任侠学園 あらすじ

任侠学園あらすじ

 映画「任侠学園」は、昔気質(かたぎ)のヤクザ者が世のため、人のため、義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や病院などの経営再建を試みる姿をコミカルに描く今野さんの「任侠」シリーズ(中公文庫)が原作。俳優の西島秀俊さんと西田敏行さんがダブル主演を務める。西島さんは真面目すぎるがゆえ時に空回りする、阿岐本(あきもと)組のナンバー2の日村、西田さんは日村や弟分らを振り回しながらも、ストレートな言葉で多くの人の心を揺さぶる阿岐本組長を演じる。

 映画は、経営がうまくいかなくなった仁徳京和学園高校が舞台。曲がったことが大嫌いな昔気質のヤクザ“阿岐本組”が同校を立て直すため、新しい理事に就任。見た目は怖く、荒々しかったが、義理人情の正義を貫いていく彼らの情熱に、次第に校内の空気が変わっていくが、金もうけのために学校を乗っ取ろうとする人間が現れ……という展開。

映画「任侠学園」のあらすじは