旅のおわり世界のはじまり ニュース

<映画紹介>「旅のおわり世界のはじまり」前田敦子が歌うことを夢見る女性に 異国へ放り出される感覚を味わえる

映画「旅のおわり世界のはじまり」のメインビジュアル (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
映画「旅のおわり世界のはじまり」のメインビジュアル (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

 女優の前田敦子さん主演の映画「旅のおわり世界のはじまり」(黒沢清監督)が、6月14日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。中央アジア・ウズベキスタンを仕事で訪れた女性が、自分を見詰め直し成長していく姿を描く。脚本も書いた黒沢監督が、プロット段階から「直感」でイメージしていたという前田さんの演技に魅了される。名曲「愛の讃歌」の歌唱シーンも見どころだ。

 バラエティー番組のリポーター、葉子(前田さん)は、幻の怪魚を探すためにウズベキスタンへやって来た。目当ての獲物は姿を見せず、スタッフのイライラは募っていく。そんな中、葉子は街で美しい装飾の施された劇場に出くわし、その中で、夢と現実の交錯する不思議な体験をする……。加瀬亮さん、染谷将太さん、柄本時生さんらも出演している。

出典:YouTube


 葉子がホテルから出てくるところから映画は始まる。何が起きているのかが分からず、一瞬戸惑う。それこそが監督の狙いだ。脚本執筆の際、「主人公1人だけを描いてみよう」というルールを自らに課したそうだが、それが奏功。見ているこちらも葉子と同化し、異国の地へ放り出される感覚に陥るのだ。

 夢は歌うことなのに、今は本意ではない仕事を黙々とこなす葉子。演じる前田さんの表情がいい。カメラの前では笑顔を取り繕い、仕事が終わると誰とも交わらずホテルの部屋に一人こもる。その様子からは、葉子の不安や緊張、孤独が伝わってくる。だからこそ、「愛の讃歌」を歌唱する場面では、葉子と共に心を開放させる気分に浸れた。

 黒沢監督が「Seventh Code」(2014年)、「散歩する侵略者」(2017年)に続き前田さんを起用。一人の女性の成長をエモーショナルに描いた。ホラーやサスペンスのイメージが強い黒沢監督の作品を日ごろ敬遠しがちな人にもお薦め。「日本・ウズベキスタン国交樹立25周年」記念プロジェクトで作られたウズベキスタンとの初合作映画。両国の浅からぬつながりを知ることもできる。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

前田敦子、邦画で初 最新主演作スイス・ロカルノ国際映画祭クロージングに

映画「旅のおわり世界のはじまり」で主演を務める前田敦子さん
映画「旅のおわり世界のはじまり」で主演を務める前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが主演を務める、日本とウズベキスタン初の合作映画「旅のおわり世界のはじまり」が、スイスで8月に開催される「第72回ロカルノ国際映画祭」のクロージング作品として正式招待されたことが明らかになった。72年の歴史を持つロカルノ国際映画祭の“大トリ”を、日本映画が飾るのは今回が初。

 前田さんと黒沢清監督の3度目のタッグとなった「旅のおわり世界のはじまり」は、“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めながらテレビ番組のリポーターを続ける主人公の葉子(前田さん)が、番組のクルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国でのさまざまな出会いによって、新しい扉を開き、成長していく姿を描く。

 前田さんの4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージックビデオの派生作品で、ウラジオストクで撮影された「Seventh Code」(2014年)を経て、「彼女の非凡な個性は、日本ではない異国の土地でよりいっそう鮮烈に輝くに違いない」と確信した黒沢監督が、言葉の通じない異国で不安や緊張を持ちながらも、自分の道を模索する葉子の繊細な心の移ろいを見事にすくい上げている同作。前田さんが美輪明宏さんの歌唱でも知られるシャンソンの名曲「愛の讃歌」を披露するシーンもある。

 クロージング作品は同映画祭の代名詞でもあるヨーロッパ最大の野外スクリーン「ピアッツア・グランデ」で毎年閉会式の後に上映されており、黒沢監督は「ウズベキスタンの風景と、超巨大化した前田敦子とが、中世を思わせるスイスの避暑地の真っただ中に映し出されるなんて、いったいどうなるのでしょう。まさか失神する人は出ないでしょうね」と冗談めかしつつコメント。

 また、前田さんは「初めてのウズベキスタン、初めての長期海外ロケ、今回の撮影は、まさに『旅』でした。大好きな映画の世界に身を置かせていただき、そして大好きで、心から尊敬する黒沢監督の作品で、ロカルノ国際映画祭という歴史ある祭典の大スクリーンで『旅のおわり世界のはじまり』を上映していただける喜びに胸を膨らませています」と思いを明かしている。

<完成披露試写会>前田敦子、ウズベキスタンの山頂で熱唱 見学の加瀬亮に「嫌なお客さん…」

映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会に出席した前田敦子さん
映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会に出席した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが6月3日、東京都内で行われた主演を務めた日本とウズベキスタンの初の合作映画「旅のおわり世界のはじまり」に完成披露試写会に出席した。約1カ月に及ぶウズベキスタンでの撮影を行い、劇中ではエディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」の歌唱にも挑戦。「ボイトレをやらせてくださいとお願いして、3カ月くらい特訓をしていただいた。それもひっくるめてぜいたくな時間だった」と充実の表情を見せた。

 前田さんはクライマックスでは標高2443メートルの山頂でアカペラでの撮影にトライしたが、「空気って大事だなって思った」とにっこり。ただ、撮影のない加瀬さんが歌唱シーンを見学に来ていたといい、前田さんは「加瀬さんが撮影を見にきてくれたんですけど、プレッシャーでしかなくて」と告白。加瀬さんが「歌、聴いてみたいなって思って。すいません」と楽しそうに語ると、前田さんは「嫌なお客さんがいました」と苦笑交じりに返して、観客の笑いを誘っていた。

出典:YouTube

<完成披露試写会>前田敦子、夫以外からのプロポーズ告白 「おじさまに…」

映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会に出席した前田敦子さん
映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会に出席した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが6月3日、東京都内で行われた主演を務めた日本とウズベキスタンの初の合作映画「旅のおわり世界のはじまり」に完成披露試写会に出席。約1か月に及ぶウズベキスタンでの撮影を行った前田さんは、現地でプロポーズされたことを告白した。

 前田さんは「みんなで『よろしくお願いします』というご飯会をさせてもらって。トイレに行こうと思って外に出たら、おじさまに何か言われているけど何も分からなくて。(人に)来てもらったら、『結婚してほしいって言っているよ』って。日本人のスタッフさんたちも結構、求婚されてました。向こうの男性は“可愛い=結婚してくれ”って言ってくるみたいで。すごいですよね」と明かして観客を驚かせた。

出典:YouTube

<完成披露試写会>前田敦子、負傷した膝の状態は「いい感じ」 主演映画イベントで元気な姿

映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会で元気な姿を見せた前田敦子さん
映画「旅のおわり世界のはじまり」の完成披露試写会で元気な姿を見せた前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが6月3日、東京都内で行われた主演映画「旅のおわり世界のはじまり」に完成披露試写会に出席。自宅で膝の靭帯(じんたい)を損傷するけがを負い、5月7日に行われた映画イベントを欠席した前田さんだが、この日は元気に歩く姿を見せ、けがについて聞かれると「いい感じ」と明かした。

 前田敦子さんは5月7日に出演映画「町田くんの世界」(石井裕也監督、6月7日公開)のジャパンプレミアを欠席し、その際に自宅作業中に負傷したことを公表。この日は、それ以来の登場で、司会から「けがの具合は?」と聞かれると、「いい感じなんです。ご迷惑をおかけしました」と語り、笑顔も見せていた。

 この日は、前田さんのほか、加瀬亮さん、柄本時生さん、黒沢監督も出席した。

出典:YouTube

前田敦子、出産後初のイベント出演でスリムな体を披露 映画主演きっかけでウズベキスタン観光大使に

ウズベキスタン観光大使就任イベントに出席した前田敦子さん
ウズベキスタン観光大使就任イベントに出席した前田敦子さん

 日本とウズベキスタンの初の合作映画「旅のおわり世界のはじまり」(黒沢清監督、6月14日公開)に主演した女優の前田敦子さんが4月23日、東京都内で開催された、ウズベキスタンの観光大使就任イベントに出席。前田さんは今年3月、夫で俳優の勝地涼さんとの間に第1子を出産後、初のイベント出演で、出産前と変わらないスリムな体を披露した。

 この日は、同映画の公開を記念したイベント。主演を務める前田さんが、ウズベキスタンから正式なオファーを受けて、観光大使への就任が決定した。

出典:YouTube

前田敦子、主演映画に加瀬亮、染谷将太、柄本時生ら ティザーポスター&超特報も公開

映画「旅のおわり世界のはじまり」のティザーポスター (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
映画「旅のおわり世界のはじまり」のティザーポスター (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

 女優の前田敦子さんが主演し、黒沢清監督がメガホンをとる日本とウズベキスタンの共同製作映画「旅のおわり世界のはじまり」(2019年初夏公開)に俳優の加瀬亮さん、染谷将太さん、柄本時生さん、ウズベキスタン人俳優のアディズ・ラジャボフさんらが出演することが11月29日、明らかになった。オールキャストとともに、ティザーポスターと超特報も公開された。

 ポスターには、前田さんと加瀬さん、染谷さん、柄本さん、ラジャボフさんの姿に「遠い空の下、“新しい自分”に出会う。」というキャッチコピーが添えられている。

 映画は、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、日本人が建設に関わったナボイ劇場の完成70周年を記念して製作される。黒沢監督が脚本も担当し、全編オールロケで撮影される。テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子(前田さん)は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、 番組クルーとさまざまな地を巡る。ある日の収録後、葉子は一人で見知らぬ街をさまよううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う……というストーリー。

 加瀬さん、染谷さん、柄本さんは、葉子と行動を共にする番組クルーの役で出演する。加瀬さんはカメラマンの岩尾、染谷さんはディレクターの吉岡、柄本さんはADの佐々木を演じる。またラジャボフさんは現地コーディネーターのテムル役で出演する。

 超特報には前田さんがショートパンツ姿で街をさまよう場面や、全力疾走しながら「約束が違うじゃないですか!」と叫ぶシーンのほか、加瀬さん、染谷さん、柄本さんらが黒沢監督から指示を受ける様子などが映し出されている。
 
 ◇前田敦子さんのコメント

 空港に着いた瞬間から、黒沢監督の演出が始まっているんじゃないか?と4人で話していました。そのぐらい、まったく未知の国だったので、行動するときも一緒に固まって動いたり、オフの日もみんなでご飯に行ったり、いろんな場所へ行きました。(4人とも)生きてきた年数が少しずつ違いますが、みんなで“初めて”をたくさん経験できたので、絆になりました。私にとっては最高の環境でした。

 ◇加瀬亮さんのコメント

 言葉も分からない異国の地でたくさんのハプニングに見舞われました。そのたびに飄々(ひょうひょう)と見えながらもどんな時もあきらめない 監督や共演者たちに大きな刺激をもらいました。想像もしていなかった新鮮な脚本。共演者はクセ者ぞろい。

 しかもウズベキスタンロケ。面白くないはずがありません。再び黒沢組に参加できてとてもうれしかったです。

 ◇染谷将太さんのコメント

 黒沢組にまた参加させていただき、ニヤニヤが止まりませんでした。ウズベキスタンという国に飛び込みますと、自然と我々が異物になっておりました。文化の違う我々が異物となり、撮影隊という景色が異物となり、そんなマジックを黒沢監督に見せられているような感覚でした。すてきな世界を楽しみにしていてください。

 ◇柄本時生さんのコメント

 以前から黒沢監督のファンだったので、黒沢組を体験できるのは本当に貴重で、まさに“映画”という感じの現場で夢のような時間を過ごさせてもらいました。日本の共演者の皆さんは、もともと知り合いだったので、とても楽しくお仕事をさせていただきました。ただ楽しいだけじゃなく、締まるときは締まる感じでした。

 ◇アディズ・ラジャボフさんのコメント

 映画撮影のプロセスはいつも魔法です。素晴らしい作品を作るために、たくさんの方が働くのです。今回、日本映画を代表する“映画に魅了された”方々と共に仕事をする機会は、私にとって“まさに魔法のような時間”で、とても豊かな経験となりました。

出典:YouTube