超・少年探偵団NEO -Beginning- あらすじ

超・少年探偵団NEO -Beginning-あらすじ

 映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズに登場した名探偵・明智小五郎とその弟子の小林芳雄(小林少年)の末裔(まつえい)の物語を描く。俳優の高杉真宙さんが主人公の小林年のひ孫である小林芳狼、佐野岳さんが小林芳狼の親友・ワタリをそれぞれ演じる。高杉さんと佐野さんが共演するのは、2013~14に放送された特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武」以来、約5年ぶり。

 「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は、小林少年のひ孫である小林芳狼が、親友のワタリや明智小五郎のひ孫の明智小夜(堀田真由さん)と共に、怪人二十面相や自身の宿命と向き合っていくジュブナイルアドベンチャー。アニメ「Yes!プリキュア5」や「ノラガミ」などの脚本で知られる赤尾でこさんが実写映画では初めて脚本を手がける。「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」などの芦塚慎太郎さんがメガホンを取る。また、「FINAL FANTASY」シリーズのイメージイラストなどで知られる天野喜孝さんが怪人二十面相のデザインを担当する。

映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」のあらすじは