名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) ニュース

<インタビュー>山口勝平 「名探偵コナン」はテレビアニメの枠超えた「不思議な作品」 “名探偵”役の楽しさも…

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」で工藤新一/怪盗キッドの声を演じる山口勝平さん
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」で工藤新一/怪盗キッドの声を演じる山口勝平さん

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目で、声優の山口勝平さんが人気キャラクター・怪盗キッドと工藤新一の声を務める「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)が4月12日から公開。同作はシンガポールが舞台で、コナンの宿命のライバルである怪盗キッドがメインキャラクターとして登場。コナンと行動を共にするシーンも多く、キッドの活躍が目立つ作品だ。山口さんに怪盗キッドを演じることや「名探偵コナン」への思いなどについて聞いた。

 ◇工藤新一と怪盗キッドの演じ分けは… 

 怪盗キッドは「名探偵コナン」ではコナンのライバルとして登場する人気キャラクターで、青山剛昌さんのマンガ「まじっく快斗」では主人公の高校生・黒羽快斗として描かれている。「名探偵コナン」の劇場版シリーズでは、1999年に公開された3作目「名探偵コナン 世紀末の魔術師(マジシャン)」が“デビュー”作だ。山口さんは「キッドを演じることになった時期は意外と早く、新一くんの声とほぼ同じぐらいの年数をやっているんです」と語る。ただ、当初とは演じ方も変化しているといい、「『世紀末の魔術師』がテレビで放送されたとき、見ていて『ずいぶん自分の中でも変わったな』と思いました」と明かす。

 「あの時点では、“黒羽快斗”的な要素は、まったく入っていなかったんです。ひらすらカッコよく、というか、表面上の部分が強く見えていたんです。ただ、ストーリーが進んでいって、コナンとの関わりも増えてきたことで、コナンに対してのしゃべり方ややり取りが、当時からは変わってきていると思います。(今は)コナンにある種の信頼を置いていますから。当時は、あくまでコナンのライバル的な立ち位置のキャラクターという感が強かったですね」。とはいえ、コナンとキッドの「探偵と怪盗」という前提は変わらない。「どうしても相いれない部分はあるので、『距離が近くなりすぎないように』ということは注意しておかないといけない部分ですね」と山口さんは話す。

 23作続いた人気シリーズで人気キャラを演じる難しさは、「あまり感じたことはないんです」と山口さん。今作でもキッドと工藤新一の2役を演じ分けるが、「キッドが新一に化けたりするので、テクニカルな部分で考えないといけない部分はあるんですが。そこも含めて、楽しみながらやれるようになっているかなと思います」と笑顔を見せる。演じ分けについては、「同じ部分はどうしても出ちゃうと思うんですが」としつつ、「劇中の印象的な部分で、キッドっぽさ、新一っぽさをポイントで出しておけば、なんとなくキャラクター分けになる。自分の中の感覚で演じ分けしています」と明かす。

 ◇工藤新一は「不思議な立ち位置」のキャラ?

 今作ではメインキャラとしてキッドが大活躍。コナンと行動を共にする姿や、傷ついた姿など、さまざまな表情のキッドが堪能できる。山口さんは「今作でも、あのいでたちでキッドが登場するのはやっぱりカッコいいなと思います」と声を弾ませ、「そこをやらせていただいているのは、すごくありがたいことだなと思いますね」と喜びを語る。

 長く怪盗キッドと工藤新一役を務めてきた山口さんにとって「名探偵コナン」とは、どのような存在なのか。山口さんは「当初は、こんなに長く続くことは予想していなかった」としみじみ。「名探偵コナンという作品自体が不思議というか……ファミリー向け、子供向けで長く定着する作品はありますが、連続ものの形で長く続けられる作品って珍しいかなと思います。テレビアニメという枠を超えちゃっているのかな、という気がします。それだけ長く応援してもらえる作品というのは、改めて考えてみるとすごいことですよね」と語る。

 演じる工藤新一については、「不思議な立ち位置にあるキャラクター」と表現する。「主人公でもあるけど、出番はすごく少ないですからね。劇場版が23作、テレビアニメも放送開始から25年に近づいているわけですが、自分自身の出番はどれぐらいあるだろうと考えてみたら、全部合わせても、たぶん2年分もないんじゃないかな、というぐらいのものなので、どっぷりと関わっているわけではないんです。でも立ち位置的には主役というところもあって、つかず離れず、というか。他の作品との距離間とは、また違う作品ですね」と話す。

 ◇「作品とキャラに恵まれた」声優人生 “名探偵役”の楽しさも

 山口さんといえば、アニメ「DEATH NOTE(デスノート)」でL/竜崎、劇場版アニメ「金田一少年の事件簿」で金田一一(きんだいち・はじめ)の声を務めるなど、工藤新一以外にも“名探偵”役を演じている。山口さんは「意外とやらせてもらってますね」と笑い、「探偵役は、登場人物を集めて推理を披露していく。そこが一番の見せ場だし、やっていて気持ちがいいところ。役者としては“おいしい”部分であり、楽しい部分。だから、探偵役は楽しいですね」。ただ、「新一だと、出てきて推理するとものすごい分量をしゃべることになるので(笑い)、大変ですけどね」と笑いながら苦労ものぞかせる。

 これまで「犬夜叉」の犬夜叉役や「らんま1/2」の早乙女乱馬役など、長年にわたって数々の人気キャラクターを演じてきた山口さん。改めて声優としてのキャリアを振り返ってもらうと「あっという間な気もします。出演したのがつい最近のことのように思っていたのが、実は10年前の作品だったり。自分が体感しているより、ずいぶん早いんだなと思いました」と感慨深い表情を浮かべる。「でも、すごく恵まれていると思いますね。声優としてデビューしてから、作品とキャラクターに恵まれ続けた30年だったかなと思います」とほほ笑む。

 今は“おじいちゃん役”に興味があるといい、「(声優は)長く、いろんな役がやれますから。そういう意味では、声優の可能性ってすごくたくさんあるんだなって思います。これからもいろんな役をやりたいですね。新しいキャラクターと出会うのは刺激になりますし、楽しいです」と意欲を示す。改めて今作への手応えを聞くと、「みんなすごく楽しみにしてくれているんだな、とネットの前評判などを見ていても感じます。満足してもらえるんじゃないかなと思います」と語ってくれた。

 「名探偵コナン」は、小学生探偵の江戸川コナンが次々と起こる難事件を解決する人気マンガで、1994年から青山剛昌さんがマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している。96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。今作は19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石ブルーサファイア“紺青の拳”を巡り、コナンと怪盗キッドが、リゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」近郊で起きた殺人事件やシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていく……というストーリー。

(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
出典:YouTube

<公開記念舞台あいさつ>山崎育三郎、イチロー前にした国歌斉唱「うまく歌えなかった」

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつに登場した山崎育三郎さん(左)と河北麻友子さん
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつに登場した山崎育三郎さん(左)と河北麻友子さん

 俳優の山崎育三郎さんが4月13日、東京都内で行われた劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。「手に汗握った」エピソードを聞かれた山崎さんは、先日引退を発表したイチロー選手も出場したメジャーリーグ開幕戦で国歌斉唱を務めたことを挙げ、「イチロー選手がスクリーンに映った瞬間に呼吸が浅くなって……。うまく歌えなかった」と明かした。山崎さんは、6年間野球をやっていた経験があり、オリックス時代のイチロー選手の野球カードを持っていたほどファンだったという。

 舞台あいさつには、山崎さんと同じくゲスト声優を務めた河北麻友子さんも登場。河北さんは、同作のアフレコについて「すごく緊張した」と振り返り、「現場に大人の人が多すぎて、アフレコの時も真顔で見ているんです」と話した。

<公開記念舞台あいさつ>小山力也、「コナン」最新作で「露天風呂で“娘”が…」 声優陣の“手に汗握った”エピソードも

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)山崎和佳奈さん、小山力也さん、江戸川コナン
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)山崎和佳奈さん、小山力也さん、江戸川コナン

 劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)の公開記念舞台あいさつが4月13日、東京都内で行われ、毛利小五郎役の小山力也さんら声優陣が登場した。小山さんは、劇中で「目をつぶってほしい」シーンとして、「娘(毛利蘭)が露天風呂で男と手をつなぐんです」と“父”目線でコメント。実際は露天風呂ではなくプールで手をつなぐシーンで、キャストから突っ込まれていた。

 舞台あいさつでは、タイトルに「拳」が入っていることにちなみ「手に汗握った」「思わず拳を握りしめた」エピソードが語られ、小山さんは「全世界待望のゲームの台本を電車の網棚に置いてきた」と明かした。その後、台本は無事に回収できたといい、小山さんは「ナイショですよ」と苦笑い。また、江戸川コナン役の高山みなみさんは、拳を握りしめたのは「この劇場版のアフレコです。爪の痕が手に残るぐらいだった。それぐらい気合が入っています」とアピールした。

 舞台あいさつでは、シリーズ前作「名探偵コナン ゼロの執行人」の累計興行収入である約91億8000万円を超えるべく、キャスト全員で1枚=1億円に見立てた瓦を92枚割るというヒット祈願のパフォーマンスも行われた。

公開初日で興収4億円、動員31万人突破 前作「ゼロの執行人」超えの好発進

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつの様子
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の公開記念舞台あいさつの様子

 4月12日に公開された劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)の公開初日の動員が31万3724人、興行収入が4億2246万5000円だったことが13日、分かった。同日、東京都内で行われた同作の公開記念舞台あいさつで発表された。今回の数字は、昨年公開されヒットした前作「名探偵コナン ゼロの執行人」の公開初日を超える記録で、好スタートを切った。

<映画紹介>「名探偵コナン 紺青の拳」劇場版初の海外シンガポールが舞台 傷ついた怪盗キッドに胸キュン

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の一場面 (C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の一場面 (C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)が4月12日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。劇場版初の海外、シンガポールが舞台。コナンの宿命のライバル、怪盗キッドと劇場版初登場の空手家、京極真がキーパーソンとして大活躍する。

 19世紀末、海底に沈んだとされる世界最大の宝石ブルーサファイア「紺青の拳」を巡り、コナンと怪盗キッドが、シンガポールのリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」近郊で起きた殺人事件や巨大な陰謀に巻き込まれていく……というストーリー。

(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会



 今回の見どころは何といっても天才マジシャンの怪盗キッドだ。ハンググライダーでシンガポールの空を縦横無尽に飛び回り、お得意の変装も駆使して神出鬼没。そんないつものカッコいい姿をたくさん見られる。それも楽しいが、予告編にもある通り、傷付いた姿も見せて、女性ファンなら母性本能をくすぐられること間違いなし。

 別タイプのイケメン、京極真の硬派なカッコよさも見逃せない。新一と蘭の恋愛要素、コナンくんのアクションなども盛り込んで、見どころ満載だ。

 高山みなみさん、山崎和佳奈さん、山口勝平さん、小山力也さんらベテラン声優陣は安定感抜群。今作のゲスト声優の山崎育三郎さんは物語の鍵を握るキャラクター、レオン・ロー、河北麻友子さんはレオンをサポートする美人秘書のレイチェル・チェオングの声を担当している。

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんが、ソロプロジェクト「HIROOMI TOSAKA(登坂広臣 / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)」名義で歌う主題歌「BLUE SAPPHIRE」がシンガポールの夜景にぴったりはまっている。

 原作は、青山剛昌さんが1994年からマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが次々と起こる難事件を解決する。96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。(細田尚子/MANTAN)

(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
出典:YouTube

登坂広臣、劇場版コナン最新作で主題歌担当 怪盗キッドがピンチに!? 主題歌収録の予告編公開

アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」で主題歌を担当する登坂広臣さん(左) (C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」で主題歌を担当する登坂広臣さん(左) (C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の登坂広臣さんが、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督、4月12日公開)の主題歌を担当することが2月22日、分かった。今回は、「HIROOMI TOSAKA(登坂広臣 / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)」名義のソロプロジェクトで、映画主題歌を担当するのは初めて。主題歌「BLUE SAPPHIRE」が収録された予告編も公開された。

出典:YouTube



 登坂さんは、「今作の『紺青の拳』のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた思いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、見ている人たちの心に疾走感を与えられたらと思っています」と語っている。

 予告編は、「今回ばかりはお前の力が必要だ。名探偵……」という怪盗キッドのせりふから始まり、怪盗キッドと京極真(まこと)が対決する場面や、水中で苦しむ怪盗キッドの姿、「死ぬなよ、キッド」というコナンのせりふなどが収録されている。

(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

山崎育三郎、シンガポールの名探偵役で劇場版コナンのゲスト声優に 河北麻友子も秘書役で

劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」でゲスト声優を務めることになった山崎育三郎さんと河北麻友子さん(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」でゲスト声優を務めることになった山崎育三郎さんと河北麻友子さん(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 俳優の山崎育三郎さんが、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督、4月12日公開)でゲスト声優を務めることが2月4日、分かった。山崎さんは、「シンガポールの名探偵」と呼ばれ、コナン、怪盗キッドの前に立ちはだかる犯罪行動心理学者で実業家のレオン・ロー役。さらに、モデルで女優の河北麻友子さんもゲスト声優で出演し、レオンをサポートする美人秘書のレイチェル・チェオングの声を務める。今回2人のせりふの大部分は英語だという。

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


 ◇山崎育三郎さんのコメント

 日本を代表する作品なので、オファーを聞いたときは本当にうれしかったです。僕が演じるレオン・ローは、シンガポールの名探偵とも呼ばれる犯罪心理学者で、今は実業家という、謎めいている部分が多い役ですが、魅力的に演じたいと思います。コナン君と敵対するということですが、コナン君は何でも解決してしまうので、ギリギリのところまで追い込んでいきたいです。

 高校二年生のときに、アメリカのミズーリ州というところに1年留学していましたが、英語での演技やセリフは頑張らなければいけないので、河北さん、発音とかいろいろ教えてください!

 ◇河北麻友子さんのコメント

 今回は海外が舞台ということで、とても楽しみです。私はレオンの秘書役のレイチェルを演じます。レイチェルは日本語と英語、どちらも使うので知的な役どころかなと思います。私は生まれも育ちもニューヨークで、16歳までニューヨークに住んでいました。英語には自信があります! 日本語より、英語の方が得意なので、ホッとしています(笑い)。事務所の先輩の上戸彩さんが出演された前作がすごい記録なので、(スタッフの方に)めちゃめちゃプレッシャーをかけられてますけど……(笑い)。今回の映画も皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです。

新作劇場版のビジュアル公開 シンガポールを舞台に京極真、怪盗キッド、工藤新一の“K3”が三つ巴!

アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」のメインビジュアル (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」のメインビジュアル (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督、4月12日公開)のメインビジュアルが1月16日、公開された。舞台のシンガポールをバックに、勇ましい表情の京極真やほほ笑む怪盗キッド、物語の鍵を握るブルーサファイアを持って真剣な表情を浮かべる工藤新一の3人がそろったカットで、ポスターには「雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」というコピーがあしらわれている。

 同時に、原作者の青山剛昌さんのコメントも公開された。「今年の映画は、初めての海外! シンガポールで、コナンやキッドが大活躍! 付き合ってホヤホヤの蘭と新一も気になるトコだろーけど……。見どころは、なんと言っても、 京極vsキッド!! 出るマンガを間違えてるくらい強い京極の、 ド派手なアクションを、どうぞ大スクリーンで “拳”を握りしめながらご堪能あれ」と話している。

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン」劇場版23作目「紺青の拳」2019年4月公開 初の海外舞台、京極真が初登場

アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」のティザービジュアル (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳」のティザービジュアル (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」が、2019年4月12日に公開されることが12月5日、明らかになった。シンガポールが舞台で、劇場版としては初めて海外が舞台となる。コナンの宿命のライバルである怪盗キッドがメインキャラクターとして登場するほか、“最強の空手家”の京極真(まこと)が劇場版に初登場する。原作の青山剛昌さん描き下ろしのティザーポスタービジュアルも公開され、蘭を“あごクイ”する怪盗キッドや、京極と園子が背中合わせで並ぶ姿が描かれている。

 「紺青の拳」は、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石・ブルーサファイア“紺青の拳”を巡り、コナンと怪盗キッドが、リゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件やシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくストーリー。京極と怪盗キッドは、過去に京極の恋人・園子を巡り対決したこともある因縁の関係で、劇場版で京極は怪盗キッドの行く手を阻むキーパーソンとして登場する。コナン、キッド、京極の三つどもえのバトルも展開するという。

 「名探偵コナン」は、小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する人気マンガで、1994年から青山さんが「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している。96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。今年4月に公開された劇場版22作目「ゼロの執行人」は、シリーズ最高となる約91億3000万円の興行収入を記録するなどヒットした。

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会