一度死んでみた ニュース

<特集>広瀬すず 新たなコメディエンヌ誕生? 映画「一度死んでみた」“こじらせデスメタル女子”に高まる期待

映画「一度死んでみた」で主演を務める広瀬すずさん (C)2020 松竹 フジテレビジョン
映画「一度死んでみた」で主演を務める広瀬すずさん (C)2020 松竹 フジテレビジョン

 映画「一度死んでみた」(3月20日公開)で主演を務める女優の広瀬すずさん。2015年、是枝裕和監督の映画「海街diary」でメインキャストに起用されて以降、若手女優のトップランナーとして走り続けてきた広瀬さんだが、本格的にコメディーに挑戦するのは今回が初となる。本作で広瀬さんは、“反抗期こじらせ中のデスメタル女子”という、これまででもっともパンチの効いたキャラクターに扮(ふん)し、クセのあるせりふや変顔もいとわないなど、見事なはじけっぷりを披露。早くも「新たなコメディエンヌ誕生」との期待が高まっている。

 広瀬さんといえば、明るく爽やかで溌剌(はつらつ)としていながらも、どこか陰も感じさせ、時として顔をのぞかせる繊細な感情表現が魅力で、恋愛・青春映画やヒューマン・社会派作品において大いに発揮されてきた。前述の「海街diary」のほか、「ちはやふる」シリーズや「怒り」「三度目の殺人」といった映画、「anone」や「なつぞら」などのテレビドラマがそれにあたり、1月17日に公開されたばかりの岩井俊二監督の最新映画「ラストレター」もここに含まれるだろう。

 しかし、「一度死んでみた」における広瀬さんは、これまでのパブリックイメージを打ち壊すように、艶やかな黒髪をピンクに染め、ハードなメタルファッションに身を包むと、デスメタルバンドのボーカルとしてライブでは観客をあおり、これでもかと言わんばかりに激しいヘッドバンギングを繰り出すなど、コメディエンヌとして全くの別の顔を見せている。

 振り返れば、宮崎あおいさん、長澤まさみさん、綾瀬はるかさん、新垣結衣さんといった数々の人気女優たちが、コメディー作品でこれまでにない役柄に挑戦する中、そのセンスを磨き、女優としての表現力や演技の幅を広げてきた。

 広瀬さんの同年代の橋本環奈さんもその一人で、コメディー界の旗手である福田雄一監督がメガホンをとった実写映画「銀魂」の神楽役で見せた“鼻ほじり”なども記憶に新しいところ。「銀魂」以降の橋本さんの快進撃を見る限り、コメディー進出は、女優が新境地を見せ、次に向けてのステップを踏む格好の場といっても過言ではないだろう。

 王道ヒロインとしての道を歩み、大河ドラマと並ぶ国民的番組である朝ドラ(「なつぞら」)ヒロインをも経験した広瀬さんの、新たな挑戦をどうかお見逃しなく。

【動画】広瀬すず「イラつくんデス!」 堤真一への不満爆発 「一度死んでみた」MV初解禁

出典:YouTube

 女優の広瀬すずさんが主演を務める映画「一度死んでみた」(3月20日公開)で、広瀬さん演じる女子大生・七瀬が所属するデスメタルバンド“魂ズ”が歌う楽曲「一度死んでみた」のミュージックビデオ(MV)が1月21日、初解禁された。ボーカル・七瀬が「デス! デス! デス! デス!」と連呼し、「うるさいデス! しつこいデス! あれしろこれしろイラつくんデス!」と父・計(堤真一さん)への不満が爆発させる楽曲を熱唱。大きく首を揺らす“ヘッドバンギング”をする姿も披露している。

映画「一度死んでみた」の場面写真(C)2020 松竹 フジテレビジョン
映画「一度死んでみた」の場面写真(C)2020 松竹 フジテレビジョン

広瀬すず 主演映画で熱唱、吉沢亮は地味なメガネ姿に… 映画「一度死んでみた」場面写真解禁

映画「一度死んでみた」の場面写真(C)2020 松竹 フジテレビジョン
映画「一度死んでみた」の場面写真(C)2020 松竹 フジテレビジョン

 女優の広瀬すずさんが主演を務める映画「一度死んでみた」(2020年3月20日公開)の場面写真が12月23日、解禁された。売れないデスメタルバンドのボーカル・七瀬を演じる広瀬さんが熱唱するシーンのほか、吉沢亮さんの地味なメガネ姿、堤真一さんの“しゃくれ仮死顔”など、出演者のコミカルな姿などが写し出されている。

(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン

リリー・フランキー、佐藤健、西野七瀬ら豪華俳優23人が出演

映画「一度死んでみた」の出演者たち(C)2020 松竹 フジテレビジョン
映画「一度死んでみた」の出演者たち(C)2020 松竹 フジテレビジョン

 女優の広瀬すずさんが主演を務める映画「一度死んでみた」(2020年3月20日公開)の追加キャストとして、リリー・フランキーさん、木村多江さん、松田翔太さん、西野七瀬さん、佐藤健さん、池田エライザさん、竹中直人さん、妻夫木聡さんら豪華俳優23人が出演することが12月2日、分かった。小澤征悦さん、嶋田久作さん、加藤諒さん、でんでんさん、柄本時生さん、前野朋哉さん、清水伸さん、城田優さん、原日出子さん、志尊淳さん、古田新太さん、大友康平さん、プロレスラーの真壁刀義選手と本間朋晃選手、宇宙飛行士の野口聡一さんも出演する。また、追加キャストが登場する動画も公開された。

 リリー・フランキーさんは計が仮死状態の時に現れる“天国の案内人”火野、小澤さんは計の秘書の渡部、嶋田さんは計が社長を務める野畑製薬のライバル会社・ワトソン製薬の社長で計を本当に亡き者にしようと企てる田辺、木村さんは計の妻で七瀬の母の野畑百合子、松田さんは野畑製薬で「2日だけ死んじゃう薬」を生み出した研究員の藤井を演じる。

 妻夫木さんは計の葬儀会場として使用されるクラウンホテルの支配人、佐藤さんは高級クラブのボーイ、池田さんは高級クラブのキャバクラ嬢のあかね、古田さんは計の元同僚、大友さんは「魂ズ」を見守る音楽ディレクターのジェームズ布袋、竹中さんは百合子のお葬式で独特なお経を披露する坊主、加藤さんは「魂ズ」を応援するオタク、でんでんさんは七瀬のアルバイト先のラーメン屋の店主、真壁選手と本間選手はワトソン製薬の手下を演じる。

 さらに、志尊さん、柄本さん、前野さん、清水さん、西野さんは野畑製薬の社員、城田さんは野畑製薬の警備員、原さんは野畑製薬の掃除のおばさんを演じ、野口さんは宇宙飛行士役で登場する。

出典:YouTube

広瀬すず、ピンクヘア&デスメタルの格好も

映画「一度死んでみた」のチラシ裏ビジュアル(C)2020 松竹 フジテレビジョン
映画「一度死んでみた」のチラシ裏ビジュアル(C)2020 松竹 フジテレビジョン

 女優の広瀬すずさんが主演を務める映画のタイトルが「一度死んでみた」に決定し、2020年3月20日に公開されることが9月20日、分かった。同時に特報映像と第1弾のポスタービジュアル、チラシ裏のビジュアルも公開された。広瀬さんがヒロイン・七瀬を演じるため、髪を半分ピンクに染め全身“デスメタル”の衣装に身を包んだ姿と、人差し指を上に突き出した“デスポーズ”も披露している。

 予告映像では、広瀬さんが「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫んだり、デスポーズやキレのあるハイキックを披露している。また、ユニークな顔で死んでいる計、七瀬と松岡が計を生き返らせるために奔走するシーンなどが収められている。

(C)2020 松竹 フジテレビジョン
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
出典:YouTube

広瀬すず、コメディー初挑戦 堤真一&吉沢亮も出演 「三太郎」シリーズ監督作品で

映画「一度死んでみた(仮)」に出演する(左から)吉沢亮さん、広瀬すずさん、堤真一さん
映画「一度死んでみた(仮)」に出演する(左から)吉沢亮さん、広瀬すずさん、堤真一さん

 女優の広瀬すずさんが、auの人気CM「三太郎」シリーズなどを手掛けた浜崎慎治さんの映画初監督作となるコメディー映画「一度死んでみた(仮)」で主演を務めることが9月10日、明らかになった。これまで青春映画や社会派作品などに出演してきた広瀬さんが、コメディー作品に出演するのは初めてで、テンション高く毒を吐きまくるハジけた主人公・野畑七瀬を演じる。広瀬さんのほか、堤真一さん、吉沢亮さんの出演も発表された。広瀬さんと堤さんが共演するのは初めて。

 「一度死んでみた(仮)」は、ソフトバンクのCM「ホワイト家族」シリーズや映画「ジャッジ!」「犬と私の10の約束」などの脚本を担当した澤本嘉光さんのオリジナル作品。堤さんは七瀬の父の計(はかる)、吉沢さんは計の会社の社員で存在感が薄いために“ゴースト”と呼ばれている松岡を演じる。

 大学生の七瀬は、製薬会社社長で父の計と二人暮らし。研究に没頭する仕事人間で母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は「一度死んでくれ!」と、日々毒づいていた。ある日、計が本当に“一度死んでしまう”。実は、計の会社で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだった。計の会社を乗っ取ろうとする計画が企てられていると知り、真犯人をあぶりだすための秘策だったが、事情を知らず動揺する七瀬の前に、計が”おばけ”となって現れ……と展開する。