ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ニュース

<映画紹介>「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ダンブルドア登場! ファン心をくすぐる仕掛けも

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の一場面 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の一場面 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングさんが自ら映画用に脚本を書き下ろした「ファンタスティック・ビースト」シリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督)が11月23日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開。米ニューヨークで捕らえられた黒い魔法使いのグリンデルバルドが逃げ出し、魔法界と人間界の支配を企む。魔法動物学者の主人公ニュート・スキャマンダーは、恩師ダンブルドアに「黒い魔法使いを倒せるのは君だけ」と言われ、仲間や魔法動物たちとパリへ向かう。

 アメリカ魔法省に捕らえられていたグリンデルバルド(ジョニー・デップさん)は、欧州移送の際に逃走。英ロンドンに戻った魔法動物学者のニュート(エディ・レッドメインさん)の前に、ホグワーツ魔法魔術学校時代の恩師ダンブルドア(ジュード・ロウさん)が現れる。

 冒頭のスペクタクルなグリンデルバルドの逃走劇からぐっと引き込まれた。ロウさん演じるダンブルドアも「ハリー・ポッターの校長の若い頃はこんな人だったんだ!」と納得の存在感。デップさん演じるグリンデルバルドの邪悪さは加速している。ニュートとティナ(キャサリン・ウォーターストンさん)の関係、ティナの妹クイニー(アリソン・スドルさん)とノーマジ(人間)のジェイコブ(ダン・フォグラーさん)の禁断の愛も進展の兆しを見せるなど、見どころは満載だ。

 ホグワーツ魔法魔術学校も登場し、「賢者の石」を創造したニコラス・フラメル(ブロンティス・ホドロフスキーさん)が姿を見せるなど、「ハリー・ポッター」ファンの心をくすぐる仕掛けも用意されている。

 登場人物の内面を深く描いた分、ダーク感が増し、ぐっと大人寄りのストーリーになった。半面、魔法動物(ビースト)たちも多数活躍するので、子供も楽しめること間違いなし。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
出典:YouTube

キャスト6人集結でファン大歓声 桐谷美玲、宮野真守らも登場 ワールドツアーファイナルプレミア

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ワールドツアーファイナルプレミアのステージイベントの様子
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ワールドツアーファイナルプレミアのステージイベントの様子

 「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビースト」の最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ファンタビ)」(デイビッド・イェーツ監督、11月23日公開)のワールドツアーファイナルプレミアが11月21日、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で行われ、ステージイベントに主人公・ニュート役のエディ・レッドメインさんが登場した。レッドメインさんは「東京に来て、本当に興奮しています。2年間新作の秘密をずっと守ってきました。やっと日本のみなさんにそれを話すときが来ました。日本のみなさん、本当に、ファン、最高です。すばらしいファンです」と感激した様子で話し、最後にファンに向けて「ありがとう」と日本語で呼びかけ、大歓声を浴びていた。

 ステージイベントにはレッドメインさんら主要キャストのほか、ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーを務める女優の桐谷美玲さん、ファンタスティック・ビースト公式アンバサダーの芦田愛菜さんも出席。桐谷さんは14日(日本時間)にロンドンで開催されたロンドンプレミアにも参加しており、「本当に光栄だった」と振り返りつつ、「でも、日本でプレミアができるというのはまた格別ですよね。すごくうれしいです」と喜んだ。イベントでは桐谷さんがレッドメインさんに「ニュートにとって、仲間たちはどういう存在ですか?」と質問する場面もあり、レッドメインさんは「彼は非常に人が苦手だったけど、(仲間ができて)だんだんハートを開くようになった」と回答していた。

 ステージイベントの前にはレッドカーペットイベントが行われ、レッドメインさんら来日ゲストのほか、桐谷さん、日本語吹き替え版でニュートの声を演じた宮野真守さんやダンブルドアの声優を務めた森川智之さん、高橋愛さん、ダンテ・カーヴァーさん、大関れいかさん、小関裕太さん、アイドルグループ「Spindle」らが歓声を浴びながらレッドカーペットを歩いた。

 ステージイベントには桐谷さん、芦田さん、レッドメインさんのほか、ダンブルドア役のロウさん、ティナ役のキャサリン・ウォーターストンさん、クイニー役のアリソン・スドルさん、ジェイコブ役のダン・フォグラーさん、ナギニ役のクローディア・キムさんらが登場した。

レッドメイン&ジュード・ロウら11月に来日 ジャパンプレミア&ファンイベントに

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のメインビジュアル(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のメインビジュアル(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

 映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督、11月23日公開)に主演するエディ・レッドメインさんや共演のジュード・ロウさんらが11月に来日することが10月12日、明らかになった。来日するのは、主人公のニュート役のレッドメインさん、ダンブルドア役のロウさんのほか、ティナ役のキャサリン・ウォーターストンさん、クイニー役のアリソン・スドルさん、ジェイコブ役のダン・フォグラーさんの5人。

 レッドメインさんらは、東京都内で11月21日にレッドカーペットイベントとプレミア上映の「ジャパンプレミア」、翌22日にはファンイベント「スペシャルファンナイト」に出席する予定。ファンイベントでは、レッドメインさんらがファンからの質問に答えるという。

 レッドメインさんとロウさんが日本のファンに向けたコメントが入った特別映像も公開された。2年ぶり4度目の来日となるレッドメインさんは「11月に日本に行くのを楽しみにしています。今回はダンブルドア先生を連れて行きますよ! 日本の皆さん、つえの準備はいいですか? 日本中に魔法をかけにいきます!」と話している。ロウさんも「新しい“ファンタビ”を日本に紹介できることを楽しみにしています」とコメントしている。

(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
出典:YouTube

芦田愛菜、自分専用の魔法の杖に感激 「宝物にします!」

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した芦田愛菜さん
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した芦田愛菜さん

 女優の芦田愛菜さんが10月2日、東京都内で行われた「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督)のイベントに登場。作中に登場する寮の一つ「スリザリン」をイメージしたグリーンの衣装で登壇した芦田さんは、造形美術監督のピエール・ボハナさんから自身をイメージしたという杖(つえ)をサプライズでプレゼントされると、「うれしすぎて、なんて言葉にしたらいいのか分からない。宝物にします!」と感激。ボハナさんから正しい杖の持ち方を教えてもらい、「ルーモス!」と魔法をかけて会場を沸かせた。

 芦田さんは、最新作の予告映像に「1カ月先が待ちきれない」とハイテンション。ボハナさんが持参した「ハリー・ポッター」シリーズの小道具の中から「賢者の石」を触らせてもらうと、「軽いわけでも重いわけでもないけれど、私には重すぎます」とファン目線で喜んだ。

 質問コーナーで、ボハナさんは「小道具を作る仕事はひとつの旅路だと思っている」と物作りの神髄を語り、最新作について、「細部までこだわり抜かれ、ストーリー展開もハラハラするので、皆さんのリアクションも楽しみにしています」とメッセージを送った。

 映画は、「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビースト」の最新作。英国のホグワーツ魔法魔術学校に戻った魔法動物学者の主人公ニュートが、捕らえられていた“黒い魔法使い”のグリンデルバルドが逃げ出したことを知り、ダンブルドアとタッグを組んで魔法動物(ビースト)たちとともにパリの魔法界へと向かう……というストーリー。前作に引き続きニュート役をエディ・レッドメインさん、ダンブルドア役をジュード・ロウさんが務めるほか、グリンデルバルドをジョニー・デップさんが演じる。11月23日から全国で公開。

桐谷美玲、“ハリポタ”シリーズのアンバサダーに就任 使いたい魔法は「振るだけで部屋中きれい」

「ハリー・ポッター魔法ワールド」を応援するアンバサダーに就任した桐谷美玲さん(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
「ハリー・ポッター魔法ワールド」を応援するアンバサダーに就任した桐谷美玲さん(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

 女優の桐谷美玲さんが、人気ファンタジー映画「ハリー・ポッター」シリーズなどの「ハリー・ポッター魔法ワールド」を応援するアンバサダーに就任したことが9月20日、明らかになった。「ハリー・ポッター」の新シリーズとなる「ファンタスティック・ビースト(ファンタビ)」の最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督、11月23日公開)の今秋に仏パリで行われるワールドプレミアを桐谷さんが現地取材するほか、CMなどにも出演し、「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタビ」シリーズの魅力を伝える。

 桐谷さんは、小学生時代に「ハリー・ポッター」の小説を読んで以来、“魔法ワールド”の魅力にハマったといい、小説は全巻読破、映画はすべて劇場で鑑賞してきた。さらに、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市此花区)のエリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」を訪れるほど、同シリーズの大ファンだという。また「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の特別予告映像も公開された。

 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、英国のホグワーツ魔法魔術学校に戻った魔法動物学者の主人公ニュートが、捕らえられていた“黒い魔法使い”のグリンデルバルドが逃げ出したことを知り、ダンブルドアとタッグを組んで魔法動物(ビースト)たちとともにパリの魔法界へと向かう……というストーリー。

 ◇桐谷美玲さんのコメント

 ーーアンバサダーに就任した、今のお気持ちを教えてください。

 お話を聞いたときに本当にいいんですか!?という気持ちでいっぱいでした。初めて本を読んだときからずっとファンで、本も映画もすべて見ていましたし、ファンタビももちろん見ていたので、大好きな作品のアンバサダーになれてすごくうれしいです。

 ーー「ハリー・ポッター」シリーズとの出会いのきっかけは何でしたか?

 小学生のころに「ハリー・ポッターと賢者の石」の本が発売されて、クラス中、大ブームで、映画化もされて家族で見に行って。魔法の呪文を練習したりしていましたね。

 ーー魔法ワールドの好きなところ、特に伝えたい!と思う魅力は?

 こんな魔法が本当に使えたら楽しいんだろうなと思えるようなすてきな魔法がたくさんあって、ハリー・ポッターの世界でもファンタビの世界でもそういうものがたくさん増えているところと、仲間との絆がすごく丁寧に描かれていて、こういうのは仲間最強だなって思います。あの世界観が大好きなので、見てもらえば分かると思うのですが、あの世界観にどっぷりと浸ってもらいたいです。

 ーーファンタビの中で好きなキャラクターは?

 みんな魅力的ですが、一人だけ人間のジェイコブ。とにかくいい人ですよね。ちょっとコミカルで、魔法が使えない人間だからこそのリアクションが面白かったり、そういうところが好きです。

 ーーファンタビの最新作ではどんなところに期待していますか。

 ホグワーツやダンブルドア先生が出てきたり、ハリー・ポッターの世界ともどんどんつながっていく物語になっていくのでそこに期待しています。

 ーー女性目線でニュートの魅力はどんなところですか?

 可愛いところです。ちょっと不器用で人見知りっぽいところや、だけど魔法動物たちを本当に大切にして愛しているところがすごく可愛いです。でもちょっとおっちょこちょいなところが母性本能をくすぐられます。

 ーーもし魔法が使えるならどんな魔法を使って、どんなことをしたいですか。

 かたづけの魔法を使いたいです。振るだけで部屋中きれいになったら最高ですよね。かたづけはしますけど、魔法でできたらいいなって思います。

 ーー映画に登場する魔法動物や魔法、魔法アイテムで使ってみたいもの、好きなものがあったら教えてください。

 ニフラーが可愛いです。こんなに見た目が可愛いのに、ちょっといたずらなところがあって憎めないし、でもニフラーにだったらいたずらされても許せちゃうような愛らしさがあるので、飼いたいですね。家にいたら楽しいだろうなって思います。

 ーーこれまでに魔法にかけられたのではないかと感じたような出来事はありましたか。

 足つぼマッサージの後とか(笑い)。空が飛べそうなくらい体が軽くなります。

 ーー魔法使いではないかと感じるような人はいますか。

 冷蔵庫にあるものだけでちゃちゃちゃとご飯が作れる人。すごいなと思います。レシピを見なくても目分量で作ってもおいしくなる人。私の母親もそうですが、カッコいいですよね。

(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
出典:YouTube

小野賢章、14年前のハリーの声を“再現” 宮野真守も絶賛

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した小野賢章さん
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した小野賢章さん

 声優の小野賢章さんと宮野真守さんが7月31日、東京都内で開かれた映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督、11月23日公開)のイベントに登場。映画「ハリー・ポッター」シリーズの日本語吹き替え版で主人公・ハリーの声を担当した小野さんは、2004年に公開された映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の公開アテレコに挑んだ。小野さんは「(今年で)29歳なので、当時は14歳ですね」と笑いながら、見事にハリーの声を“再現”。宮野さんは「当時より(声が)若い。すごいわ!」と絶賛し、小野さんは「最近の中で一番バクバクしている」と笑顔を見せていた。

 イベントには、アンバサダーの芦田愛菜さんも出席。芦田さんは「(アズカバンの囚人が公開された)2004年は私が生まれた年ですね」と言うと、小野さんと宮野さんは「えー! いろいろな衝撃が!」と声を上げて、苦笑いしていた。

宮野真守、小学生だった小野賢章との出会い振り返る 「賢章君、大きくなったなあ」

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した宮野真守さん
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のイベントに登場した宮野真守さん

 声優の宮野真守さんが7月31日、東京都内で開かれた映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デイビッド・イェーツ監督、11月23日公開)のイベントに、小野賢章さんと共に登場。同作の日本語吹き替え版で、主人公・ニュートの声を担当した宮野さんは、ハリー・ポッターの声を担当した小野さんと共に並んだ感想を聞かれると「賢章君、大きくなったなあ」と答えて、観客の笑いを誘っていた。

 宮野さんは「最初のころは、小学生だった賢章君と、高校生の僕が出会い、大人になったら僕がニュートになるという不思議な縁がある」と語った。小野さんも「(映画『ハリー・ポッター』の)1作目のときは12歳で、声変わりする前からなので、声の成長記録でもあるわけで……」と懐かしそうに振り返っていた。イベントは、アンバサダーの芦田愛菜さんも出席。ハリーの誕生日が7月31日であることからホグワーツ魔法魔術学校をデザインした巨大な誕生日ケーキも用意され、3人はハリーのバースデーを祝っていた。