ホットギミック ニュース

<インタビュー>堀未央奈 自信が持てなかった過去 苦しんだ経験も「弱い時期があったから今の自分がある」

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で主人公の成田初役を演じる堀未央奈さん
映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で主人公の成田初役を演じる堀未央奈さん

 恋愛マンガを実写化した「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、6月28日公開)で映画初主演を務める、アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さん。平凡な女子高生・成田初(なりた・はつみ)を主人公に10代の不安定な感情を描いた青春恋愛映画で、堀さんが自分に自信が持てない初を演じている。初と同じように、以前は「自分に自信がなかった」と明かす堀さんだが、乃木坂46としての活動などを通じて自分の思いを表現できるようになっていったという。堀さんに主人公への思いや映画初主演の感想、乃木坂46としての活動が女優業に与えた影響などについて聞いた。

 ◇「ここで殻を破らないとつまらない女になる」 “バンジージャンプ”の計画も…

 映画は、マンガ誌「Betsucomi(ベツコミ)」(小学館)で相原実貴さんが連載していた「ホットギミック」が原作。平凡な女子高生の初はある日、幼なじみの橘亮輝(清水尋也さん)に弱みを握られ、むちゃな命令に振り回されることになった。そんな時、数年前に引っ越した幼なじみの小田切梓(板垣瑞生さん)が帰ってくる。初は自分を守ってくれる梓に引かれ、亮輝に邪魔されながらも付き合うが、梓にはある目的があった。そして初は兄・凌(間宮祥太朗さん)の秘密も知ってしまう……というストーリーだ。

 今作が映画初出演にして初主演の堀さんは、「初めて出演の話を聞いたときは、本当に私なのかな、とあまり実感がありませんでした。フワフワしていましたね。『ドッキリかな?』みたいな(笑い)」と当時の驚きを明かす。その後、山戸監督と2人きりで今作について話す機会を持ち、「夢じゃないんだな、と実感が湧いてきました」という。

 初主演には当然、プレッシャーもあった。これまで、本格的な演技の経験は「(深夜ドラマの)『ザンビ』(日本テレビ)ぐらいしかなかった」ため、撮影前は、ついていけるのか、主役として成り立つことができるのか……と不安も抱いていたという。だが、そういった不安を抱えながらも一歩前に踏み出す姿勢は、演じる初の姿と重なる。堀さんは「撮影に入ったら、とにかくぶつかるしかない。そのもがいている感じが初ちゃんに投影されたらいいなとも思い、がむしゃらにやっていました」とたくましさをのぞかせ、「弱音を言っていられない。『いいものを作りたい』という強い思いがあったので、監督とたくさん話し合い、キャストの方に支えられながら、毎日必死でした」と振り返る。

 劇中では、等身大の女子高生という役を演じるため、“ほぼすっぴん”で臨んだ。髪の毛も自然なストレートという飾り気のない状態で、衣装やメークに気を使うアイドルとしての活動時とは大きく異なっていた。堀さんは「アイドルをしているときは、いつ誰に見られてもいいようにコンディション、ビジュアル、発言、動きなどをこだわって自分らしくする、という意識があります」といい、「だから今回、カメラの前に立って、アイドルのミュージックビデオ(MV)の撮影やライブとはまったく違うものに対面して、『私、ここで殻を破らないと、つまらない女になっちゃうな』と思いました」と覚悟を明かす。

 「どこから撮られていても、『今、こういう顔をしていそうだな』と自分で思っても、とにかく、気にしない。気にした瞬間、山戸監督に伝わるんですよ。だから、演じるというより『ぶつかっていく』という感じでした。ありのままで挑戦していかなくちゃいけないんだな、と、試練のような思いがありました」と堀さんは語る。“殻を破る”という意識が自身の中で大きな課題としてあったという堀さんは、実は撮影前、“バンジージャンプ”に行こうと思ったこともあったという。「どうにかして自分の殻を破らなきゃ……と。バンジー、スカイダイビング……すごく考えたんですけど、体に影響があってはいけないので、おとなしくクランクインしました」と笑う。

 映画では初が初めての恋愛に悩み、苦しむ姿が描かれる。暴言、裏切り……と刺激的な描写も多い。堀さんはハードな描写に加えて、揺れ動く10代の心理も表現しなければならない役を演じるにあたり、「もちろん緊張はしました」と明かす。ただ、「自分自身のお芝居の経験のなさが不安につながっていたけれど、山戸監督と『一人の人間として、役者として、アイドルをやっている身として全力で演じて、見てもらった人に絶対に何か届けたいね、この映画に懸けたいね』と熱く語り合ったことで決意が固まって、『なんでもやるぞ!』という気合が入ったと思います」と力強さも見せる。

 ◇「自分に自信がなかった」過去 苦しかった経験も糧に

 演じた初は、自分に自信が持てない、気弱で遠慮がちな女の子。劇中では声を震わせるシーンも多い。そんな初を「特別な存在ではなくて、普通にいる女の子」と考える堀さんも、以前は“自分に自信の持てない女の子”の一人だったという。「私自身も乃木坂46に入る前は、初ちゃんのように自分に自信がなくて、人ともうまく話せなかったりしていて……そういう自信が持てない部分は、私にもありました」と打ち明ける。「乃木坂46での活動やいろいろなお仕事をさせていただいて、ようやく物事をはっきり言えるようになったり、自分の思いをちゃんと持ったりできるようになったので、分からない感情ではありませんでした」と共感したという。

 堀さんは「初ちゃんの『何をやってもうまくいきっこない』というネガティブな言葉は、私自身の学生時代や、乃木坂46の活動で挫折しそうなときのネガティブな感情にリンクしていて……。でも、そんな自分で自分を認められない弱い時期があったからこそ、今の自分になれているので『そういう時期があってよかったな』と演じながら振り返っていました」という。

 乃木坂46の一員としてのさまざまな経験は、今作の演技にもつながっている。「過去の苦しかったこと、悲しかったこと、うれしかったこと……いろんな思い出を引っ張り出して演じていたときもありました。今までの経験や思いを生かせたので、苦しんだ時期も無駄ではなかったな、と。そう思えたのもこの映画と初ちゃんに出会えたからなので、これからもっといろんな経験をして、どんなに苦しいことや嫌なことがあっても『絶対にプラスにしてやる』という思いで生きていきたいなと思います」と話す。

 ◇今作で「お芝居がめちゃくちゃ好きになった」
 
 そんな堀さんに、今作の撮影で難しかったことを聞いてみると、意外にも恋愛マンガ特有の“キュンキュン”した部分だったという。「私、普段あんまりキュンキュンしなくて……(笑い)。わりと冷静なんです。だから人に対して目をハートにするというか、キラキラする、ということに正直、最初は戸惑いました」と苦笑いを浮かべる堀さん。「でも、最初は『どうしよう』という思いはあったけど、皆さんが役そのままで演じてくださっていて、リアルにすてきだな、と思いながら演じられたので、よかったなと思います」とほほ笑む。

 映画初出演ながら、主演を見事に演じ切った堀さん。撮影を終えた今、改めて「演じること」についてどのように感じているのか。「お芝居って、自分の強みを生かしながらどんどん挑戦していって、そこで初めて、見ていただいてる人にぐっとくるものができる。もしそれができていなかったら、見てくださっている方に100%伝わってしまうので、ある意味、舞台より怖いものだなと思います」と明かす。

 演じることの怖さを語りつつも、「でもその分、たくさんの人の人生や心を動かしたり、影響力が大きいと思っていて。私自身、たくさんの作品や役者さんに支えられて今まで生きてきているので、自分も人生を懸けて演じて、誰かの一つの人生のポイントになれたら」と“女優”としての願いを話す堀さん。「今回で、お芝居がめちゃくちゃ好きになりました」と晴れやかな笑顔で語った堀さんの、今後の女優活動に注目していきたい。

(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

<映画紹介>「ホットギミック ガールミーツボーイ」乃木坂46堀未央奈が恋心に揺れ動く女子高生を好演

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のメインビジュアル (C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のメインビジュアル (C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さんの主演映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督)が6月28日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。堀さんが男性3人の間で揺れ動く平凡な女子高生を好演。アイドルらしからぬ体当たり演技も見せている。

 原作はマンガ誌「Betsucomi(ベツコミ)」(小学館)で連載された相原実貴さんの恋愛マンガ「ホットギミック」。平凡な女子高生・成田初(なりた・はつみ)が男性3人の間で揺れる、三つの初恋を描く。

出典:YouTube

 優しい兄の凌(間宮祥太朗さん)、元気な妹の茜(桜田ひよりさん)ら家族と暮らす女子高生の初(堀さん)は、幼なじみの橘亮輝(清水尋也さん)に弱みを握られ、むちゃな命令に振り回されることに。そんな時、数年前に引っ越した幼なじみで今やモデルで人気者の小田切梓(板垣瑞生さん)が地元に帰ってくる。初は自分を守ってくれる梓に引かれ、亮輝に邪魔されながらも付き合う。だが梓にはある目的があり、初は凌の秘密を知ってしまう……。吉岡里帆さん、上村海成さん、反町隆史さんらも出演している。

 少女マンガが原作ということもあり、梓が初の膝の上に座ったり、亮輝が初の頬をつまんだり、胸キュンポイントが詰まっている。ただ、それだけでなく10代の不安定でリアルな感情の揺れまでを描いた山戸監督の脚本と演出が生々しくもみずみずしい。場面の細かな切り替わりが、初の繊細で複雑な心情を表しているかのようで、心に訴えかけてくる。若さゆえの焦りやもやもや感がひしひしと伝わり、年齢や性別を問わず誰もが共感する部分がある繊細な恋愛映画だ。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

<完成披露舞台あいさつ>乃木坂46堀未央奈、夢はアクション女優 ミラ・ジョボビッチに憧れ側転を練習中

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」の完成披露舞台あいさつに登場した堀未央奈さん
映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」の完成披露舞台あいさつに登場した堀未央奈さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さんが6月12日、東京都内で行われた主演映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、6月28日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。堀さんは「秘密にしている出来事」として、「側転の練習をしています」と明かし、「もともとアクション女優になるのが夢。ミラ・ジョボビッチさんが憧れなので、まず何かできることあるかなと思って、側転からやってみようと先日、始めました」と語った。

 舞台あいさつには、清水尋也さん、板垣瑞生さん、間宮祥太郎さん、桜田ひよりさん、上村海成さん、吉岡里帆さん、山戸監督も出席。桜田さんが、「(上村さんと)2人のシーンが多かったのですが、待ち時間に距離を縮めるために他愛のない話をしたり……」と撮影エピソードを明かすと、「記憶にもないような(笑い)」と上村さん。ここで、覚えていないのは失礼という話になり、堀さんから「覚えてますか?」と聞かれた間宮さんは、「覚えてますとも! 堀未央奈と会話して忘れるわけがないじゃないですか!」と猛反論すると、「一ファンみたいになっているから」と清水さんにツッコミを入れられていた。

 また、映画の「三つの初恋」にちなみ、「無器用だったなと思う出来事」「とろけるような思いをした出来事」「秘密にしている出来事」の3つの中から、それぞれ一つを選んで発表。「秘密にしている出来事」として間宮さんは、「実は意外と健康志向。あまりジャンクフードとかお菓子を食べなくて、うちで炊くお米は十六穀入れて、そこから麦も入れてが基本。アバンギャルドで売っていこうと思っていたので、あれなんですけど……」と意外な一面を告白。隣で聞いていた堀さんが、「普段の元気でいらっしゃる感じが……」と印象を語ると、間宮さんは「俺、元気だと思われてたの?(笑い)」と驚いた様子だった。

<完成披露イベント>乃木坂46堀未央奈、映画初出演で初主演 タマゴから登場「ライブ以上に緊張」

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のイベントに登場した「乃木坂46」の堀未央奈さん
映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のイベントに登場した「乃木坂46」の堀未央奈さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さんが6月12日、東京都内で行われた主演映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、6月28日公開)の完成披露イベントに、共演の清水尋也さん、板垣瑞生さん、間宮祥太朗さん、山戸監督と登場。巨大なタマゴの中から間宮さんらに殻を破ってもらって登場した堀さんは、「タマゴの中にいるときは、乃木坂46のライブをしている時以上に緊張して、『どうしよう~!』と思ってた。お世話になっているキャストの皆さんが殻を破ってくださったので、楽しく誕生できました」と笑顔で話し、大きな歓声を浴びていた。

 間宮さんから「生まれましたね。無事生まれてよかった」と言葉をかけられ、堀さんは「生まれました! ありがとうございます」とうれしそうに笑顔で感謝していた。そんな堀さんを見て間宮さんは、「涙をこらえるのが必死。気丈に振る舞っています、今」とちゃめっ気たっぷりに話すと、清水さんも「とても感動しました。貴重な体験でしたね」と間宮さんに同調して、周囲を笑わせていた。

 映画初出演で初主演を務めた堀さんは「いろんな方にいろんな形で届く、メッセージ性の強い映画。特に女の子に第一に見てほしいという思いが強く、初ちゃんという主人公の成長を皆さんで共感しながら、いろんな思いをしながら見てもらえたらうれしい」と呼びかけた。

乃木坂46・堀未央奈、初主演映画「ホットギミック」で涙 10代のリアルな心情表現 特報公開

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のビジュアル (C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」のビジュアル (C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

 相原実貴さんの恋愛マンガ「ホットギミック」をアイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さん主演で実写化する映画のタイトルが「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、6月28日公開)に決定し、特報とポスタービジュアルが公開された。特報には、堀さん演じる主人公・成田初(はつみ)が涙する姿や、初ら10代のキャラクターがリアルな心情を表現する姿が収められている。

 特報では、キャラクターそれぞれの生きづらさや葛藤を吐露したセリフが多く登場。「バカは生きづらくて大変だ。何のために生まれてきたんだろ」「永遠に愛してるって思っても次の瞬間いらなくなっちゃうんだよ」「幸せって願うものでしょ」「絶対にいつか終わっちゃうって分かってるのにずっと好きでなんていられないよね」と、次々とキャラクターたちのせりふが流される。最後のクレジットで、俳優の反町隆史さんらが出演することが明らかになっている。

 映画は、マンガ誌「Betsucomi」(小学館)で連載された相原さんの恋愛マンガ「ホットギミック」が原作。映画「溺れるナイフ」(2016年)などの山戸監督がメガホンをとる。平凡な女子高生の成田初はある日、幼なじみの橘亮輝(清水尋也さん)に弱みを握られ、亮輝のむちゃな命令に振り回されることになった。そんな時、数年前に引っ越した幼なじみの小田切梓(板垣瑞生さん)が帰ってくる。初は自分を守ってくれる梓に引かれ、亮輝に邪魔をされながらも、付き合うことになる。だが梓にはある目的があり、さらに初は、兄・凌(間宮祥太朗さん)の秘密を知ってしまう……という展開。映画には、桜田ひよりさん、吉岡里帆さん、上村海成さんらも出演する。

 ◇山戸監督のコメント

 「ホットギミック」を映画化するにあたり、サブタイトルを、「ガールミーツボーイ」と、添えさせていただきました。恋愛物語における長らくの代名詞であった、「ボーイミーツガール」を反転する、「ガールミーツボーイ」としての芸術を、描いてみようと決めていました。自分自身の主体性を奪われる恋ではなくて、自分自身の主体性を知るための恋が、もしもこの世にあるのなら、そのようなものをこそ、今新しく生まれる青春映画に映し出してみたいという念願がありました。“ホットギミック ガールミーツボーイ”、孤独な少女の漂流譚(たん)を、ぜひ、お楽しみにされてください。

出典:YouTube

乃木坂46・堀未央奈、映画初出演で初主演 恋愛マンガ「ホットギミック」を実写化 2019年公開予定

映画「ホットギミック」で主演を務める堀未央奈さん(上)と、共演者の(下段左から)清水尋也さん、板垣瑞生さん、間宮祥太朗さん
映画「ホットギミック」で主演を務める堀未央奈さん(上)と、共演者の(下段左から)清水尋也さん、板垣瑞生さん、間宮祥太朗さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さんが、映画「ホットギミック」に主演することが9月25日、明らかになった。今作で映画初出演・初主演となる堀さんは「不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その一つ一つの撮影が本当に楽しいです」とコメントしている。映画は2019年に公開予定。

 映画は、マンガ誌「Betsucomiフラワーコミックス」(小学館)で掲載され、全12巻の販売部数累計が450万部を突破している相原実貴さんの恋愛マンガが原作。映画「溺れるナイフ」(2016年)などの山戸結希監督がメガホンをとる。

 堀さんは劇中で、3人の男性との間で揺れ動く主人公・成田初(なりた・はつみ)を演じる。3人の男性役は、初と同じマンションに住む幼なじみの橘亮輝(たちばな・りょうき)役で清水尋也さん、もう1人の幼なじみの小田切梓(おだぎり・あずさ)役で板垣瑞生さん、初の兄・成田凌(なりた・しのぐ)役で間宮祥太朗さんが出演することも発表された。

 映画は、平凡な女子高生の初はある日、幼なじみの亮輝に弱みを握られ、亮輝のむちゃな命令に振り回されることになった。そんな時、数年前に引っ越した幼なじみの梓が帰ってくる。初は自分を守ってくれる梓に引かれ、亮輝に邪魔をされながらも、付き合うことになる。だが梓にはある目的があり、さらに初は、兄・凌の秘密を知ってしまう……という展開。


 ◇相原実貴さんのコメント

 映画館で、私が作ったキャラクターたちが動く世界を見えてもらえる機会に感謝しつつ、マンガとはまた別の実写版ギミックを読者の皆さんと一緒に楽しみにしたいと思います。

 ◇山戸結希監督のコメント

 たった一人の女の子のために、マンガを描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています。なにもいいことがないと地獄のような日々を生きている、たった一人の10代の女の子が、近所のショッピングセンターの中にあるシネコンに、ふらりと劇場に迷い込んだときに、たった一回出合えるような作品にしたいと願っています。たった一人の10代の女の子へと、お手紙を書くように、この映画を撮りたいとずっと思っていました。