居眠り磐音 ニュース

<初日舞台あいさつ>松坂桃李、木村文乃から“ヒーロー”言われ照れ笑い 「何でもやります!」

映画「居眠り磐音」の初日舞台あいさつに登場した松坂桃李さん
映画「居眠り磐音」の初日舞台あいさつに登場した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんが5月17日、東京都内で行われた主演映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)の初日舞台あいさつに、女優の木村文乃さんらと登場した。作品にちなみ、「あなたにとってのヒーローは」という質問に木村さんが「これはもう松坂さん。バラエティー番組では慣れていなくて結構てんやわんやしちゃうんですけど、松坂さんとご一緒だと、すべてを完璧に穏やかにやってくださる。こんなヒーロー他にいない」と回答すると、松坂さんは「いやいやいや(笑い)。何でもやります! コントだろうが何だろうが。何事も楽しんでやれればいいなという精神で取り組んでいます」と照れ笑いを浮かべていた。


 舞台あいさつには、共演の芳根京子さん、柄本佑さん、杉野遥亮さん、石丸謙二郎さん、谷原章介さん、メガホンをとった本木監督も出席。同じ質問に松坂さんの所属事務所の後輩である杉野さんも、「松坂さんがヒーロー。頑張って同じ作品に出させていただいても、さらに先を走っている姿や、つたない僕をいつもフォローしてくれてヒーローだなと思います。ありがとうございます」と感謝を交えてコメント。

 松坂さんが、「こちらこそ。うちの事務所はそういう教育のもとでやっておりますので、いずれ杉野も後輩ができたら、そういうふうにやるようになるんじゃないでしょうか」と優しく語りかけると、そのやり取りを聞いていた、特撮ドラマ「仮面ライダー電王」などに出演した石丸さんから「お前たち本当に。仮面ライダーとか、いろいろあるだろうが」とツッコミが入る一幕もあり、会場は盛り上がっていた。

<映画紹介>「居眠り磐音」松坂桃李が時代劇初主演 心情表れる刀さばきに魅了される 木村文乃、芳根京子も出演

映画「居眠り磐音」のメーンビジュアル (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
映画「居眠り磐音」のメーンビジュアル (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 俳優の松坂桃李さん主演の映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)が、5月17日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開される。人情味あふれるエピソードと緊迫感みなぎる殺陣のシーンが盛り込まれ、緩急のある展開に引き込まれた。映画の時代劇で侍を演じるのは初めてという松坂さんの、主人公の心情が表れた刀さばきにも注目だ。

 原作は、累計2000万部を突破する佐伯泰英さんの人気シリーズ。坂崎磐音(松坂さん)は江戸での勤番を終え、幼ななじみの小林琴平(柄本佑さん)と河出慎之輔(杉野遥亮さん)と共に、3年ぶりに故郷・豊後関前藩に戻る。ところがある事件が起き、磐音は琴平の妹で許嫁(いいなずけ)の奈緒(芳根京子さん)を残し脱藩、浪人となる。江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、昼はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働く。やがて幕府が流通させた新貨幣を巡る陰謀に巻き込まれていくというストーリー。

 ほかに木村文乃さん、佐々木蔵之介さん、谷原章介さん、中村梅雀さん、柄本明さんらが出演する。

出典:YouTube
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 江戸に来てからの磐音は、はた目にはのほほんと暮らしているように見えるが、実は心に深い悲しみと後悔を宿している。自身が置かれた状況を「地獄」と表現し、それを受け入れ粛々と日々を過ごす姿は、見ていて切なくなる。と同時に、その秘めたる強さにシビれた。松坂さんの壮絶な斬(き)り合いに圧倒される一方で、対峙(たいじ)する人間への心情が表れた刀さばきと表情に魅了された。

 磐音を取り巻く女性たちにも魅力がある。磐音との祝言を目前にしながら、それがかなわなかった奈緒の決断からは、磐音を愛しているからこその女の意地が伝わり、心を動かされた。磐音をそばで見守る、長屋の大家・金兵衛(梅雀さん)の娘おこん(木村さん)もさばさばした性格が気持ちよく、共感する人は多いのではないか。

 磐音の活躍がこれ1作で終わるのは惜しい。「釣りバカ日誌」シリーズでメガホンをとったこともある本木監督で、原作もシリーズ化されている。ここは一つ、映画もシリーズ化を望みたい。(りんたいこ/フリーライター)

(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

松坂桃李、役作りでうなぎ100匹さばく 映画「居眠り磐音」メーキング映像解禁

映画「居眠り磐音」の場面写真 (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
映画「居眠り磐音」の場面写真 (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 俳優の松坂桃李さんが主演する映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)のメーキング映像が解禁された。松坂さん演じる坂崎磐音がうなぎをさばいている様子や、殺陣の練習に励む姿などが収められている。松坂さんは100匹ものうなぎをさばき、コツをつかんだという。殺陣のシーンでは、片方の草履が脱げてしまうハプニングがありながらも、本番では見事な殺陣を披露している。

出典:YouTube
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 併せて、場面写真も解禁された。江戸で浪人暮らしをする坂崎磐音(松坂さん)が、子供たちと戯れながらうなぎをさばく「昼の磐音」と、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う「夜の磐音」の2枚。二つの仕事をこなす磐音の姿が映し出されている。

 映画は、佐伯泰英さんの同名時代小説が原作。ある事件をきっかけに、2人の幼なじみを失った磐音は、祝言を控えていた婚約者の奈緒(芳根京子さん)を残し、故郷の豊後関前藩を脱藩。江戸で長屋暮らしをしながら、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀さん)の紹介で、昼はうなぎ屋、夜は両替商・今津屋の用心棒をしていた。金兵衛の娘・おこん(木村文乃さん)から好意も持たれていたが、今津屋が騒動に巻き込まれ……という展開。

<完成披露試写会>木村文乃、松坂桃李の主演ぶりを絶賛「人柄の良さに救われていた」

映画「居眠り磐音」の舞台あいさつに登場した木村文乃さん
映画「居眠り磐音」の舞台あいさつに登場した木村文乃さん

 女優の木村文乃さんが5月6日、東京都内で行われた映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)の完成披露試写会に、主人公の磐音を演じた松坂桃李さんらと登場。木村さんは、今作が時代劇初主演となった松坂さんの磐音の印象を聞かれると、「松坂さんなのか磐音なのか、というぐらいぴったりで……」と絶賛。また、「これまで何度か共演させていただいているけど、今までに見たどの背中よりも背負っているものが大きく見えたので『これはなんとか私が太陽として隣で頑張らねば』と思ったんですが、結局は松坂さんのお人柄の良さに私が救われていた感じでした」と心境を明かした。

 舞台あいさつには芳根京子さん、杉野遥亮さん、南沙良さん、石丸謙二郎さん、西村まさ彦さん、中村梅雀さん、柄本明さん、本木監督も出席。芳根さんは、松坂さんの磐音について「撮影期間より取材の時間の方が多くご一緒させていただいているけど、それでも『磐音様』というイメージがぶれない」と語り、「本当に心が温かい方だなと感謝しています」とにっこり。絶賛された松坂さんは「真っすぐな瞳で見られると、ちょっと何言っていいか分からないですね」と照れ笑いを浮かべていた。

<完成披露試写会>松坂桃李、後輩・杉野遥亮に無言の圧力? 「目線が怖かった」

映画「居眠り磐音」の舞台あいさつに登場した松坂桃李さん
映画「居眠り磐音」の舞台あいさつに登場した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんが5月6日、東京都内で行われた主演映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)の完成披露試写会に登場。新しい元号「令和」の抱負を「豊かに」と明かした松坂さんは、具体的に豊かにしたい部分を聞かれると「もっと事務所が豊かになればいいなと思います。人数少ないから、うちの事務所」と冗談めかして回答。さらに、同じ事務所に所属する杉野遥亮さんに一瞬視線を送り「後輩も含めて頑張っていただいて……」と続けると、杉野さんは「無言の圧を感じています。ギラっていう目線が怖かったです」と苦笑いを浮かべ、周囲を笑わせていた。


 舞台あいさつには木村文乃さん、芳根京子さん、南沙良さん、石丸謙二郎さん、西村まさ彦さん、中村梅雀さん、柄本明さん、本木監督も出席。石丸さんは冒頭のあいさつで、「これはパンフレットにも書いてないことなんですが……」と切り出し、今作のロケ地が大分県の本物の武家屋敷だと説明したあと、「実はその武家屋敷に、子供のころ住んでおりまして……。実家でロケをするという、珍しいケースでございました。出演者でも、知らない方は今、びっくりしております」と告白し、出演者と観客を驚かせていた。

 今作は当初、麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告の出演が決まっており、出演箇所の撮り直しや差し替えなどを経て完成。松坂さんは「皆さんの応援と支えのお陰で完成披露まで来ました。本当にありがとうございます」と感慨深げな表情で感謝の気持ちを表していた。

MISIA、映画「居眠り磐音」の主題歌担当 主演・松坂桃李も感動

俳優の松坂桃李さんが主演の時代劇映画「居眠り磐音」の主題歌を担当する歌手のMISIAさん(左)
俳優の松坂桃李さんが主演の時代劇映画「居眠り磐音」の主題歌を担当する歌手のMISIAさん(左)

 俳優の松坂桃李さんが主演の時代劇映画「居眠り磐音(いわね)」の主題歌が、歌手のMISIAさんの「LOVED」に決定し、主題歌入り本予告映像が公開された。MISIAさんは、「多くの方に愛されている この作品の映画化。その映画のエンディングで流れる歌として、この歌を選んでいただき大変うれしいです」と喜びのコメント。松坂さんは「歌詞の言葉一つ一つが『居眠り磐音』の世界観と寄り添っており感動しました」とコメントしている。

出典:YouTube

 主題歌「LOVED」は、MISIAさんの最新アルバムに収録された楽曲。公開された主題歌入り最新本予告映像では、磐音と奈緒の、それぞれを思いながらも悲しい別れを決断してしまう切ない恋模様と、MISIAさんが歌う歌詞がリンクしており、よりいっそう優しくも切ない世界観を作り出している。

 楽曲について、MISIAさんは「『LOVED』は『恋愛』をし『失恋』をし『愛』だけを心に残した人の歌です。その心を伝えられるよう大切に大切に歌いました」と説明。「松坂桃李さん演じる磐音、またこの物語に登場する人々の悲しみや切なさ、愛、そして狂おしい願いのようなものを感じられると思います。その時歌で、この素晴らしい映画の世界観を伝えるお手伝いをできていたら幸いです」とコメントしている。

 一方、楽曲を聴いて「エンドロールで流れている画(え)が瞬時に浮かんできました」という松坂さんは「『すれ違い背を向けた その数だけ愛(いと)おしくなる』という歌詞は、磐音と奈緒の悲恋を、その後の磐音が背負っているものは『痛みに学ぶ 真実抱きしめて』という歌詞に全て込められているように感じます。この曲を聴きながら撮影に臨みたかったくらいです」と話している。

松坂桃李、見事な刀さばきを披露!本予告公開

時代劇映画「居眠り磐音」の本ビジュアル(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
時代劇映画「居眠り磐音」の本ビジュアル(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 俳優の松坂桃李さんが主演の時代劇映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督、5月17日公開)の本予告映像が2月18日、公開された。映像では、昼はうなぎ屋で働く心優しい浪人であり、夜は両替屋の用心棒として悪と戦い、大切な人を守るという二面性を持つ主人公・坂崎磐音(松坂さん)が、見事な刀さばきで敵を斬るシーンなどが収められている。

出典:YouTube

 さらに、磐音の許婚(いいなずけ)・奈緒(芳根京子さん)が涙を流すシーンも収録されており、磐音の暮らしを支えるおこん(木村文乃さん)、陰謀を企てる有楽斎(柄本明さん)らも登場している。ナレーションは、先日公開された特報映像に続き、俳優の遠藤憲一さんが務めている。映画の本ビジュアルも公開された。

木村文乃、本格時代劇初出演 映画「居眠り磐音」で芳根京子とWヒロイン

時代劇映画「居眠り磐音」の出演者
時代劇映画「居眠り磐音」の出演者

 俳優の松坂桃李さんが主演の時代劇映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督、2019年5月17日公開)で、女優の木村文乃さんと芳根京子さんがダブルヒロインを務めることが11月28日、明らかになった。木村さんは本格時代劇初出演で、松坂さん演じる浪人の坂崎磐音が身を寄せる長屋の世話好きなちゃきちゃきの深川娘おこん役。芳根さんは磐音との祝言を控えながら、悲しい運命に翻弄(ほんろう)される小林奈緒を演じる。

 柄本佑さん、杉野遥亮さん、佐々木蔵之介さん、ピエール瀧さん、陣内孝則さん、谷原章介さん、中村梅雀さん、柄本明さん、石丸謙二郎さん、財前直見さん、西村まさ彦さん、橋本じゅんさん、早乙女太一さん、中村ゆりさん、波岡一喜さんらの出演も発表された。

 また同日、特報映像も公開された。松坂さん、木村さん、芳根さんら出演者が次々と映し出されるほか、松坂さんが「それがしが相手をいたそう」と刀を構える様子などが収録されている。特報のナレーションは、俳優の遠藤憲一さんが担当している。

出典:YouTube

松坂桃李が時代劇初主演 佐伯泰英の「居眠り磐音」を映画化

映画「居眠り磐音」のティザービジュアル (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
映画「居眠り磐音」のティザービジュアル (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 俳優の松坂桃李さんが、映画「居眠り磐音(いわね)」(2019年5月17日公開)で時代劇映画に初主演することが9月24日、明らかになった。原作は、51巻で累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英さんの“平成で最も売れている時代小説”シリーズ。佐伯さんの作品が映画化されるのは今回が初めて。

 昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う心優しい主人公・坂崎磐音を演じる松坂さんは「クランクイン前に殺陣や所作に加えて、うなぎさばきの練習をしてきましたが、非常に難しく心が折れそうになりました」とコメント。

 映画「空飛ぶタイヤ」などの本木克英監督がメガホンをとる。脚本は、NHK木曜時代劇「ちかえもん」を手がけ、時代劇の脚本としては初めてとなる向田邦子賞を受賞した藤本有紀さんが担当する。

 併せて、両A面になったティザービジュアルが解禁された。一つは、優しいまなざしでこちらを振り返る松坂さんの写真と、「彼は、優しさで、あなたを守る。」というキャッチコピーがあしらわれている。もう一つは、松坂さんが岩の上に腰かけ、そばにいる猫とともに穏やかにたたずむ姿がデザインされている。

 映画には、江戸勤番を終え、豊後関前藩に3年ぶりに戻った坂崎磐音と幼なじみの小林琴平、河井慎之輔の3人が登場。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁いでおり、磐音は琴平と舞の妹・奈緒との祝言を控えていた。そんな中、慎之輔が「舞が不貞を犯した」といううわさを聞き、舞を斬る。激高した琴平は慎之助を斬り、磐音は琴平を討ち取るよう命じられる。琴平を討ち取った磐音は脱藩し、江戸で浪人として暮らし始めた。江戸でうなぎ割きや両替商・今津屋の用心棒の仕事をしていた磐音だったが、今津屋が騒動に巻き込まれ、用心棒として立ち上がる……という展開。

(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会