君は月夜に光り輝く あらすじ

君は月夜に光り輝くあらすじ

 映画「君は月夜に光り輝く」は、第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した佐野徹夜さんの同名小説が原作。女優の永野芽郁さんと人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんとのダブル主演。2019年3月15日公開。「君の膵臓(すいぞう)をたべたい(キミスイ)」「センセイ君主」などを手がけた月川翔監督がメガホンをとる。北村さんは「キミスイ」以来、月川監督とタッグを組む。

 「君は月夜に光り輝く」は、死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることができない渡良瀬まみず(永野さん)の“かなえられない願い”を、姉を亡くしたことで人の死に恐怖を覚えている岡田卓也(北村さん)が“代行体験”する。死期が迫ったまみずが、卓也に託した最期の代行体験とは……というストーリー。

 甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、生田智子さん、長谷川京子さん、及川光博さんが出演する。

映画「君は月夜に光り輝く」のあらすじは