Back Street Girls -ゴクドルズ- ニュース

松田るか、“アイドル衣装”でリリイベ登場 「ゴクドルズ」撮影はハードも「青春だった」

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」に登場するアイドルグループ「ゴクドルズ」のデビューアルバム「IDOL Kills」のリリースイベントに登場した松田るかさん
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」に登場するアイドルグループ「ゴクドルズ」のデビューアルバム「IDOL Kills」のリリースイベントに登場した松田るかさん

 映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」(原桂之介監督)に登場するアイドルグループ「ゴクドルズ」のメンバーを演じている女優の松田るかさん、坂ノ上茜さんが2月16日、東京都内で行われた同アイドルのデビューアルバム「IDOL Kills」のリリースイベントに、劇中のアイドル衣装姿で登場した。同作やドラマ版の撮影について、松田さんは「めちゃくちゃハードだったなって……。ハードっていう言葉が生ぬるいぐらいハード」と表現しつつ、「ゴクドルズの3人が仲よかったし、現場の雰囲気がよかったので頑張れたなって気がします」と回顧。「青春だったよね」と笑顔を見せ、坂ノ上さんも「青春だった」と同意していた。

 元極道のアイドル・マリ役の松田さんは、撮影前にはアクションや演技の練習と並行してライブの振り付けの練習もしていたといい、その時期について「あまり鮮明には振り返りたくないですね。『あのときは一生懸命だったな』というぐらいがちょうどいい」と苦笑。ただ、「この現場を経験したので、この先、もうだいたいのことは大丈夫だと思います」と充実した表情で語った。

 また、今回のデビューアルバムについて、松田さんは「歌ったことのないジャンルだらけで……『ラップってどうやって歌うの?』って。ラップを作る方々って、リリックとかライムとか、カタカナ語を多用するのよ。まずその言語を調べるところから始まるよね。『バイブスが……』って。難しかったです」と苦労を明かしていた。

 デビューアルバム「IDOL Kills」は映画の主題歌や挿入歌、2月から放送されるドラマのオープニング曲など12曲を収録している。通常版は3000円(税抜き)。

<舞台あいさつ>岡本夏美、大杉漣さんとの共演振り返る 「号泣して…」

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」の公開記念舞台あいさつに登場した岡本夏美さん
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」の公開記念舞台あいさつに登場した岡本夏美さん

 映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」(原桂之介監督)の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われた。同作には昨年亡くなった俳優の大杉漣さんが友情出演。大杉さんにとって最後の映画の現場だったといい、共演した岡本夏美さんは「大杉さんからいただく言葉が、(作中の)せりふなんですけどすごく岡本自身にも入ってきて、号泣していたり……」と振り返り、「大杉さんの温かさがそのまま映画に色を付けてくださっている。一緒にお芝居させていただけて、光栄だったなと思っています」と思いを語った。

<舞台あいさつ>松田るか、“極道”役の苦労は… 「せりふは抵抗なかった」

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」の公開記念舞台あいさつに登場した松田るかさん
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」の公開記念舞台あいさつに登場した松田るかさん

 女優の松田るかさんが2月9日、東京都内で行われた映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」(原桂之介監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。中身は極道だが性転換と全身整形手術でアイドルとしてデビューしたマリを演じた松田さんは、劇中で極道として荒っぽい口調やアイドルらしからぬせりふなどを披露。役作りの苦労について聞かれ、「せりふに関してはあまり抵抗はなかったですね。松田るかが言っているわけじゃないし、(関係者の)大人たちがいいよって言っているからいいかなっと思って」と笑顔でさらりと語った。

 松田さんは、アイドルグループ「ゴクドルズ」としてのダンス練習が大変だったといい、撮影に入る前から同じ「ゴクドルズ」のメンバーを演じる岡本夏美さん、坂ノ上茜さんと練習していたと告白。「クリスマスイブも一緒にいましたよね。本当にダンス練習をしっかりやりましたね」と苦労を明かした。

 舞台あいさつには、岡本さん、坂ノ上さん、白洲迅さん、柾木玲弥さん、花沢将人さん、菅谷哲也さん、桜田通さん、原監督も出席した。

<映画紹介>「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」 異色マンガの実写化 極道とアイドルのギャップが笑いを誘う

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」のメインビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」のメインビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日から渋谷TOEI(東京都渋谷区)ほかで公開。極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形でアイドルとしてデビューする異色コメディーだ。

 犬金組の若きヤクザ3人組の山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦は、自分たちを拾ってくれた組に強い恩義を感じているが、とある事件で不始末を起こしてしまう。その代償として、3人は組長の思いつきでタイで性転換と全身整形をするはめになり、「今日からお前らはアイドルだ! 芸能界でのし上がって、バッチリ金を稼いでこい!」と告げられる。中身はゴリゴリのヤクザのままキュートな女の子になってしまった3人は、日々葛藤しつつも、アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューし、人気を集めていくが……というストーリー。

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 頼れる兄貴・山本健太郎役を白洲迅さん、ダンディーな武闘派・立花リョウ役を花沢将人さん、鉄砲玉・杉原和彦役を柾木玲弥さんが演じる。整形後のアイリ役は岡本夏美さん、マリ役を松田るかさん、チカ役を坂ノ上茜さんが演じる。菅谷哲也さん、浅川梨奈さん、小沢仁志さん、桜田通さん、岩城滉一さんも出演。昨年亡くなった大杉漣さんも友情出演している。「全員、片想い」(2016年)などの原桂之介さんがメガホンをとった。

 極道が一転、アイドルとして脚光を浴びるという異色マンガがまさかの実写化だ。冒頭だけは東映の任侠映画……なのだが、性転換&全身整形手術後は、コワモテの極道とキュートなアイドルを行き来する未知のコメディー展開。原作同様、威勢のいい白洲さんら極道組とステージで笑顔を振りまく岡本さんらアイドル組のギャップに、思わずくすりと笑ってしまう。

 岡本さん、松田さん、坂ノ上さんが白目をむいたり、変顔をしたり……とアイドルらしからぬキャラクターを伸び伸びと振り切った演技をしているのも見どころの一つ。終盤のアクションシーンでもキレのある動きを披露。ステージでのアイドルぶりと併せて注目したい。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
出典:YouTube

坂ノ上茜「ブランチ」美女が「BACK STREET GIRLS」でアイドル役 男っぽさ引きずる

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する坂ノ上茜さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する坂ノ上茜さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日に公開。アイドルグループ「ゴクドルズ」のブリっ子妹キャラのチカを演じるのが坂ノ上茜さんだ。

 坂ノ上さんは1995年12月5日生まれの23歳。2015年に特撮ドラマ「ウルトラマンX」で女優デビューし、情報番組「王様のブランチ」のリポーターとしても活躍している。「BACK STREET GIRLS」では、ヤクザが性転換でアイドルになったチカを演じる。「今も男っぽさというところを引きずっているところがあるんです。オラオラなテンションとか、椅子に座る時はすぐに足を組むようになりました(笑い)」と話している。

 ◇坂ノ上さんのほかのコメント

 初めてのコメディーだった上、男子のシーンがどうなるのか分からず、原監督のカットがかかっても、不安が多かったんですが、「あ、こうなったんだ!」と思いました。あと、チカは3人の中でも一番人気の設定なので、坂ノ上的にはかなりうれしかったです(笑い)。

松田るか「BACK STREET GIRLS」でアイドル役 ライダーヒロインのイメージ払拭? アホな顔も

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する松田るかさん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する松田るかさん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が8日に公開される。アイドルグループ「ゴクドルズ」のクールなお姉さまのマリを演じるのが松田るかさんだ。

 松田さんは1995年10月30日生まれの23歳。「仮面ライダーエグゼイト」でヒロイン・ポッピーピポパポ(仮野明日那)を演じたことも話題になり、ドラマ「賭ケグルイ」などにも出演。「BACK STREET GIRLS」では、ヤクザが性転換でアイドルになったマリを演じる。「『仮面ライダーエグゼイド』出身で、特徴的な声やぶりっ子といった今までのイメージを、いろいろと払拭(ふっしょく)できるような作品になったと思います。アホなことをしたり、アホな顔をしていますし」と話している。

 ◇松田さんのほかのコメント

 歌にダンスにアクションと、めちゃくちゃ頑張ったのに、男の子たちがおいしいところを全部持っていったことに、軽く嫉妬しました(笑い)。違った一面を見せられました。そのことがいいことか、悪いことかは別として(笑い)、とにかく自分の引き出しが増えました。

岡本夏美「BACK STREET GIRLS」でアイドル役 元おはガールがすっぴん、変顔で「フッ切れる」

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する岡本夏美さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する岡本夏美さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日公開される。アイドルグループ「ゴクドルズ」の正統派リーダー・アイリを演じるのが岡本夏美さんだ。

 岡本さんは1998年7月1日生まれの20歳。子供向け情報バラエティー番組「おはスタ」で「おはガール」として活躍。ドラマ「さくらの親子丼2」などに出演してきた。「BACK STREET GIRLS」では、ヤクザが性転換でなったアイドル・アイリを演じる。「普通の作品なら女優さんが気にするであろう『キレイに、可愛らしく映る』ことを一切無視しました。ジャージー姿ではすっぴんですし、髪もいじらず、変顔したり、白目も剥く。そんなフッ切れることを、この作品で学びました」と話している。

 ◇岡本さんのほかのコメント

 ライブシーンも可愛いアイドルとして映るより、アイドルとして全力で頑張る男を演じることを目指しました。アクションでも、ずっと苦戦していたんですが、(ヤクザの山本)健太郎を演じるお芝居の一つだと理解した時にスッと気が楽になりました。それらを通じて、今まで知らなかった負けず嫌いな自分に出会った気がします。今では「何でも来いや!」という気持ちです(笑い)。

花沢将人「BACK STREET GIRLS」で武闘派極道に カッコいいのに笑える

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する花沢将人さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する花沢将人さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日、公開される。犬金組の若きヤクザ3人組の武闘派の立花リョウを演じるのが花沢将人さんだ。

 花沢さんは1989年5月4日生まれの29歳。ドラマ「陸王」「星屑リベンジャーズ」や映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」などに出演してきた。「BACK STREET GIRLS」ではアクションにも挑戦し「カッコいいのに笑えました。それに、初めてこれだけ大きな役で映画に携わらせてもらったこともあり、エンディングで自分の名前がクレジットで出てきたときは、とにかくうれしかったです」と話している。

 ◇花沢将人さんのコメント

 とにかく、(立花がアイドルになった)マリ(松田さん)には笑わせられました。また、テンポが良く、クライマックスのアクションシーンは、それぞれ男子と女子が重なる演出が面白いですし、お互いの衣装が変わったりして、カッコいいのに笑えました。それに、初めてこれだけ大きな役で映画に携わらせてもらったこともあり、エンディングで自分の名前がクレジットで出てきたときは、とにかくうれしかったです。

柾木玲弥「BACK STREET GIRLS」で極道のムードメーカーに どこで使うか知らされない撮影も

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する柾木玲弥さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する柾木玲弥さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日、公開される。犬金組の若きヤクザ3人組のムードメーカーの杉原和彦を演じるのが柾木玲弥さんだ。

 柾木さんは1995年3月24日生まれの23歳。2009年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞に選ばれ、ドラマ「ラブホの上野さん」「インベスターZ」「今日から俺は!!」などに出演してきた。「BACK STREET GIRLS」ではコミカルな演技に挑戦し、「どこで使うか知らされてないのに、CGと合成するために、数センチの世界で、いろいろな顔の表情をたくさん撮っていて、不安だったんですけれど、それもかなり効果的に使われていて、ホッとしました(笑い)」と話している。

 ◇柾木玲弥さんのコメント

 台本上でも、(杉原がアイドルになった)チカ(坂ノ上さん)は自分の役として読んではいたのですが、同じ役を演じているのに、自分の知らないことが多かったと思うんです。それが一つの作品として仕上がっていたことが、どこか不思議で、面白くもありましたね。また、どこで使うか知らされてないのに、CGと合成するために、数センチの世界で、いろいろな顔の表情をたくさん撮っていて、不安だったんですけれど、それもかなり効果的に使われていて、ホッとしました(笑い)。

白洲迅「BACK STREET GIRLS」で若き極道リーダーに 現場では血管ブチ切れそうに…

「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する白洲迅さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」に出演する白洲迅さん(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作の映画「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」(原桂之介監督)が2月8日、公開される。犬金組の若きヤクザ3人組のリーダー格となる山本健太郎を演じるのが白洲迅さんだ。

 白洲さんは1992年11月1日生まれの26歳。2013年に「押忍!!ふんどし部!」でドラマ初主演を果たし、「愛してたって、秘密はある。」「刑事7人」や映画「劇場版 ドルメンX」などに出演してきた。「BACK STREET GIRLS」ではヤクザ役に挑戦し「現場では血管ブチ切れそうになりながら、本気でやっていたことが笑えるんですよね」と話している。

 ◇白洲迅さんのコメント

 自分が出演している作品ながら、スゴく面白かったです。現場では血管ブチ切れそうになりながら、本気でやっていたことが笑えるんですよね。あとは、僕たちが現場で見てない女子たちのパート。僕らより圧倒的に大変だったことが伝わってきましたし、僕らの頑張りと彼女たちの頑張りが一つになって、こんな面白い作品になったことがうれしかったです。

極道×アイドルマンガ「Back Street Girls」が東映配給で実写化 2019年2月公開

実写映画「Back Street Girls -ゴクドルズ-」のビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
実写映画「Back Street Girls -ゴクドルズ-」のビジュアル (C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」が実写映画化され、2019年2月8日に公開されることが11月5日、明らかになった。配給は東映。ティザービジュアル、特報も公開され、キャストも発表された。

 「Back Street Girls」は、極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形によって、アイドルとしてデビューし、人気を集める……というストーリー。テレビアニメが今年7~9月に放送された。

 実写映画には、白洲迅さん、柾木玲弥さん、花沢将人さん、岡本夏美さん、松田るかさん、坂ノ上茜さん、菅谷哲也さん、浅川梨奈さん、小沢仁志さん、桜田通さん、岩城滉一さんが出演する。また、今年2月に亡くなった大杉漣さんが友情出演。「全員、片想い」などの原桂之介さんがメガホンをとる。

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
出典:YouTube