Back Street Girls -ゴクドルズ- あらすじ

Back Street Girls -ゴクドルズ-あらすじ

 映画「Back Street Girls -ゴクドルズ-」は、マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガを実写映画化。2019年2月8日に公開。配給は東映。

 「Back Street Girls」は、極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形によって、アイドルとしてデビューし、人気を集める……というストーリー。テレビアニメが今年7~9月に放送された。

<映画紹介>「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」 異色マンガの実写化 極道とアイドルのギャップが笑いを誘う

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」のメインビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」のメインビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日から渋谷TOEI(東京都渋谷区)ほかで公開。極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形でアイドルとしてデビューする異色コメディーだ。

 犬金組の若きヤクザ3人組の山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦は、自分たちを拾ってくれた組に強い恩義を感じているが、とある事件で不始末を起こしてしまう。その代償として、3人は組長の思いつきでタイで性転換と全身整形をするはめになり、「今日からお前らはアイドルだ! 芸能界でのし上がって、バッチリ金を稼いでこい!」と告げられる。中身はゴリゴリのヤクザのままキュートな女の子になってしまった3人は、日々葛藤しつつも、アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューし、人気を集めていくが……というストーリー。

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 頼れる兄貴・山本健太郎役を白洲迅さん、ダンディーな武闘派・立花リョウ役を花沢将人さん、鉄砲玉・杉原和彦役を柾木玲弥さんが演じる。整形後のアイリ役は岡本夏美さん、マリ役を松田るかさん、チカ役を坂ノ上茜さんが演じる。菅谷哲也さん、浅川梨奈さん、小沢仁志さん、桜田通さん、岩城滉一さんも出演。昨年亡くなった大杉漣さんも友情出演している。「全員、片想い」(2016年)などの原桂之介さんがメガホンをとった。

 極道が一転、アイドルとして脚光を浴びるという異色マンガがまさかの実写化だ。冒頭だけは東映の任侠映画……なのだが、性転換&全身整形手術後は、コワモテの極道とキュートなアイドルを行き来する未知のコメディー展開。原作同様、威勢のいい白洲さんら極道組とステージで笑顔を振りまく岡本さんらアイドル組のギャップに、思わずくすりと笑ってしまう。

 岡本さん、松田さん、坂ノ上さんが白目をむいたり、変顔をしたり……とアイドルらしからぬキャラクターを伸び伸びと振り切った演技をしているのも見どころの一つ。終盤のアクションシーンでもキレのある動きを披露。ステージでのアイドルぶりと併せて注目したい。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
出典:YouTube