八王子ゾンビーズ あらすじ

八王子ゾンビーズあらすじ

 映画「八王子ゾンビーズ」はダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の山下健二郎さんが初主演を務めた舞台を映画化。同舞台は、“音楽×ダンス×ゾンビ”をテーマに鈴木おさむさんが脚本・演出を手がけたオリジナル作品。ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥の寺にたどりついたタカシ(山下さん)は、とある満月の夜に寺の墓場でゾンビVS住職(駿河太郎さん)の壮絶な戦いを目の当たりにする。この寺は、夜な夜な無数のゾンビがうごめく、奇怪な場所だった……というストーリー。

映画「八王子ゾンビーズ」のあらすじは