ばるぼら ニュース

手塚治虫の異色マンガ「ばるぼら」が実写映画化 稲垣吾郎×二階堂ふみW主演で19年公開

映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した(左から)二階堂ふみさん、手塚眞監督、稲垣吾郎さん
映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した(左から)二階堂ふみさん、手塚眞監督、稲垣吾郎さん

 故・手塚治虫の大人向けマンガ「ばるぼら」が、稲垣吾郎さんと二階堂ふみさんのダブル主演で実写映画化されることが明らかになった。稲垣さんは異常性欲に悩む売れっ子耽美派小説家・美倉洋介、二階堂さんは自堕落な性格のフーテン女・ばるぼらを演じる。監督は手塚治虫の長男の手塚眞さんで、手塚眞さんが手塚治虫作品の実写映画を監督するのは初めて。11月20日に東京都内で開催された製作発表会見で明かされた。2019年に公開予定。

 原作の「ばるぼら」は手塚治虫が禁断の愛やミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなどさまざまなタブーに挑んだ大人向けマンガで、映画は手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化される。渋川清彦さん、石橋静河さん、大谷亮介さん、渡辺えりさん、美波さん、片山萌美さん、ISSAYさんも出演する。撮影監督はクリストファー・ドイルさんが担当。日本、独、英の製作者が集結し、3カ国の共同製作となる。

 会見には稲垣さん、二階堂さん、手塚監督が出席。稲垣さんは「刺激的な作品。演じる美倉洋介は愛と欲望にとりつかれていくキャラクターであり、それを監督とクリストファー・ドイルさんの作り出す退廃的な美しい世界観で演じさせていただくことができました」とコメント。

 また、二階堂さんは「(鉄腕)アトムとかは子供のころワクワクして、すごくポップで面白いものだったので、手塚先生はこういう方なんだろうなというイメージがあった。(でも)『火の鳥』とか『ばるぼら』を読むと、ちょっと難しいというか、宇宙のことを考え出すと怖くなる感覚に似ているというか……」と話し、「どっちも本当の手塚先生だと思うけど、謎ができるような感覚。そういうことが知りたいと思ったので、参加させていただけたらと思いました」と語った。

 手塚眞監督は数ある手塚作品の中から「ばるぼら」を実写映画化する作品に選んだ理由について、「子供のころから読んでいた、非常に思い入れのある作品ということと、今まで監督として表現してきたことと、父親の作品に何か接点が感じられたので、『これは自分がやれる作品だ』と確信して選ばせていただきました」と明かした。

映画「ばるぼら」の海外版キービジュアル(C)2019 Barbara Film Committee
映画「ばるぼら」の海外版キービジュアル(C)2019 Barbara Film Committee

稲垣吾郎、手塚治虫マンガ実写化で“新しい挑戦” 「今じゃなければ演じられない…」

映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した稲垣吾郎さん
映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した稲垣吾郎さん

 稲垣吾郎さんが11月20日、東京都内で行われた、故・手塚治虫のマンガが原作の映画「ばるぼら」(手塚眞監督)の製作発表会見に女優の二階堂ふみさんと登場した。同作で異常性欲に悩む売れっ子耽美派小説家・美倉洋介役で二階堂さんとダブル主演する稲垣さんは、「手塚作品で育ってきたようなものなので光栄なことと思います」と喜び、「自分にとってまた新しい挑戦だなと思いました。今のこのタイミングじゃなければ演じられない役なのかなと思ったし、すごく感慨深いものがありました。愛がむき出しになった僕をみなさんに楽しんでいただけるんじゃないかと思います」と心境を語った。

 原作の「ばるぼら」は1970年代末に手塚治虫が描いた大人向けマンガで、禁断の愛やミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなどさまざまなタブーに挑んだ作品。手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化される。原作の時代設定は70年代だが、映画は現代が舞台となる。稲垣さんが美倉役、二階堂さんが自堕落な性格のフーテン女・ばるぼら役を演じる。日本、独、英の3カ国共同製作で、2019年に公開予定。

 稲垣さんは二階堂さんとの共演は初といい、「初めて二階堂さんをスクリーンで見たときには衝撃が走りましたし、いつかご一緒させていただきたいなと思っていた女優さんだったので、今回はいい体験だったなと思います」とコメント。続けて「二階堂さんならではの“ばるぼら”を演じてくださって。存在しているようで存在していないような、夢だったのかなと思わせてくれるような、『もうばるぼらに会えなくなっちゃうのかな』と、撮影が終わると寂しくなってしまうような……。夢を見ていたような、そんな気がしました。二階堂さんが演技で表現して僕をひっぱってくれたので、感謝しています」と二階堂さんとの共演を語った。

 また、二階堂さんは「稲垣さんは文学を感じる方、というか……初めて難しい本を手に取ったときのような感覚」と稲垣さんを表現。「だから『知りたい』と思うし、でもそこに自分がまだ追いつけていない、自分の大人になりきれていない部分を感じさせるような方で、勉強になることがありました。お芝居を一緒にさせていただいて、自分の中に眠っている“ばるぼら”みたいなものを起こされるような方でした」と共演の感想を明かした。

 会見には手塚監督も出席。手塚監督は稲垣さん、二階堂さんを「手塚マンガがすごく似合う2人」といい、「いつか仕事をしたいと思っていました。せっかく仕事するなら一番合った役がいいなと思っていて、今回の企画を考えたとき、『この2人ならぴったりだな』と思いました。期待通りの2人に出ていただいて、期待以上のことをやっていただいた印象です」と手応えを語っていた。