マチネの終わりに キャスト

マチネの終わりにキャスト

福山雅治
石田ゆり子
伊勢谷友介
桜井ユキ
木南晴夏
風吹ジュン
板谷由夏

福山雅治、石田ゆり子と初共演で“大人の恋愛”

映画「マチネの終わりに」で初共演する福山雅治さん(左)と石田ゆり子さん(C)2019「マチネの終わりに」製作委員会
映画「マチネの終わりに」で初共演する福山雅治さん(左)と石田ゆり子さん(C)2019「マチネの終わりに」製作委員会

 歌手で俳優の福山雅治さんと女優の石田ゆり子さんが、初共演する。日本・パリ・ニューヨークを舞台にした大人のラブストーリーで、福山さんは主人公の天才クラシック・ギタリストを演じる。天才ギタリストとして名をはせるも、現状の演奏に満足ができずに、自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える、天才クラシック・ギタリストの蒔野聡史(福山さん)と、フランスの通信社に所属するジャーナリストの小峰洋子(石田さん)の40代の2人が、6年間でたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく物語。

 福山さんと石田さんは、CMやバラエティー番組での共演はあるものの、俳優としては初共演。福山さんは、「恋愛する、恋愛しないにかかわらず、どんな生き方も許容する現代において、『愛』とはどのような意味を持つのか? 人が人を必要とするそのときに名付けられる『愛』という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化できるのではないかと感じています」とコメント。石田さんについては、「まさに洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります」と話した。

 一方、婚約者がいるものの、蒔野と引かれ合い、かなわぬ恋に翻弄(ほんろう)される女性ジャーナリストを演じる石田さんは、「人としても、女性としても、このようでありたいと憧れるような存在で、この役を演じることに背筋が伸びる想いです」と告白。英語やフランス語での演技も披露するといい、「こんなふうに人を愛せたら……そんな気持ちで一気に読み終えた『マチネの終わりに』の映画化に参加できることに心震える想いです」とコメントした。

伊勢谷友介、木南晴夏、桜井ユキらキャスト発表

(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク
(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

 映画の新キャストとして俳優の伊勢谷友介さん、女優の桜井ユキさん、木南晴夏さん、風吹ジュンさん、板谷由夏さん、俳優の古谷一行さんが出演する。伊勢谷さんは洋子の婚約者でニューヨークに住む経済学者のリチャード新藤、桜井さんは蒔野のマネジャーの三谷早苗、古谷さんは蒔野の師匠であるギタリストの祖父江誠一、木南さんは祖父江の娘・祖父江奏、風吹さんは長崎に住む洋子の母・小峰信子、板谷さんは蒔野を担当するジュピターレコードの社員、是永慶子をそれぞれ演じる。また、クラシックギタリストのティボー・ガルシアさんが若き天才ギタリスト役で出演する。