クロノス・ジョウンターの伝説 あらすじ

クロノス・ジョウンターの伝説あらすじ

 映画「クロノス・ジョウンターの伝説」は、梶尾真治さんのSF小説が原作。声優の下野紘さんが主演を務める。下野さんが実写映画の主演を務めるのは初めて。映画は、住島重工の開発部門・Pフレックに勤務する吹原和彦が、時間軸圧縮理論を採用し、 物質を過去に送ることのできる放出機クロノス・ジョウンターの開発に成功し、突然の事故で、思いを寄せていた蕗来美子を失う……というストーリー。

 下野さんが和彦、井桁弘恵さんが来美子をそれぞれ演じるほか、尾崎右宗さん、岩戸秀年さん、五十嵐健人さんらが出演する。

映画「クロノス・ジョウンターの伝説」のあらすじは