MEGA MAN ニュース

「ロックマン」ハリウッドで初の実写映画化 プロデューサーはマシ・オカ

ゲーム「ロックマン11 運命の歯車!!」のビジュアル(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
ゲーム「ロックマン11 運命の歯車!!」のビジュアル(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

 カプコンの人気ゲーム「ロックマン」が、ハリウッドで初めて実写映画化されることが10月4日、明らかになった。仮タイトルとして、ロックマンの海外名「MEGA MAN」が付けられており、プロデューサーは俳優のマシ・オカさん。20世紀フォックス社の配給で、公開時期は未定。

 「猿の惑星」シリーズなどを手掛けた米チャーニン・エンターテイメント社が制作する。監督はアリエル・シュルマンさん、脚本はヘンリー・ジューストさん。ゲーム「ロックマン」の世界観を踏まえ、ハリウッド作品としてのエンターテインメントを加えて、ゲームファンとアクション映画ファンに受け入れられる作品を目指すという。

 「ロックマン」は、人型ロボットのロックマンが、ステージのボスを倒して同じ特殊能力を手に入れ、新たなステージを攻略するアクションゲーム。第1作が1987年に発売され、シリーズ累計3200万本を出荷している。4日にゲームのシリーズ最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」(PS4、ニンテンドースイッチ、XboxOne)が国内で発売される。