メン・イン・ブラック:インターナショナル あらすじ

メン・イン・ブラック:インターナショナルあらすじ

 映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」は、エイリアンを取り締まる極秘組織「メン・イン・ブラック(MIB)」のエージェントの活躍を描いた人気映画「メン・イン・ブラック」シリーズの最新作。「メン・イン・ブラック」は、宇宙の秩序と平和を守るため、人類に紛れて地球に生息するエイリアンの行動を監視するMIBの活躍をコミカルに描いたSF作品。米俳優のトミー・リー・ジョーンズさんがMIBの敏腕エージェント・“K”、ウィル・スミスさんが“K”にスカウトされてMIBの一員となる“J”を演じた。第1作が1997年、第2作が2002年、第3作が12年に公開され、2人の凸凹コンビが人気を集めた。

 最新作では、舞台がこれまでの米ニューヨークから世界各地へ広がり、地球規模で任務を展開。地球上に暮らすエイリアンが増殖し、種類も増えたことから、エージェントには過酷なミッションが課せられる。また、ロンドンをはじめ各地のMIB支部に隠された通信機器や車、バイク、武器なども、すべてパワーアップして登場する。

 これまではジョーンズさんとスミスさんのチームによる活躍が描かれたが、最新作では映画「マイティ・ソー」シリーズで知られるクリス・ヘムズワースさんと、テッサ・トンプソンさんがエージェント役でチームを組む。ヘムズワースさんが敏腕でイケメンだけど、どう見てもちゃらんぽらんな先輩エージェントH、トンプソンさんが優等生で真面目な新人エージェントMを演じる。

 このほか、「メン・イン・ブラック3」でエージェントOを演じたエマ・トンプソンさんが最新作でも同役を続投し、MIBのロンドンオフィスのエージェント役でリーアム・ニーソンさんも出演。さらに、レベッカ・ファーガソンさんが“驚きの役”で登場するという。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のあらすじは

<映画紹介>「メン・イン・ブラック:インターナショナル」7年ぶりの最新作はド派手アクションと軽妙な掛け合いが魅力 吹き替えに今田美桜

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のメインビジュアル
映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のメインビジュアル

 映画「メン・イン・ブラック(MIB)」シリーズの最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(F・ゲイリー・グレイ監督)が6月14日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。映画「マイティ・ソー」シリーズで知られるクリス・ヘムズワースさんとテッサ・トンプソンさんがエージェントとしてチームを組み、世界規模で活躍する姿を描くSFアクション。常識外のメカを駆使したド派手なアクションや2人のユーモアあふれる掛け合いなどが見どころだ。

 「メン・イン・ブラック」は、宇宙の秩序と平和を守るため、人類にまぎれて地球に生息するエイリアンの行動を監視する極秘組織「メン・イン・ブラック」の活躍をコミカルに描く。米俳優のトミー・リー・ジョーンズさんがMIBの敏腕エージェントK、ウィル・スミスさんがKにスカウトされてMIBの一員となるJを演じた。第1作が1997年、第2作が2002年、第3作が2012年に公開され、2人の凸凹コンビが人気を集めた。

 最新作では、舞台がこれまでの米ニューヨークから世界各地へ展開。子供の頃からの憧れだったMIBに採用されたエージェントM(トンプソンさん)は実習生としてロンドン支部へ派遣され、イケメンだがチャラ男風の先輩エージェントH(ヘムズワースさん)とチームを組み、MIB内に潜むスパイを摘発するために捜査を開始する。英国、フランス、モロッコと世界各地で捜査を進める2人だったが、既にスパイ側に先手を打たれていた。2人は逆にMIBから追われる身となり、追い詰められていく……というストーリー。

 7年ぶりとなるシリーズ待望の最新作だ。対エイリアン用戦闘銃のディアトマイザーや空飛ぶMIB専用車など、次々に登場する常識外のメカを駆使したド派手なアクションが爽快で、序盤から引き込まれる。

 トンプソンさん演じる、新人ながら度胸満点でキレ者のMはサバサバした態度が小気味良く、何とも新鮮で魅力的なキャラクターとして描かれている。敏腕だがどこか間抜けなエージェントHとのユーモア全開の掛け合いも最高。漫才を見ているかのような2人の応酬に、思わず何度も笑いがこみ上げてしまった。

 日本語吹き替え版では、女優の今田美桜さんが新人エージェントM、声優の杉田智和さんがエージェントHの声を担当する。吹き替え初挑戦の今田さんはクールに好演。杉田さんとの息の合った掛け合いを楽しめる。(河鰭悠太郎/フリーライター)

出典:YouTube