モンスターハンター あらすじ

モンスターハンターあらすじ

 映画「モンスターハンター」は、人気ゲーム「モンスターハンター」シリーズ(カプコン)をハリウッドで映画化。映画は「モンスターハンター」の世界観を基にした内容で、異なる世界出身の2人の主人公が、協力してモンスターと対峙(たいじ)する物語が描かれる。ドイツのコンスタンティン・フィルムにより制作され、監督・脚本は、カプコンのゲームが原作の映画「バイオハザード」シリーズで知られるポール・W・S・アンダーソンさんが務め、ミラ・ジョボビッチさんが主演を務める

 映画は、突然の嵐に巻き込まれた国際連合軍は、超巨大モンスターたちが暮らす新世界にたどり着く。隊長のアルテミス(ジョボビッチさん)たちの戦力は、超巨大モンスターたちにまったく通用しなかったが、新世界で出会った謎の男と共に立ち向かう……という展開。

映画「モンスターハンター」のあらすじは