ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション ニュース

小清水亜美、「エウレカセブン」劇場版主題歌に「泣きそうになっちゃって」 三瓶由布子も涙 <公開記念イベント>

劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の公開記念イベントに登場した(左から)三瓶由布子さん、名塚佳織さん、小清水亜美さん、RUANNさん
劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の公開記念イベントに登場した(左から)三瓶由布子さん、名塚佳織さん、小清水亜美さん、RUANNさん

 人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)の公開記念イベントが11月11日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開かれ、アネモネ役の小清水亜美さんが登場。現役中学生のRUANNさんが主題歌「There’s No Ending」を熱唱し、感想を聞かれた小清水さんは「10代のころアネモネと出会って演じ、今歌を聴いて泣きそうになっちゃって……」と明かしていた。

 イベントには、エウレカ役の名塚佳織さん、レントン役の三瓶由布子さん、京田監督も登場。同じく主題歌の感想を求められた三瓶さんは涙を浮かべた。小清水さんと名塚さんは「(私たちも感動して泣きたいけれど)大人は我慢したんだよ」と話しかけてフォロー。三瓶さんは「(曲が)好きです」と懸命にコメントしていた。

 同作について小清水さんは「(劇場版)3部作の1本でアネモネという看板をいただけたことが夢のようです。ずっとエウレカセブンを好きでいてくれたら」とアピールしていた。

<映画紹介>「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン」 舞台は東京 主人公はアネモネ 新しくも懐かしく

劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメ第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)が新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで11月10日公開。これまでの「エウレカセブン」と設定ががらりと変わり、東京が舞台。人気キャラクターのアネモネが主人公として登場する。

 「エウレカセブン」は、世界を揺るがせた大災害「サマー・オブ・ラブ」で、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。3部作で第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。

 アネモネは石井・風花・アネモネという名前となり、父・石井賢も登場する。アネモネは人類の敵である7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦うための組織・アシッドの一員。ホワイトルームという施設で、エウレカセブンの中に意識、精神を送り込まれる。ここまでを読むと「エウレカセブン」とは別の作品と感じるかもしれない。

 しかし、公開中の予告映像にエウレカやドミニクも登場していることからも分かる通り、これまでの作品とつながっている。テレビアニメの放送開始から約13年がたち、子供だった昔のファンも大人になり、時代もライフスタイルも変わった。過去の作品をただ焼き直すのではなく、今の時代だからこそできることに挑戦しながら、リブートしていることが随所にうかがえる。

 テクノが流れるバトルシーンをはじめ、シンセサイザーやリズムマシンの名機をモチーフにしたデザイン、専門用語など「これぞエウレカセブン!」という要素は変わらない。ネタバレになるので詳細は書けないが、“あの人たち”による名曲のカバーが挿入歌として流れるのにも驚かされた。新しいが、懐かしくもある作品に仕上がっている。(小西鉄兵/MANTAN)

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
出典:YouTube

小清水亜美「エウレカセブン」新作のアネモネにソワソワ 知っているキャラクターだけど… <完成披露舞台あいさつ>

「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の完成披露舞台あいさつに登場した(左から)三瓶由布子さん、小清水亜美さん、名塚佳織さん
「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の完成披露舞台あいさつに登場した(左から)三瓶由布子さん、小清水亜美さん、名塚佳織さん

 人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメ第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督、11月10日公開)の完成披露舞台あいさつが11月6日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、第2弾の主人公・アネモネ役の小清水亜美さんが登壇した。第2弾では、アネモネが石井・風花・アネモネという名前となり、父・石井賢も登場するなど新たな設定となり、小清水さんは「私たちが知っているキャラクターだけど、新しい顔が見られて、新鮮さと懐かしさが一気に押し寄せてきました。石井・風花・アネモネというの名前を言う時、ソワソワします」と話した。

 エウレカ役の名塚佳織さんは「いろいろやらせていただいてきた中でも、また新たな展開。夢にも思わなかった。すてきな友情物語になっています。レントンは、どうなっているんだろう……。いいところに出ています」とコメント。第1弾の主人公・レントン役の三瓶由布子さんは「タイトルがアネモネですからね。アネモネは人気があって、愛されているんだなと改めて感じています」と語った。

新作劇場版は「長く続けるためのリブート」 より共感できるアネモネに 渡辺プロデューサーに聞く

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメ第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)が11月10日公開。これまでの「エウレカセブン」と設定ががらりと変わり、東京が舞台。人気キャラクターのアネモネが物語の軸になることが話題になっている。アニメを手がけるボンズの渡辺マコトプロデューサーによると、同シリーズを「長く続くタイトルにするため」に設定を大きく変えたという。渡辺プロデューサーに「ANEMONE」について聞いた。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 ◇親子や人と人の関わりを描きたい

 「交響詩篇エウレカセブン」は、世界を揺るがせたサマー・オブ・ラブで、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、ゲッコーステイトと塔州連邦軍との戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 新たな劇場版アニメは、京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。3部作で第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。

 新作劇場版の企画当初から第2作「ANEMONE」は、アネモネを中心としたストーリーになることが決まっていた。渡辺プロデューサーは「アネモネにより共感していただけるようにしたかった」と考えていたという。「(テレビアニメが放送された)12年前、アネモネはピーキーな(とんがった)キャラクターだったかもしれません。新作は普通の女の子として描かれる。性格が変わっているところもあります。監督の演出によって、キャラクターの感情を前に出して、より感情移入できるようになっています」と話す。

 アネモネは、石井・風花・アネモネという名前で、父・石井賢も新たに登場する。アネモネは早くに母を亡くし、幼い時に父もエウレカセブンと戦うために出征し、帰らぬ人となる。強気な振る舞いで、孤独な自分を守りながら成長する。「監督としては、今は大人がだらしないところもあり、ちゃんとした大人を描きたい、親子や人と人の関わりを描きたかった」という思いがあったという。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 ◇これまでの焼き直しで満足できるのか?

 「ANEMONE」の舞台は東京となり、設定はこれまでの「エウレカセブン」と大きく異なる。アネモネは東京で、人類の敵である7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦うための組織・アシッドの一員として登場する。設定を大きく変えたのは「ファンの方がこれまでの焼き直しで満足できるのか?」と考えたからだ。

 「東京を舞台とするのは監督のアイデア。びっくりしましたが、作品が生まれ変わるのであれば、そこまでやらないといけない。新しい作品を作っている感覚です。『エウレカセブン』を今後も長く続くタイトルにするためのリブート(再起動)なんです。続きを作れるようなものにしたかった。これまでのファンを大事にしつつ、さらにファン層を広げたい」と決断した。

 渡辺プロデューサーは、リブートによって進化した「ANEMONE」について「ぜいたくな作品です。主題歌、挿入歌などは『これがエウレカだよね!』という曲の使い方をしています。古いわけではないのですが、懐かしさもあります」と自信を見せる。劇場版は3部作で、第3作の公開も控えている。次作でも驚きの展開が待っているかもしれない。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

ガリバーが編集部来訪 新作劇場版「ANEMONE」アピール

MANTANWEB編集部を訪れた「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のガリバーの着ぐるみ
MANTANWEB編集部を訪れた「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のガリバーの着ぐるみ

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)が11月10日に公開されることを記念して、アネモネが好きなキャラクターでアニメでも活躍するガリバーの着ぐるみが10月31日、MANTANWEB編集部を訪れた。ガリバーは編集部員に新作のチラシを配り、アピールした。

劇場版第2弾公開記念で特番放送 小清水亜美、名塚佳織が登場

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の特別番組の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の特別番組の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)が11月10日に公開されることを記念した特別番組が同4日にTOKYO MX、MBS、BS11で放送されることが18日、明らかになった。

 特別番組では、主人公・アネモネ役の小清水亜美さん、エウレカ役の名塚佳織さんが登場し、新作について語る。初公開となる映像も放送される。

 新たな劇場版アニメは、京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんらテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。第1弾「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。第2弾は、父を亡くしたアネモネが、7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦う姿を描く。

「交響詩篇エウレカセブン」劇場版第2弾でアネモネがエウレカセブン内にダイブ ダイブスーツのビジュアル公開

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のアネモネのダイブスーツ姿のビジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のアネモネのダイブスーツ姿のビジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督、11月10日公開)に登場するアネモネのダイブスーツ姿のビジュアルが10月12日、公開された。アニメには、世界各所に出現したエウレカと呼ばれる謎の存在と戦うための唯一の手段、ダイブシステムが登場。アネモネは、ダイブスーツと呼ばれる専用スーツを着用し、東京に現れたエウレカセブン内にダイブすることになる。

 京田監督は「早くに母親を亡くした彼女(アネモネ)は、7歳の時に父も失います。父は、エウレカセブンを止める作戦に参加して帰らぬ人となったんです。そして、7年が経過し、今度はアネモネ自身が作戦に参加し、エウレカセブンの“中”へと意識をダイブさせることになります。この映画は、そんなアネモネの“喪の仕事”を描きます」とコメントを寄せている。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

「交響詩篇エウレカセブン」新作劇場版アニメ第2弾のメカビジュアル公開 アネモネ搭乗機type the ENDも

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」に登場するニルヴァーシュ type the END(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」に登場するニルヴァーシュ type the END(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(11月10日公開)に登場するメカのビジュアルが10月10日、公開された。

 公開されたのは、ニルヴァーシュ type the END、ニルヴァーシュ type ZERO、ニルヴァーシュ type ZERO spec2、SH-101の4体。京田知己監督によると「メカはこれまで通り手描きで、メカ班がいい意味でとんでもないカットを描いてくれています」といい、アネモネの搭乗機であるtype the ENDも活躍するという。

 「交響詩篇エウレカセブン」は、世界を揺るがせた大事件サマー・オブ・ラブで、父で英雄のアドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、ゲッコーステイトと塔州連邦軍との戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 新たな劇場版アニメは、京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。第1弾「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。第2弾は、父を亡くしたアネモネが、7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦う。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

新作劇場版アニメ第2弾の新ビジュアル公開 アネモネとエウレカが扉から飛び出す

劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のビジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のビジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(2018年11月10日公開)の新たなビジュアルが9月26日、公開された。扉から飛び出すアネモネとエウレカが描かれている。

 アネモネがエウレカセブンの中で発見するレントン、エウレカセブンにダイブしたアネモネを助けるドミニク、特殊潜入部隊IAG303のミーシャ・ストラヴィンスカヤ隊長などのキャラクター設定画も公開された。また、現役中学生のRUANNさんが主題歌「There’s No Ending」を歌うことも分かった。

 「交響詩篇エウレカセブン」は、世界を揺るがせた大事件サマー・オブ・ラブで、父で英雄のアドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、ゲッコーステイトと塔州連邦軍との戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 新たな劇場版アニメは、総監督の京田知己さん、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。第1弾「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。第2弾は、父を亡くしたアネモネが、26億人を死に至らしめた7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦う。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

「交響詩篇エウレカセブン」新作劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が11月10日公開 舞台は東京 アネモネが戦う

劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のティザービジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のティザービジュアル(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の新たな劇場版アニメ第2弾「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が、2018年11月10日に公開されることが7月19日、明らかになった。第2弾は、父を亡くしたアネモネが、26億人を死に至らしめた7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦う。東京が舞台で、業火に包まれた東京の上空に舞い降りるニルヴァーシュが描かれたビジュアル、エウレカセブンとニルヴァーシュが戦う特報も公開された。

 「交響詩篇エウレカセブン」は、世界を揺るがせた大事件サマー・オブ・ラブで父で英雄のアドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、ゲッコーステイトと塔州連邦軍との戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 新たな劇場版アニメは、総監督の京田知己さん、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。第1弾「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年9月に公開された。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
出典:YouTube