ソニック・ザ・ムービー あらすじ

ソニック・ザ・ムービーあらすじ

 映画「ソニック・ザ・ムービー」は、セガの人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の人気キャラ・ソニックが、ハリウッドで実写映画化。映画は、宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、警官のトムとバディを組み、宿敵のマッドサイエンティスト、ドクター・エッグマンの恐るべき陰謀に立ち向かう冒険エンターテイメント。ソニックとバディを組むことになる警官役を、「X-MEN」シリーズのサイクロプス役を演じたジェームズ・マースデンさんが務め、ドクター・エッグマン役には、「マスク」(1994年)などで知られるジム・キャリーさんに決定した。

 「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツさんと、「デッドプール」のティム・ミラーさんがプロデュースし、監督には2004年に「Gopher Broke(原題)」がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたジェフ・フォウラーさんが抜てきされ、今作で長編映画監督デビューする。

映画「ソニック・ザ・ムービー」のあらすじは