美人が婚活してみたら あらすじ

美人が婚活してみたらあらすじ

 映画「美人が婚活してみたら」は、婚活女性の本音を実在の登場人物のリアルなエピソードを基に描いた、とあるアラ子さんのマンガが原作。女優の黒川芽以さんが主演を務める。映画では、黒川さん演じる32歳にして本気の婚活を始めたタカコが、全くタイプの違う男性2人に出会い、悩み葛藤する姿を描く。予告編にはタカコが婚活で出会う中村倫也さん演じる“非モテ系婚活男”の園木や、田中圭さん演じる“イケメン歯科医”の矢田部も登場する。

 映画は、仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のウェブデザイナーのタカコ(黒川さん)は、20代から選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうちに、すっかり三十路を超えてしまったタカコは「私、結婚したい……」と、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために一念発起したタカコは、親友のケイコ(臼田あさ美さん)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが……という展開。

 映画「勝手にふるえてろ」の大九監督がメガホンをとり、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんが脚本を手がける。お笑いコンビ「レイザーラモン」のRGさんや、「カラテカ」の矢部太郎さんらも出演する。

映画「美人が婚活してみたら」のあらすじ