東京喰種 トーキョーグール2

UPDATE

東京喰種 トーキョーグール2あらすじ

 映画「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」は、俳優の窪田正孝さん主演で、昨年7月に公開された実写映画「東京喰種 トーキョーグール」(萩原健太郎監督)の続編。2019年に公開。ヒロインの霧嶋董香(トーカ)を山本舞香さんが演じるほか、映画初登場となる月山習を松田翔太さんが演じる。

 「東京喰種」シリーズは、人肉を食らう怪人・喰種(グール)をテーマにした石田スイさんの人気マンガで、11~14年にマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、14年から始まった新章「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)が今年7月に発売され、完結を迎えた。コミックスは全世界累計3700万部を発行。実写映画の興行収入は11億円を突破し、世界29カ国で公開された。

 続編となる映画は、人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京が舞台。人間と喰種のハーフで大学生のカネキ(窪田さん)は、喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカ(山本さん)らとともに生活をしている。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(松田さん)が「あんていく」を訪れる。月山はカネキの「におい」に興味をもち、彼を「グールレストラン」に誘い出す……というストーリー。

 ◇窪田正孝さんのコメント

 金木と再会できて幸せに思います。スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。金木は正直扱いづらくやっかいなやつだけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。新たな東京喰種の「一肉片(いちにくへん)」の作成に精進してまいります。

 ◇松田翔太さんのコメント

 東京喰種の異様な世界にこれから浸れることをうれしく思います。監督をはじめとするスタッフの仲間や、窪田くんを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。月山が具現化するとどうなるのか、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。撮影開始が待ち遠しいですね。

 ◇山本舞香さんのコメント

 参加できてとてもうれしいです。今回、「東京喰種トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見守っていただけるとうれしいです。アクションもすごく楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。よろしくお願いします。

スタッフ

監督:萩原健太郎

東京喰種 トーキョーグール2キャスト

窪田正孝▽山本舞香▽松田翔太

東京喰種 トーキョーグール2公開日

2019年公開

実写映画「東京喰種」の続編が2019年公開 トーカ役に山本舞香

実写映画「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」キャストの(左から)山本舞香さん、窪田正孝さん、松田翔太さん
実写映画「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」キャストの(左から)山本舞香さん、窪田正孝さん、松田翔太さん

 俳優の窪田正孝さん主演で、2017年7月に公開された実写映画「東京喰種 トーキョーグール」(萩原健太郎監督)の続編「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」が2019年に公開されることが9月22日、発表された。ヒロインの霧嶋董香(トーカ)を山本舞香さんが演じるほか、映画初登場となる月山習を松田翔太さんが演じることも発表された。

 「東京喰種」シリーズは、人肉を食らう怪人・喰種(グール)をテーマにした石田スイさんの人気マンガで、11~14年にマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、14年から始まった新章「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)が今年7月に発売され、完結を迎えた。コミックスは全世界累計3700万部を発行。実写映画の興行収入は11億円を突破し、世界29カ国で公開された。

 続編となる映画は、人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京が舞台。人間と喰種のハーフで大学生のカネキ(窪田さん)は、喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカ(山本さん)らとともに生活をしている。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(松田さん)が「あんていく」を訪れる。月山はカネキの「におい」に興味をもち、彼を「グールレストラン」に誘い出す……というストーリー。

1

/1

目次