マチネの終わりに あらすじ

マチネの終わりにあらすじ

 映画「マチネの終わりに」は、芥川賞作家・平野啓一郎さんの恋愛小説(毎日新聞出版)が原作。歌手で俳優の福山雅治さんと女優の石田ゆり子さんが、初共演する。日本・パリ・ニューヨークを舞台にした大人のラブストーリーで、福山さんは主人公の天才クラシック・ギタリストを演じる。平野さんの作品が映像化されるのは、今回が初。2019年11月1日公開。

 映画は、渡辺淳一文学賞を受賞した同名小説が原作。天才ギタリストとして名をはせるも、現状の演奏に満足ができずに、自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える、天才クラシック・ギタリストの蒔野聡史(福山さん)と、フランスの通信社に所属するジャーナリストの小峰洋子(石田さん)の40代の2人が、6年間でたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく物語。福山さん主演の「ガリレオ」シリーズや、映画「昼顔」などを手がけた西谷弘さんが監督を務める。

映画「マチネの終わりに」のあらすじ