轢き逃げ 最高の最悪な日 あらすじ

轢き逃げ 最高の最悪な日あらすじ

 映画「轢(ひ)き逃げ 最高の最悪な日」は、俳優の水谷豊さんの映画監督第2作。同映画では、水谷さんが初めて脚本を担当。中山麻聖さん、石田法嗣さん、小林涼子さん、毎熊克哉さん、檀ふみさん、岸部一徳さん、水谷さん自身も出演する

 同映画では、水谷さんが初めて脚本を担当。物語の発端は、とある地方都市で起こった交通事故。一人の女性が命を落とし、ひき逃げ事件へと変わる……。車を運転していた青年・宗方秀一(中山さん)と助手席に乗っていた親友の森田輝(石田さん)。2人は秀一の結婚式の打ち合わせに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗(小林さん)。一方、悲しみにくれる被害者の両親、時山光央(水谷さん)と千鶴子(檀さん)。そしてその事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎(岸部さん)と新米刑事・前田俊(毎熊さん)。平穏な日常からいや応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく……という内容。

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」のあらすじは