麻雀放浪記2020 ニュース

斎藤工、主演映画「麻雀放浪記2020」ノーカット公開「同じ映画人の希望になれば」

主演映画「麻雀放浪記2020」のの初日舞台あいさつに出席した斎藤工さん(中央)
主演映画「麻雀放浪記2020」のの初日舞台あいさつに出席した斎藤工さん(中央)

 俳優の斎藤工さんが4月5日、東京都内の劇場で行われた主演映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)の初日舞台あいさつに出席。同作には麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告が出演しているが、公開中止や延期、代役を立てての撮り直しなどは一切せずにノーカットで公開された。舞台あいさつ後、斎藤さんと白石監督は取材に応じ、4日に保釈された瀧被告への思いを吐露。斎藤さんは「特に保釈されたからといって気持ちは変わらない。これだけ大きな波紋が広がることを想像できても、それを目の当たりにして実感しているのでは……」と言い、自粛ムードの中で公開を踏み切ったことについては「一つの特殊ケースかもしれませんが、この答えが、同じ映画人の希望になることを祈っている」と話した。

 瀧被告が保釈された映像を「少しだけ見た」という白石監督は、「改めてしてしまった大きさに驚いているでしょう。刑が確定するまで自分と向き合い、もう1回何をしてしまったのか考えてほしい」とメッセージ。また「映画撮影とピエール瀧という関係性で作品を作るのはもうできないかもしれないが、一友人として協力できることがあればしたい」とした。

 同作にはシンガー・ソングライターの岡崎体育さんがオタクテロリスト役で出演している。銀幕デビューとなった岡崎さんの演技について共演者たちが絶賛した。主演の斎藤さんは見どころについて「岡崎さんのハマりぐあい。音尾(琢真)さんとのシーンが本当に好き」と挙げ、竹中直人さんも「体育くんの存在感には圧倒されました。また浜野謙太みたいになっちゃうんじゃないの。こいつも怖いなあって。これがデビューでどんどん役者になってしまうのか」と才能を絶賛。岡崎さんは初めての映画撮影を「自分でも演じている感じはしなかった。普段通りでいたらいい感じにハマった」と振り返った。

 映画は“東京五輪”が中止となった2020年の未来が舞台。過去からタイムスリップしたギャンブラー・坊や哲(斎藤さん)が繰り広げる麻雀での死闘を描く。舞台あいさつにはチャラン・ポ・ランタンのももさん、ベッキーさん、音尾琢真さん、シークレットゲストの元東京都知事の舛添要一さんも登場した。また、同作が北京国際映画祭で公式上映されることも発表された。

<映画紹介>「麻雀放浪記2020」坊や哲が2020年の世界に! 斎藤工主演で「麻雀放浪記」が再映画化

映画「麻雀放浪記2020」の場面写真 (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
映画「麻雀放浪記2020」の場面写真 (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 俳優の斎藤工さん主演の映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)が4月5日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開。故・色川武大さんが阿佐田哲也のペンネームで発表した小説「麻雀放浪記」が原案。映画化は、1984年公開の和田誠監督作品以来35年ぶり。2020年の未来を舞台に、戦後の1945年からやってきた主人公・坊や哲の姿が描かれる。10年間映画化を熱望し、アプローチし続けてきたという斎藤さんが「鋭角的で奇天烈(きてれつ)な世界観」と表現する、ぶっ飛んだ設定の新「坊や哲」の世界が繰り広げられる。

 舞台は、東京五輪が中止となった2020年。人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からやってきた天才ギャンブラー・坊や哲(斎藤さん)は、そんな世界のあまりの変わりようを目にして驚がくする。そんなとき、思わぬ状況で「麻雀」での死闘が繰り広げられることになり……という展開。

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


 ヒロインのドテ子役で姉妹音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のももさん、拝金主義の芸能プロ社長、クソ丸役で竹中直人さん、昭和の麻雀クラブの妖艶ママ役でベッキーさん、ドサ健役で的場浩司さん、老獪(ろうかい)なイカサマの達人、出目徳役で小松政夫さんらも出演する。

 ピエール瀧被告の逮捕で公開前からさまざまな話題を振りまいた。ベールに包まれた部分は多いが、斎藤さんと「孤狼の血」などの白石監督のタッグとなれば、マージャンになじみはなくとも期待するファンは多いだろう。

 原案「麻雀放浪記」でおなじみの坊や哲、ドサ健、出目徳……という名前はあるものの、公開されている予告編では、坊や哲が全自動マージャン卓に驚く姿や、ふんどし姿の男たちのダンス、謎のアンドロイド……とシュールでぶっ飛んだ世界が描かれている。坊や哲を待ち構える国策イベント「麻雀五輪世界大会」など、原案とは異なる展開に興味は尽きない。

 マージャン場面はもちろん、煮えたぎる肉を手づかみで食べ、なぜか海辺で侍の格好でマージャンを打ち……と笑いのこぼれそうなシーンを演じる斎藤さんの姿にも注目したい。(河鰭悠太郎/フリーライター)

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

斎藤工「麻雀放浪記2020」公開決まり「ほっとした」

映画「麻雀放浪記2020」の完成報告ステージイベントに登場した斎藤工さん
映画「麻雀放浪記2020」の完成報告ステージイベントに登場した斎藤工さん

 俳優の斎藤工さんが3月20日、東京都内で行われた映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督、4月5日公開)の完成報告ステージイベントに登場した。同作は出演するピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受け、公開について協議が続けられていたが、20日に配給を担当する東映が予定通りノーカットで公開すると発表。斎藤さんは「今朝公開すると発表があるまでどうなるか分からない不安の中で過ごしていましたが、今日を迎え、皆さんに迎えていただきまして、ほっとした気持ちでいっぱいです」と安堵(あんど)の表情で語った。

 斎藤さんは「この作品は今朝まで難産続きで、これからもまだ分からない。僕も(ピエール瀧容疑者の)ニュースで知ったときは状況がそしゃくできなかった」と明かし、「公開して人に届けるその一念で突っ走ってきたものなので、ひとまず今朝の会見で、プロデューサー、白石監督が英断をしてくださったなと。ほっとしております」と語った。

 白石監督は「こうして立っている今もこの決断が正しかったのか正しくなかったのか分からない状態ですけど、なんとか見てもらいたくて、批判もいただくと思いますけど、こういう決断になりました」と語った。

 舞台あいさつには姉妹音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のももさん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石監督も出席した。

「麻雀放浪記」斎藤工主演で再映画化 主人公・坊や哲が2020年の未来にやってくる!

映画「麻雀放浪記2020」の主演を務める斎藤工さん
映画「麻雀放浪記2020」の主演を務める斎藤工さん

 故・色川武大さんが阿佐田哲也のペンネームで発表した小説「麻雀放浪記」が、俳優の斎藤工さん主演で再映画化されることが10月4日、明らかになった。同作が映画化されるのは、1984年に公開された和田誠監督の作品以来、35年ぶり。新作は、原作から設定を変更。「麻雀放浪記2020」と題し、主人公・坊や哲が1945年の戦後から、2020年の未来にやってくるという設定になる。

 新作は、「麻雀放浪記」を名作の一つとして絶賛する斎藤さんが、10年間、映画化を熱望し、アプローチし続けて実現。映画「彼女がその名を知らない鳥たち」「孤狼の血」などの白石和彌監督に白羽の矢を立てた。色川さんの遺族もこの“新作”に賛同を惜しまないという。

 物語は、“東京五輪”が中止となった2020年の未来が舞台。人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。“戦後”からやってきた坊や哲は世界のあまりの変わりように驚がくする。そんな時、思わぬ状況で「麻雀」での死闘が繰り広げられる……という内容。2019年4月5日に公開。