人間失格 あらすじ

人間失格あらすじ

 映画「人間失格」は、文豪・太宰治の遺作「人間失格」の誕生秘話をテーマにした映画。俳優の小栗旬さん主演、蜷川実花監督がメガホンをとる。映画は累計1200万部以上を売り上げた小説「人間失格」の実写化ではなく、太宰治自身と3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクション作品。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰治。膨大なリサーチを経て、太宰治の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描く。

映画「人間失格」のあらすじは