人間失格 あらすじ

人間失格あらすじ

 映画「人間失格」は、文豪・太宰治の遺作「人間失格」の誕生秘話をテーマにした映画。俳優の小栗旬さん主演、蜷川実花監督がメガホンをとる。映画は累計1200万部以上を売り上げた小説「人間失格」の実写化ではなく、太宰治自身と3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクション作品。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰治。膨大なリサーチを経て、太宰治の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描く。

映画「人間失格」のあらすじは

<映画紹介>「人間失格 太宰治と3人の女たち」小栗旬が妻・宮沢りえを泣かせる天才作家に 愛人役で沢尻エリカ、二階堂ふみ

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の一場面 (C) 2019 『人間失格』製作委員会
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の一場面 (C) 2019 『人間失格』製作委員会

 俳優の小栗旬さんが太宰治を演じる映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督)が、9月13日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開される。才能はあるが、女々しい上に女にだらしなく、そのくせ言うことはでかいという、しょうもない男を小栗さんが熱演。小栗さんの代表作の1本になることだろう。

 作家・太宰治(小栗さん)は、身重の妻、美知子(宮沢りえさん)と2人の子供がいながら、作家志望の太田静子(沢尻エリカさん)や、美容師の山崎富栄(二階堂ふみさん)と愛人関係を結んでいた。そんな夫の才能を信じ、叱咤(しった)し続ける美知子。遂に太宰は「人間に失格した男」の物語に取り掛かるが……。

 取り巻き相手には、「愛人は作品を書くために必要だ」とのたまい、愛人となる女性には「一緒に堕(お)ちよう」だの「君は僕が好きだよ」(「君は僕が好きになる」ではなく)だのと甘言を弄(ろう)する。そんな太宰に「何なんだ、この自信と色男ぶりは!」とあきれるが、それこそが、今作における太宰治の魅力だ。

 対する女性たちの、何とたくましくりりしいことか。夫の度重なる不貞に心を痛めながら、その才能を信じ、「本当の傑作を書きなさい」と尻をたたき続けた美知子。「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と言い切った静子。そして、妻の元へ戻ろうとする太宰に、「行ってください」と青酸カリをちらつかせる富栄。富栄の太宰への執着にはうすら寒さも覚えるが、とにかく、己の生き方を貫こうとする女性たちに共鳴する人は多いはずだ。

 7月に公開された「Diner ダイナー」(2019年)では、ゴージャスかつとがった演出で観客を魅了した蜷川監督。今回はそこまでではないものの、色彩や小道具の使い方に“蜷川印”を刻みつつ、太宰という男、彼を取り巻く3人の女性たちの人間性を浮かび上がらせていく。太宰が「人間に失格した男」の執筆を決意する場面では、その表現の方法に心が湧き立った。太宰が文机に向かい猛然と書き進めていく場面では、その独特の描写に、一旦はあっけにとられたものの、そこに蜷川監督の「創るために壊す」という概念が潜んでいることを知り、やがて、なるほどなあと感服した。

 ちなみに、美術を担当したのは、「Diner ダイナー」にも参加したEnzoさんだ。(りんたいこ/フリーライター)

(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
(C) 2019 『人間失格』製作委員会
出典:YouTube