葬式の名人 ニュース

前田敦子、初の母親役に感慨「そういう年齢だなって」 高良健吾から「シャーマン」と評され…

映画「葬式の名人」の完成披露舞台あいさつに登場した前田敦子さん
映画「葬式の名人」の完成披露舞台あいさつに登場した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが8月29日、東京都内で行われた主演映画「葬式の名人」(樋口尚文監督、9月20日公開)の完成披露舞台あいさつに、高良健吾さん、樋口監督と共に登場。俳優の勝地涼さんとの子供を出産し、プライベートでは1児の母の前田さんだが、母親役を演じるのは今作が初めて。前田さんは「自分もそういう年齢だなって、その時には思いましたね」としみじみと話し、「撮影中も子供っていいものだなと思いました」と笑顔で振り返った。

 共演の高良さんは、映画「苦役列車」など今作で3度目の共演となる前田さんの印象について、「シャーマン」と表現。「シャーマンって何ですか? 乗り移るってこと?」と聞き返す前田さんに、高良さんは「なんかそういう感じ(笑い)。シャーマンっていう言葉が前田さんにしっくりきていて。オンとオフというよりも、前田さん自体が普段からシャーマンという感じがする」と女優としても人としても当てはまることを懸命に説明していた。

 一方、前田さんは、高良さんの印象を「出会ったとき高良さんは22歳ぐらいで若かったし、私は10代だったので最初は全然しゃべれなかったけど、この世界で憧れるところに高良さんはいました。私にとっては、ずっと憧れの人です」と明かすと、「うれしいですね。分かりやすくて」と高良さんは照れくさそうな笑みを浮かべていた。

 映画は、大阪府茨木市と縁の深い文豪・川端康成の作品群がモチーフ。高校の同級生の通夜を、なぜか母校で行うことになった元クラスメートたちの、不思議な一夜を描く青春ファンタジー。前田さんはたくましいシングルマザーの雪子役で、母親役と関西弁のせりふに初挑戦した。

前田敦子、大阪・茨木で昨年夏にオールロケ「息子に助けられた」

映画「葬式の名人」の大阪・茨木での先行上映会に登場した前田敦子さん
映画「葬式の名人」の大阪・茨木での先行上映会に登場した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんの主演映画「葬式の名人」(樋口尚文監督)の先行上映会が8月14日、映画の舞台となった大阪府茨木市の「イオンシネマ茨木」で開かれ、前田さんと、共演の高良健吾さん、白洲迅さん、子役の阿比留照太さんらが舞台あいさつを行った。

 今作は、茨木市と縁の深い文豪・川端康成の作品群がモチーフ。高校の同級生の通夜を、なぜか母校で行うことになった元クラスメートたちの、不思議な一夜を描く青春ファンタジー。前田さんはたくましいシングルマザーの雪子役で、母親役はもちろん、関西弁のせりふにも初めて挑戦した。8月16日から同所で全国に先駆けて公開される。

 前田さんは最初に「茨木で先行上映できて、本当にうれしい」と笑顔で語った。昨年夏に行われた茨木でのオールロケについて「夏の暑さだけじゃない熱さが、現場にはありました。私はすごく(雪子の息子の)あきおに助けられましたね。あきおの存在が、この映画のすべてだと思います」と初映画出演となった子役の阿比留さんを称賛した。

 また、この映画の内容にちなんで「同窓会に行ったりすることはありますか?」と聞かれた前田さんは「私は呼ばれたことがないんです。この映画でもそうですけど、皆さん『10年ぶり(に会った)』とかって言うのをよく聞くので、うらやましいです」と苦笑しながら答えていた。

 雪子の同級生、豊川を演じた高良さんは「同世代が多かったので、みんなで動きや笑いを考えるという、なかなかない現場で楽しかった」とコメント。亡くなった同級生・吉田を演じた白洲さんは、棺に入ってる場面が多かったため「棺桶の中はすごく暑いので、氷を抱きながら演じてました」と、文字通り熱(暑)い撮影の裏話を明かした。

 最後に前田さんは「茨木市の方で、見てない人は誰もいないよっていう作品になったらうれしい。ここから全国をゆっくり回っていけたらいいなあと思います」と語った。映画は9月20日から全国でも公開される。

前田敦子主演映画に白洲迅、有馬稲子、尾上寛之ら出演 予告編も公開

前田敦子さんの主演映画「葬式の名人」のポスタービジュアル(C)“The Master of Funerals” Film Partners
前田敦子さんの主演映画「葬式の名人」のポスタービジュアル(C)“The Master of Funerals” Film Partners

 女優の前田敦子さんが主演する映画「葬式の名人」(樋口尚文監督)に俳優の白洲迅さん、有馬稲子さん、尾上寛之さん、中西美帆さん、岡野瑛太さん、佐藤都輝子さん、樋井明日香さんらが出演することが27日、明らかになった。9月20日に全国公開されることも発表され、ポスタービジュアルと予告編も公開された。

 映画は、川端が18歳まで過ごした大阪府茨木市の市制70周年記念事業の一環で製作。ロケなど全面協力した同市では8月16日に先行公開される。

 予告編には、雪子役の前田さんがセーラー服を着ているシーンや、学ランを着て応援団に扮(ふん)している姿なども収められている。

出典:YouTube

前田敦子、母親役と関西弁に初挑戦 映画「葬式の名人」に主演 2019年公開

2019年公開の映画「葬式の名人」に出演する前田敦子さん(左)と高良健吾さん
2019年公開の映画「葬式の名人」に出演する前田敦子さん(左)と高良健吾さん

 女優の前田敦子さんが、2019年公開の映画「葬式の名人」(樋口尚文監督)に主演することが10月22日、分かった。大阪が舞台の同作で、前田さんは貧しいながらも、女手一つで小学生の息子を育てるシングルマザーの渡辺雪子を演じ、母親役と関西弁に初挑戦する。俳優の高良健吾さんも出演し、雪子の同級生で茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を演じる。

 映画は川端康成の作品「十六歳の日記」「師の棺を肩に」「少年」「バッタと鈴虫」「葬式の名人」「片腕」などを原案に制作。脚本とプロデューサーは、川端さんの母校・大阪府立茨木高校の後輩で、「日本チャップリン協会」の会長を務める大野裕之さんが務める。川端が18歳まで過ごした大阪府茨木市の市制70周年記念事業の一環として、茨木市全面協力のもと、今年8月に同市でオールロケを行った。

 物語は、突然訪れた高校時代の同級生の訃報によって、卒業から10年の時を経て、通夜に集まった面々が体験する、これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜を描くコメディー。