岡田さん、「新選組」の近藤勇を鈴木亮平さん、沖田総司を「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん、芹沢鴨を伊藤英明さんがそれぞれ演じる。

 併せて、最新の予告映像も公開された。“バラガキ”と呼ばれていた頃の土方の姿や、土方と芹沢による一触即発の決闘など、岡田さんの剣さばきが光る殺陣に加え、「池田屋事件」を完全に再現したシーンも盛り込まれた、迫力あふれる映像となっている。本作の撮影では、岡田さんがキャスト陣に殺陣の指導も行ったという。

(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

土方”岡田准一、“沖田”山田涼介が険しい表情を浮かべ… 緊迫の場面写真が解禁

映画「燃えよ剣」の場面写真(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
映画「燃えよ剣」の場面写真(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で新選組を描いた司馬遼太郎の幕末小説を実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督、5月22日公開)の場面写真4点が2月27日、解禁された。土方歳三(岡田さん)と、一番隊組長の沖田総司(山田涼介さん)が険しい表情を浮かべ、立ち並ぶ姿などが写し出されている。

 場面写真にも写っている衣装のデザインは、「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」「検察側の罪人」など、原田監督作品を多く手掛けている宮本まさ江さんが担当し、有名な「ダンダラ」から黒の隊服に一新。ヘア&メークアップは、「ハクソー・リッジ」「沈黙-サイレンス-」「SAYURI」など、ハリウッドで活躍するノリコ・ワタナベさんが務め、徹底的にリアリティーを追求した洋かつらを使用したという。

 また、ロケ地は約60カ所におよび、西本願寺、二条城、仁和寺、姫路城などの世界遺産や国宝級建造物で撮影。岡田さんは「そこに立つだけで、その場所が(芝居を)助けてくれる。エネルギーを感じる場所ばかりだった」と語っている。

(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
(C)2020 「燃えよ剣」製作委員会

山田裕貴、映画「燃えよ剣」で一橋慶喜に 松平容保役の尾上右近らキャスト一挙公開

映画「燃えよ剣」の出演者 (C)2020 「燃えよ剣」製作委員会
映画「燃えよ剣」の出演者 (C)2020 「燃えよ剣」製作委員会

 俳優の山田裕貴さんが、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で新選組を描いた司馬遼太郎の幕末小説を実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督、2020年公開)で、徳川幕府の十五代将軍・一橋慶喜を演じることが11月28日、明らかになった。山田さんは「本読みの段階から、今までにないいっぷう変わった一橋慶喜にしたいと原田監督がおっしゃっていて。“今までにない”とかそういう言葉に弱いので、だいぶ燃えました」と語っている。

 山田さんのほか、会津藩主の松平容保役で尾上右近さん、新選組の隊士の井上源三郎役でたかお鷹さん、山南敬助役で安井順平さん、永倉新八役で谷田歩さん、斎藤一役で松下洸平さん、藤堂平助役でお笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲さん、山崎烝役で「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんが出演することも発表された。

 時の最大権力者である孝明帝を坂東巳之助さん、新選組の前身を率い土方歳三(岡田さん)らとたもとを分かつことになる清河八郎を高嶋政宏さん、土方に名刀・兼定を譲り渡す古物商の丸十店主を柄本明さん、土方の学問の師である在村医・本田覚庵を市村正親さんがそれぞれ演じる。

 ◇山田裕貴さんのコメント全文

 本読みの段階から、今までにないいっぷう変わった一橋慶喜にしたいと原田監督がおっしゃっていて。“今までにない”とかそういう言葉に弱いので、だいぶ燃えました。時代劇の経験はほとんどなかったので不安もありました。撮影日数が短期間だったので集中力をフルに使い、いい緊張感の中で、「こんな慶喜は絶対嫌だなあ」という人物に仕上げられたと思います。自分のシーンだけでなく、作品ができあがるのが本当に楽しみです。

 ◇尾上右近さんのコメント

 初めての映画出演作品がこの「燃えよ剣」であったことを光栄に、そして誇りに思います。緊張感がピンと張り詰めた現場へ入るたび、静かな感動と興奮がたくさんありました。自分のルーツを重んじ、「受け継ぐ」責任を担う容保公の姿には、伝統芸能の世界に身を置く自分として共感できるところがありました。「容保のことを思う日々、それは日本人の心を思う日々」。撮影期間中の僕の日記には、そんなことが書かれています。幕末の日本を生きた人物のその瞬間、瞬間を、永遠に刻むという感覚を、強く意識して撮影に臨みました。この映画の中に詰まっている「日本の心」を感じていただくためにも、一人でも多くの方にご覧いただきたいと思っております。

司馬遼太郎の傑作幕末小説「燃えよ剣」を岡田准一主演で実写化 柴咲コウ、鈴木亮平ら大河俳優が集結

映画「燃えよ剣」に出演する(上段左から)柴咲コウさん、岡田准一さん、鈴木亮平さん、(下段左から)山田涼介さん、伊藤英明さん (C) 2020 「燃えよ剣」製作委員会
映画「燃えよ剣」に出演する(上段左から)柴咲コウさん、岡田准一さん、鈴木亮平さん、(下段左から)山田涼介さん、伊藤英明さん (C) 2020 「燃えよ剣」製作委員会

 新選組を描いた司馬遼太郎の幕末小説「燃えよ剣」が、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で映画化されることが2月11日、明らかになった。新選組副長の土方歳三を岡田さんが演じ、柴咲コウさん、鈴木亮平さん、 「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん、伊藤英明さんが共演する。岡田さんはNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年)、柴咲さんは「おんな城主 直虎」(17年)、鈴木さんは「西郷どん」(18年)で主演を務めており、3人の“大河俳優”が集結することになる。

 原作は、1962年から64年にかけて「週刊文春」(文藝春秋)で連載され、現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が500万部を超える大ベストセラー。製作される今年は、土方の没後150年の節目にあたる。2017年に公開された、岡田さん主演の映画「関ヶ原」の原田眞人監督がメガホンをとる。

 柴咲さんは土方と恋に落ちるお雪、鈴木さんは新選組局長の近藤勇、山田さんは沖田総司、伊藤さんは新選組初代筆頭局長の芹沢鴨を演じる。岡田さんと柴咲さんは、本作で初共演を果たした。

 映画は、幕末の激動の時代、武州多摩の百姓の悪ガキだった土方歳三が、「武士になりたい」という熱い思いを胸に、近藤勇、沖田総司らと共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨を局長に擁し、新選組を結成。土方は“鬼の副長”と呼ばれ、討幕派勢力制圧に活躍を見せる。そんな中、土方はお雪と運命的に出会い引かれあう。だが時流は、倒幕へと傾いていき……という展開。

 撮影は2~4月にかけて、京都や滋賀、岡山などを中心に行われる。「池田屋事件」で有名な旅館の池田屋は、オープンセットを組んで、当時のままに完全再現するという。そのほかのキャスト陣は今後、順次発表される。20年公開予定。