スタートアップ・ガールズ ニュース

<公開記念舞台あいさつ>上白石萌音、人に悪口言ってじんましん 「ストレスで赤いブツブツが…」

映画「スタートアップ・ガールズ」の公開記念舞台あいさつに登場した上白石萌音さん
映画「スタートアップ・ガールズ」の公開記念舞台あいさつに登場した上白石萌音さん

 女優の上白石萌音さん、山崎紘菜さんが9月7日、東京都内で行われたダブル主演映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。上白石さんは自身が演じた小松光が「人に汚い言葉を使う」キャラクターだったといい、山崎さん演じる南堀希を罵倒するシーンの撮影の日に「うちに帰ったら赤いブツブツができた。人に悪口を言うストレスで湿疹ができました」と明かした。それを聞いた池田監督は「萌音ちゃんは限界を考えないで演技をする人。それがじんましんにつながったのでは」と語った。

 撮影で上白石さん演じる光にきつく当たられるシーンが多かった山崎さんは「常に受ける芝居だった。受け続けるのも大変で日々たまるものがあった」と苦笑。それをフォローするように上白石さんは「楽しい現場でしたよ」と話し、笑いを誘った。

 この日は、挿入歌を担当した歌手のXAI(サイ)さんも登壇。上白石さん、山崎さん、XAIさんの3人はともに東宝シンデレラオーディション出身で、上白石さんは「XAIちゃんは、私たちの初めての後輩」とにっこり。山崎さんは、XAIさんが話す様子を見て「しっかりした後輩だね」と語っていた。

 イベントでは、「上白石さんと山崎さんの役柄が入れ替わったら?」という質問があり、上白石さんと山崎さんは「ぜひやりたい」と答え、上白石さんは「紘菜ちゃんにこき使われたい」と話していた。

<インタビュー>上白石萌音&山崎紘菜 仲良過ぎな2人 「スタートアップ・ガールズ」で初共演も「付き合いは古いです」

映画「スタートアップ・ガールズ」でW主演を務めた上白石萌音さん(左)、山崎紘菜さん
映画「スタートアップ・ガールズ」でW主演を務めた上白石萌音さん(左)、山崎紘菜さん

 女優の上白石萌音さん、山崎紘菜さんダブル主演の映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督)が9月6日公開された。上白石さんと山崎さんは初共演ながら、共に2011年実施の「第7回東宝『シンデレラ』オーディション」をきっかけに芸能界デビュー。「付き合いは古いです」と顔を見合わせて笑う2人に、「夢だった」という初共演や役作りについての思いを聞いた。

 映画は、大学生にしてIT×医療で起業を目指す「ひらめきの自由人」の小松光(上白石さん)と、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希(山崎さん)がぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして、それぞれの未来を模索する姿を描く。

 上白石さんは、演じた光について「本当にハチャメチャな子で、ユニークという言葉をいいようにも悪いようにも捉えられる子」と説明。「最初はこんなに癖の強い女の子、どう演じたらいいんだろうと思いましたが、やっていくうちに彼女の魅力にはまっていきました」という。印象的な役作りは「生まれて初めて髪をまだらにショッキングピンクに染めました。監督と、見たことのない、見た人が全員『どうしてそうなっちゃったの?』と思う髪形を目指そうって」とにっこり。「髪に合わせて服装もガチャガチャ。起業のプロセスやプレゼンの仕方を研究したり、やることがたくさんあった」と振り返った。

 山崎さんは、演じた希について「どちらかというと(自分は)希に近いところがあった。撮影時期は(自分が)考えることとか思うことがたくさんあって、いろいろ悩んでいる時期でもあった。共感できるところがたくさんあった」といい、「自分一人だと、悩む気持ちはマイナスで終わってしまったと思うんですが、希を通して(気持ちを)外に出せたので、私自身も救われた。自分に近い役だったのでいとおしい。劇中の彼女の成長に従って、私も成長できた」と感謝した。

 お互いの役の印象については「希ちゃんを通して紘菜ちゃんを見ていた」と上白石さん。「ものすごく、せりふと心と体がリンクしていると感じました。光は希に出会えて本当に良かっただろうな」と、自身が演じる光と希の信頼関係について語り、「それと同時に、私も紘菜ちゃんと出会えて、お芝居をぶつけ合ったりすることで、心が救われた。めちゃくちゃ支えられた」と、山崎さんに熱い思いを伝えた。

 山崎さんは「いやー、本当にこちらこそなんですけれど」と大照れ。希から見た光については「希は光が強過ぎて自分が小さく見えて、たぶんそれが嫌なんだろうな。光が自分に素直で、言いたいことを言える人なので憧れている」と説明。上白石さんの思いには「ちょっとでも希としていい影響を与えられたら、と思っていたので、(上白石さんから)いい言葉を聞けてうれしいな」と喜んだ。

 インタビュー中も、プライベートの仲の良さがにじみ出ていた2人。上白石さんが「一番の理解者だし、共演することが夢だった。信頼関係と愛があるからぶつかっていけた」と感謝すると、山崎さんは「私の方が年齢が上なんですけれど、頼ってばかり。ついつい相談しちゃうんですよね」と、笑顔で語っていた。

出典:YouTube

<完成披露上映会>上白石萌音、「だ、大好きです!」 アジカン・後藤に“公開告白”

「スタートアップ・ガールズ」完成披露上映会に出席した(左から)後藤正文さん、上白石萌音さん、山崎紘菜さん
「スタートアップ・ガールズ」完成披露上映会に出席した(左から)後藤正文さん、上白石萌音さん、山崎紘菜さん

 女優の上白石萌音さん、山崎紘菜さんが8月22日、東京都内で行われたダブル主演映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督、9月6日公開)の完成披露上映会に出席。イベント中盤で、同作の主題歌「スリープ」を担当したロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)」の後藤正文さんと喜多建介さんが登場すると、上白石さんは後藤さんを見つめて「だ、大好きです!」と突然“公開告白”をして、会場を盛り上げた。

 「ありがとうございます。恥ずかしいですね……」と照れる後藤さんに、上白石さんは「撮影が終わって曲を聴いたときに、私たちは映画でこういうことを言いたかったんだというのが歌詞にすべてつまっていて、不思議なものを感じました。『手あかがついてベタベタの愛』という歌詞が大好き。なんてすてきな表現なんだろうと思いました!」と、止まらない主題歌への愛を熱弁。山崎さんも「(演じた役柄の)2人の気持ちも歌詞に入っている気がして、勝手に2人の曲だなあと思っていました。ぴったりの楽曲をありがとうございました」と感謝した。

 一方、劇中でアジカンの代表曲「リライト」をカラオケで熱唱しているシーンがあることが話題になると、上白石さんと山崎さんはアジカンの2人に「本当に申し訳ありませんでした!」そろって謝罪。カラオケの感想を聞かれた喜多さんは「結構びっくりして、うれしいけど見てると恥ずかしくて体温が上がってくる」とにっこり。上白石さんに評価を聞かれると「80点」といい、後藤さんは「僕も自分でカラオケで歌っても八十何点しか出ないんで」と明かして、2人を喜ばせていた。

 イベントには、山本耕史さん、アジカンと主題歌を共作した英ロックバンド「FEEDER」のグラント・ニコラスさん、池田監督も出席した。

出典:YouTube

<特別先行上映イベント>上白石萌音、“戦友”山崎紘菜と念願の初共演に大喜び 「7年間支え合って傷もなめ合ってきた」

イベントに登場した上白石萌音さん(右)と山崎紘菜さん
イベントに登場した上白石萌音さん(右)と山崎紘菜さん

 女優の上白石萌音さん、山崎紘菜さんが7月22日、東京都内で行われたダブル主演映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督、9月6日公開)特別先行上映イベントに出席した。上白石さんと山崎さんは2011年実施の「第7回東宝『シンデレラ』オーディション」をきっかけに芸能界デビュー。上白石さんは、“同期”の山崎さんとの仲を「同じマネジャーさんのもとで約7年間支え合って傷もなめ合ってきた、戦友のような感じ」と明かした。

 そんな“同期”の2人が今作で初共演。山崎さんとの共演は夢だったという上白石さんは「お互いの道を頑張る中でお芝居一緒にという夢があって、その夢をこの映画でかなえていただいた。深い関係性を演じられてとってもうれしかった」と喜び。演技は「紘菜ちゃんは絶対(自分を)嫌いにならない気がする、絶対大丈夫だと思って思いっきりやれた」と信頼を寄せていた。

 山崎さんは「萌音ちゃんは出会った時から常にどしんと構えてくれる。現場でも引っ張ってくれた。役としてリードしてくれて、撮影が終わった後は私の悩みも聞いてくれたり、助けられた。萌音ちゃんでよかったと心から思う」とにっこり。そして2人で顔を見合わせて「ありがとうございます」と感謝を言い合い、仲の良さをうかがわせた。イベントには、主人公のモデルとなった起業家の平野未来さん、新居日南恵さんも登壇した。

出典:YouTube

【動画】上白石萌音&山崎紘菜 正反対の2人がビジネスパートナーに!? ぶつかり合う姿も W主演映画予告編公開

出典:YouTube

 女優の上白石萌音さんと山崎紘菜さんがダブル主演する映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督、9月6日公開)の予告編映像が7月12日、公開された。予告編は、上白石さん扮(ふん)する、大学生にしてIT×医療で起業を目指す“ひらめきの自由人”小松光と、山崎さん演じる大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の南堀希が、厳しい口調で意見をぶつけ合う姿などが収められている。渡辺真起子さん、宮川一朗太さん、神保悟志さん、山本耕史さんらも登場する。

 映画は、若い世代が斬新なアイデアを持って、新しい価値・市場を生み出していこうとすることを意味するビジネス用語「スタートアップ」がテーマ。光と希という正反対の2人がぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして成長していく姿を描く。主題歌は4人組ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の「スリープ」。

映画「スタートアップ・ガールズ」のポスタービジュアル(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.
映画「スタートアップ・ガールズ」のポスタービジュアル(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.


 ポスタービジュアルも公開され、ピンクヘアの上白石さんと山崎さん、「エグジット戦略」「シェアード・エコノミー」といった用語がちりばめられたデザインになっている。

上白石萌音&山崎紘菜、W主演映画「スタートアップ・ガールズ」2019年公開 ピンク髪&クールのビジュアルも

映画「スタートアップ・ガールズ」でダブル主演する上白石萌音さん(左)と山崎紘菜さん (C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.
映画「スタートアップ・ガールズ」でダブル主演する上白石萌音さん(左)と山崎紘菜さん (C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.

 女優の上白石萌音さんと山崎紘菜さんがダブル主演する映画「スタートアップ・ガールズ」が、2019年に公開されることが11月29日、明らかになった。映画は、若い世代が斬新なアイデアを持って、新しい価値・市場を生み出していこうとすることを意味するビジネス用語「スタートアップ」がテーマで、上白石さんと山崎さんはビジネスパートナーを演じる。2人は今作が初共演。

 映画は、大学生にしてIT×医療で起業を目指す“ひらめきの自由人”小松光(上白石さん)と、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希(山崎さん)がぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして、それぞれの未来を探していく姿を描く。映画「クリーピー」「東京の日」などの池田千尋さんがメガホンをとり、「ソラニン」「凶悪」などの高橋泉さんが脚本を手掛ける。4人組ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が主題歌を担当することも発表された。

 劇中写真も公開され、上白石さん演じるピンクの髪の光と、山崎さん演じる黒髪でシャツとパンツというクールな印象の希のツーショットが収められている。

(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.
(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.
(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.
(C)2018 KM-WWOKS Ltd., All rights reserved.