一度死んでみた あらすじ

一度死んでみたあらすじ

 映画「一度死んでみた(仮)」は、ソフトバンクのCM「ホワイト家族」シリーズや映画「ジャッジ!」「犬と私の10の約束」などの脚本を担当した澤本嘉光さんのオリジナル作品。auの人気CM「三太郎」シリーズなどを手掛けた浜崎慎治さんの映画初監督作となるコメディー映画。女優の広瀬すずさんが主演を務める。これまで青春映画や社会派作品などに出演してきた広瀬さんが、コメディー作品に出演するのは初めてで、テンション高く毒を吐きまくるハジけた主人公・野畑七瀬を演じる。広瀬さんのほか、堤真一さん、吉沢亮さんの出演も発表された。広瀬さんと堤さんが共演するのは初めて。堤さんは七瀬の父の計(はかる)、吉沢さんは計の会社の社員で存在感が薄いために“ゴースト”と呼ばれている松岡を演じる。

 デスメタルバンドでボーカルをしている女子大生の七瀬は、父の計が大嫌いな“反抗期こじらせ女子”。ライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、「計が突然死んだ」という知らせが。実は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態になっていた。2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下の松岡と共に計を生き返らせようと奔走する……というストーリー。

映画「一度死んでみた」のあらすじ