海獣の子供 あらすじ

海獣の子供あらすじ

 映画「海獣の子供」は、実写映画化された「リトル・フォレスト」などの五十嵐大介さんのマンガを劇場版アニメ化。劇場版「ハーモニー」や「鉄コン筋クリート」を手掛けた「STUDIO4℃」が制作する。

 「海獣の子供」は、五十嵐さんがマンガ雑誌「IKKI」(小学館、現在は休刊)で2005~11年に連載したマンガ。友人にケガをさせた少女の琉花が「海」と名乗るジュゴンに育てられた不思議な少年と出会い、港町と水族館を舞台にさまざまな冒険を繰り広げるというストーリー。第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、第12回手塚治虫文化賞にノミネートされた。

 芦田愛菜さんが主人公・安海琉花、石橋陽彩さんは琉花と共に物語の鍵を握る2人の兄弟の弟・海、浦上晟周さんは兄・空をそれぞれ演じる。

映画「海獣の子供」のあらすじ