斬、 あらすじ

斬、あらすじ

 映画「斬、」は、塚本晋也監督が手がけた完全オリジナル作品。物語の舞台は、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期で、人を斬ることに苦悩する一人の浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。浪人の杢之進(池松壮亮さん)は隣人のゆう(蒼井優さん)らと穏やかに暮らしていたが、ある日、剣の達人の澤村(塚本監督)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱への参戦を誘う……というストーリー。第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されたほか、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀音楽賞を受賞した。

「斬、」あらすじは