デイアンドナイト ニュース

<インタビュー>清原果耶 注目の若手女優を救った山田孝之の言葉 「芝居に集中できる現場だった」と感謝も

インタビューに応じた清原果耶さん
インタビューに応じた清原果耶さん

 俳優の山田孝之さんがプロデューサーに専念した映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督)で、約500人の中からオーディションでヒロインの奈々役を勝ち取った清原果耶さん。昨年、NHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」で初主演を務めるなど注目の若手女優だ。そんな清原さんが「最後までつかめなかった」と語っていた難役を、どのように形作っていったのだろうか……。

 ◇どこから手を付けていいのか全く分からなかった

 清原さんが演じた奈々は、児童養護施設で暮らす女の子。「人間の善と悪」というテーマの下、自殺した父の復讐(ふくしゅう)へと駆り立てられる主人公・明石(阿部進之介さん)や、孤児たちのためなら犯罪も厭(いと)わない養護施設のオーナー北村(安藤政信さん)らと、微妙な距離感で対峙(たいじ)する役柄だ。
 
 以前のインタビューで「役と向き合っている時間が幸せ」と話していた清原さん。奈々という役は、大いなるチャレンジになったのではないだろうか。「奈々という役を作ろうと考えた時、どこから手を付けていいのか全く分からなかった。できることといえば、いただいた台本をしっかり読み込んで現場に行くことぐらい」と悩み抜いた胸の内を明かす。

 清原さんは「役を自分の中に落とし込んで理解していく上で、せりふを読んでいて『この子はこんな言葉は言わないのではないか』と感じた時は、しっかり疑問を投げ掛けるタイプ」とも語っていた。この作品では、せりふに違和感を感じたことがほとんどなかったという。

 ◇山田孝之は「気負わず素直に表現してもらえればいい」と…

 ラストに近い場面で、台本にはないシーンを追加しようというプランが浮かび上がったことも。藤井監督、山田プロデューサーらスタッフとじっくりとディスカッションをし、いろいろなアイデアを出し合い、「何が正解か分からない」中、妥協することなく突き詰めていったという。

 最後まで奈々という役をつかめなかったという清原さんは、撮影期間中に対談した山田プロデューサーの言葉で救われたといい、「私が悩んでいる時、『気負わず素直に表現してもらえればいい。演じている清原さんは奈々にしか見えないから』という言葉を掛けていただきました」と告白。「そこから不安な気持ちは取り除かれ、最後までお芝居に集中できたんです」と明かす。

スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)

 ◇素顔は「すごく負けず嫌い」 オーディションでは「自分を追い詰めて」 

 清原さんは、役を射止めたオーディションでのことを「台本の一部分のシーンを渡され、お芝居をして、質疑応答、というオーソドックスなものでした」と振り返る。山田さんは「圧倒的な表現力にほれ込んだ」と才能を評価していたという。清原さんが芸能界入りしたのも、現在の所属事務所が行った新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」で、応募者3万人超の中からグランプリを獲得したことがきっかけだった。

 「オーディションに臨む時は、自分を追い詰めて、役の魅力をどうやったら出せるかということに向き合っています。先のことは考えず、ただ必死にやるだけです。それでももちろん、落ちることはたくさんあります。私はすごく負けず嫌いなので、落ちたら凹みますし、すごく泣きます。でも泣いていても何も変わらないので、次に進むために前を向きます。その切り替えはできる方だと思います」

 ◇みずみずしい歌声披露も レコーディングで「悔しさや疑問がとめどなく」

 劇中の演技はもちろんだが、今回は「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが作詞・作曲した主題歌「気まぐれ雲」で歌唱を担当し、みずみずしい歌声を披露していることも話題。「まさか自分が出演作品の主題歌を歌わせていただく機会があるなんて思っていなかったので、単純にうれしかった」と笑顔を見せるが、レコーディング当日は、自身がイメージしていた声を出せず、すごく落ち込んでしまったという。

 それでも「歌うことや音楽はすごく好きなので『なんでうまくいかないんだろう』という悔しさや疑問がとめどなく湧いてきて、いろいろな感情を知ることができた一日でした」と前を向く。

 芝居だけではなく、歌うことでもさまざまな感情の動きがあったという本作。「人間の善と悪」という非常に抽象的かつ難解なテーマが描かれているが「この作品に出てくるキャラクターたちは、みな自分の行動が正義だと信じ、奥底にある気持ちをリアルにさらけ出しています。私はまだ、善悪を決められるほどの人生経験はありませんが、ぜひ同世代の人々にも見ていただき、何かを感じてほしい」と訴えかけていた。(磯部正和/フリーライター)

スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
スタイリスト:井阪恵(dynamic) ヘアメーク:面下伸一(FACCIA)
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会

<初日舞台あいさつ>山田孝之、“役者ならでは”のプロデューサーぶりを俳優陣が絶賛

映画「デイアンドナイト」の初日舞台あいさつに登場した山田孝之さん
映画「デイアンドナイト」の初日舞台あいさつに登場した山田孝之さん

 俳優の山田孝之さんが1月26日、東京都内で行われた、自身がプロデュースを務めた映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督)の初日舞台あいさつに主演の阿部進之介さんや安藤政信さんらと登場した。山田さんは「脚本開発が一番回数も重ねて時間も割いていた。思い返すと、何回も脚本会議をやって、(会議を終えて)外に出たら『また朝だ』というのを何回迎えたかな、というのが出てくる」としみじみ。「撮影が始まってからはすごいスピードで今日まで来ちゃって……感無量です」と心境を明かした。

 今作でプロデューサーを務めた山田さんについて、阿部さんは「役者がどうやったら役に集中できるか、そこに重きを置いて調整してくれた。そういう配慮は役者の気持ちを理解できないとできない」と絶賛し、安藤さんも「ほぼ毎日現場にいてくれるんですよ。存在感は隠していたとしても、やっぱり隠し切れないオーラはあって。たぶん全部の役をやれば全部彼がいいというぐらいの存在だから、役者としてはすごくプレッシャーがかかる。だけどそれが力になり『もっとやってやる』というテンションに持っていけた」と振り返った。

 プロデューサーぶりを絶賛された山田さんは「間近で俳優さんたちの本気のお芝居を見てとても感動しまして、俳優って素晴らしいんだな、俳優ってかっこいいんだな、もっと俺も自信を持って、これから(自分のことを)俳優って言っていこうと思いました」とコメント。それを受けて阿部さんは「撮影中、(山田さんが)帰り道に僕の方に寄ってきて『客観的にプロデューサーとして見て、本当に役者って素晴らしいなと思った』と言ってくれて。それはすごくうれしかったですね」と振り返っていた。
 
 会見には、清原果耶さん、藤井監督も出席。人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが作詞・作曲・プロデュースを担当した主題歌「気まぐれ雲」を歌っている清原さんは、「レコーディングのときはくよくよしっぱなしで、声も出ないし思ったように歌えないし、どうしたらいいんだろうってたくさん悩みました」と明かしつつ、最後には「楽しかったです」と笑顔を浮かべた。

<映画紹介>「デイアンドナイト」 山田孝之プロデュース、鍵を握る少女に清原果耶 善悪を考えさせられる力作

映画「デイアンドナイト」の場面写真 (C)「デイアンドナイト」製作委員会
映画「デイアンドナイト」の場面写真 (C)「デイアンドナイト」製作委員会

 俳優の山田孝之さんが初の全面プロデュースに徹した「デイアンドナイト」(藤井道人監督)が、1月26日からシネマート新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。長編映画初主演の阿部進之介さんが、自身の企画を藤井監督に打診したことから作られた映画。正義とは、悪とは、その境目はどこなのか、など深く考えさせられる。

 地方にある町工場の社長が死んだ。東京の居酒屋で働いていた息子の明石幸次(阿部さん)は、訃報で帰郷する。父の死の真相を探りながら、父の遺した負債のために金策に走る明石の前に、ある日、児童養護施設のオーナー、北村(安藤政信さん)が現れる。北村の計らいで施設の厨房を任された明石は、北村が孤児たちを養うために非合法な手段で金を稼いでいることを知り……。明石が心を通わせる、施設で暮らす少女、奈々を清原果耶さんが演じ、ほかに田中哲司さん、小西真奈美さんらが出演している。山田さんは出ていない。

(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会

 マンガや小説の映画化が相次ぐ中、脚本は完全オリジナルだ。山田さんが藤井監督、小寺和久さんと共に4年かけて書き上げたという力作。誠実だからこそ善と悪の境界戦を踏み越えてしまう明石を、阿部さんが盤石な演技で表現し、心をひりつかせる。山田さんが、その表現力にほれ込んだという清原さんの、透明感と愁いを帯びた表情にも魅了された。

 作品のテーマが、心に重くのしかかる。正義を貫こうとした人間が悪に染まらざるを得なくなるという展開は、見ていて身につまされた。たとえそれが悪事でも、得をする人間が多ければ正義になるというのは理不尽極まりないが、今の社会を見回すと、承認せざるを得ない。そんな中にあって、明石が奈々と厨房で交わす言葉が、心に温もりをもたらす。とりわけ、明石が奈々に、「誕生日の献立は何がいいか」と尋ねた時のほのぼのとした雰囲気には救われた。(りんたいこ/フリーライター)

(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
出典:YouTube

清原果耶、山田孝之プロデュース映画の主題歌うたう 主題歌は“RAD野田”がプロデュース

映画「デイアンドナイト」の主題歌をうたう清原果耶さん(左)とプロデュースした「RADWIMPS」の野田洋次郎さん(C)「デイアンドナイト」製作委員会
映画「デイアンドナイト」の主題歌をうたう清原果耶さん(左)とプロデュースした「RADWIMPS」の野田洋次郎さん(C)「デイアンドナイト」製作委員会

 女優の清原果耶さんが、俳優の山田孝之さんがプロデュースした映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督、2019年1月26日公開)の主題歌「気まぐれ雲」を歌うことが12月6日、明らかになった。同曲は人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが作詞・作曲・プロデュースを担当し、清原さんは同映画で演じる大野奈々名義で歌う。また、同作の本予告映像も公開された。

 主題歌は、山田さんが野田さんにオファーしたという。野田さんは「この映画に参加している人たちが実直に、素直に、やり切っていることが作品から伝わってきたし、ストーリーも面白く、是が非でも参加したい、力になりたいと思いました」とオファーを受けた理由を説明。主題歌については「いい作品だからこそ、負けないくらい、いい曲にしたいと思ったし、最後に流れる曲なので、映画を見た人が、何度も何度もこの映画を自分の中で反芻(はんすう)できる曲であってほしい、一生懸命生きている登場人物たちの姿がよみがえってきてほしいと思いました」とコメント。

 主題歌のボーカルは、山田さんと野田さんが話し合いを重ねる中、「映画のヒロインはどうか」という野田さんの提案がきっかけで清原さんが抜てきされた。主題歌を初めて担当する清原さんは「とても驚きました。私自身、音楽に支えられ、たくさんの影響を受けて生きてきたので、そんな大切で揺るぎない存在に、今回お仕事として関わるということに、感じたことのない不安や少しの恐怖すら覚えました。ですが、私がこの作品を愛し温めてきたことにうそはないという思いを握りしめ、こんなにすてきな機会を与えてくださった山田さんや野田さんはじめスタッフの皆さんに感謝し、私が出せる全力を尽くしたい、と挑戦させていただきました」と語っている。

 清原さんは、歌う時に大切にしていたこととして、「言葉や音楽は聴いた人それぞれの捉え方があるので、なるべく素直に、真っすぐに。奈々の生き方を思い出しながら歌えればと」といい、「毎日ノートに歌詞を書き出しました。大野奈々として歌う。それ以前に歌は自分の経験や個性が色づいてしまうものだと思うので、野田さんがつむいでくださったこの歌詞を自分の言葉として歌えるようにと考えて、そういったことも取り入れながら練習しました」と歌詞を覚えるまでの苦労を告白。レコーディングを終えて「なんとか無事に終わって良かったです」と安堵(あんど)の表情を浮かべたという。

 山田さんは、野田さんに主題歌を託したことについて「DAY AND NIGHTの物語は奈々で終わります。しかし奈々の人生はこれからも続きます。これを表現するため、洋次郎に『奈々の気持ちになって歌詞を書いてほしい』と伝えました。彼はミュージシャンとしてはもちろん、芝居をする人間としても一流の表現者です。彼にお願いすれば奈々の気持ちと寄り添い、奈々の言葉として歌詞を書いてくれると思いました」と振り返っている。ボーカルにヒロインを抜てきするという野田さんの提案については「これ以外にないと思いました」とコメントしている。

出典:YouTube

清原果耶、プロデューサー山田孝之が「専属契約を結びたい」と大絶賛 <完成報告会見>

映画「デイアンドナイト」の完成報告会見に参加した清原果耶さん(左)とプロデューサーを務めた山田孝之さん
映画「デイアンドナイト」の完成報告会見に参加した清原果耶さん(左)とプロデューサーを務めた山田孝之さん

 女優の清原果耶さんが10月5日、東京都内で行われた映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督、2019年1月26日公開)の完成報告会見に、山田孝之さんらと共に出席。今作にプロデューサーとして参加した山田さんは、オーディションで抜てきされた清原さんについて「書類選考から500人以上の方が参加していただき、単純に清原さんが1シーン演じた時に、圧倒的に(役名の)奈々だったんです。見つけたっていう喜びと、奈々というキャラクターをくみ取ってくれた喜び。素晴らしかったです。僕は専属契約を結びたいと、ずっと思っています」と大絶賛。山田さんの言葉に、清原さんは照れ笑いを浮かべていた。

 昨年11月、秋田県内で撮影した。秋田県での思い出を聞かれた清原さんは「ご飯がおいしかったという思い出が、温かく心に残っています。地元の炊き出し隊がおいしいご飯を作って、『お疲れ様です』って迎えてくれたのが、癒やしと支えになっていました」とにっこり。撮影現場は「撮影時の記憶があまりないぐらい、毎日体当たり、タックルみたいな、感情的な撮影をしていて。この作品に向けて、そのぐらい大きな熱量をもっていた記憶はあるので、すてきなことだと思います」と答えていた。

 会見には、企画を担当し、主演を務める阿部進之介さんのほか、安藤政信さん、藤井監督も出席した。

山田孝之、俳優業に危機感「変な仕事ばかりしていて…」 プロデューサーとして参加<完成報告会見>

映画「デイアンドナイト」」の完成報告会見に参加した山田孝之さん
映画「デイアンドナイト」」の完成報告会見に参加した山田孝之さん

 俳優の山田孝之さんが10月5日、東京都内で行われた映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督、2019年1月26日公開)の完成報告会見に参加。今作でプロデューサーを務めた山田さんは「最近、変な仕事ばかりしていて、俳優として危機的状況に陥り、自ら映画を作れば存続できるじゃないかなと思い、阿部(進之介)ちゃんと藤井くんが企画を練っている中、なんとか入り込みました。ただキャスティングされず、プロデューサーとしてしがみついてこの場にいます」とジョークを交えて語り、周囲を沸かせていた。

 会見には、企画を担当し、主演を務める阿部さんのほか、安藤政信さん、清原果耶さん、藤井監督も参加。安藤さんは「そのときちょうど、映画やドラマが立て込んでいて、挑戦的な1年だったんですよ。『コード・ブルー』から始まって、『きらきら眼鏡』『STILL LIFE OF MEMORIES(スティルライフオブメモリーズ)』。『コード・ブルー』は出していただいてありがたくて、あれでまた全国区に返り咲いた、『生きていた』っていう生存確認になって感謝しているんですけど、もっとやれたという思いを持って、(ロケ地の)秋田に向かいました」と語った。

 今作は「悪と正義」をテーマに、山田さんと阿部さん、藤井監督が4年間かけて脚本を練ったという。山田さんは「若いチームで粗削りな部分もたくさんありますけど、素晴らしいキャスト、スタッフ、皆さんの力で残る映画になったと思っていて、皆さんに感謝です。あと、『コード・ブルー』に感謝」と話して周囲を笑わせた。阿部さんは「『善と悪はどこからやってくるのか』というテーマを投げかけています。この映画をきっかけに、多くの人に考えていただいて、感じていただいて、話し合ってくれるとうれしいです」と呼びかけていた。

 映画は、父(渡辺裕之さん)が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部さん)が主人公。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた崩壊寸前だった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤さん)が手を差し伸べる。孤児を父親同然で養うかたわら、「子供たちを生かすためなら犯罪をもいとわない」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に明石は魅せられていく。そんな明石を奈々(清原さん)は案じていたが、明石は次第に復讐(ふくしゅう)心に駆られ、善悪の境を見失っていく……というストーリー。

=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影
=2018年10月5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で石塚功撮影

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」に安藤政信、清原果耶らが出演 特報映像も公開

映画「デイアンドナイト」のポスタービジュアル (C)「デイアンドナイト」製作委員会
映画「デイアンドナイト」のポスタービジュアル (C)「デイアンドナイト」製作委員会

 俳優の山田孝之さんがプロデュースし、阿部進之介さんが主人公・明石幸次役を演じる映画「デイアンドナイト」(藤井道人監督、2019年1月26日公開 )に安藤政信さん、清原果耶さん、田中哲司さんらが出演することが8月2日、明らかになった。小西真奈美さん、佐津川愛美さん、渡辺裕之さん、室井滋さん、深水元基さん、藤本涼さん、笠松将さん、池端レイナさん、山中崇さん、淵上泰史さんも出演することが発表された。ポスタービジュアルと特報も公開された。

 安藤さんは児童養護施設のオーナーの北村健一、清原さんは児童養護施設で生活をしている大野奈々、田中さんは明石の父を死に追い込むきっかけを作った大手企業の社員の三宅良平、小西さんは北村の犯罪行為に手を貸す寡黙な女性、佐津川さんは児童養護施設のスタッフ、渡辺さんと室井さんが明石の両親を演じる。

 映画は、山田さんがプロデュース、阿部さんが企画・原案を担当。山田さんは一切出演しないといい、脚本の会議を自ら定期的に主催。また、ロケ地の交渉やロケハン、オーディションの審査などを担当した。

 物語は、父(渡辺さん)が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部さん)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた崩壊寸前だった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤さん)が手を差し伸べる。孤児を父親同然で養うかたわら、「子供たちを生かすためなら犯罪をもいとわない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石。そんな明石を案じる奈々(清原さん)。しかし明石は次第に復讐(ふくしゅう)心に駆られ、善悪の境を見失っていく……というストーリー。

 ◇安藤政信さんのコメント

 (山田)孝之が初めて挑戦する作品に俺を誘ってくれたこと。藤井さんという若く、才能あふれる監督に会えたこと、幸せです。

 ◇清原果耶さんのコメント

 この度、大野奈々役で出演させていただくことになりました。清原果耶です。オーディション当時、初めはなかなかつかめなかった彼女の揺らめきが私自身と重なる部分があり、彼女の理解者でありたいという思いがどんどん膨らんでいったのを覚えています。思うがままに、時には粗削りに演じた奈々を受け止めてくださった阿部さん、山田さん、藤井監督をはじめキャスト・スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。この映画が「善と悪の根源」について見てくださった方に問いかけます。よろしくお願いいたします。

(C)「デイアンドナイト」製作委員会
(C)「デイアンドナイト」製作委員会
出典:YouTube