楽園 あらすじ

楽園あらすじ

 映画「楽園」は、映画化された「悪人」「怒り」などで知られる吉田修一さんの小説「犯罪小説集」(KADOKAWA)が原作。俳優の綾野剛さんが主演を務め、女優の杉咲花さんと、俳優の佐藤浩市さんも出演する。綾野さんと佐藤さんが出演した映画「64-ロクヨン-」などで知られる瀬々敬久監督が、メガホンをとる。

 映画は犯罪をめぐる“喪失”と“再生”を描くヒューマンサスペンス。ある夏の日、Y字路で幼女・愛華の誘拐事件が発生。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うことになった。事件から12年後、高校を卒業した紡(杉咲さん)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、紡はリサイクル品を販売している孤独な男性・豪士(綾野さん)と出会う。そして祭り当日、12年前と同じY字路で再び少女の行方不明事件が発生し、犯人と疑われた豪士は、驚きの行動に出るのだった……。それから1年後、東京で働いていた紡は祭りの前日に帰省し、養蜂を営む善次郎(佐藤さん)と出会う。ある日、善次郎が計画した村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分になってしまった善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する……というストーリー。

映画「楽園」のあらすじ