海獣の子供 ニュース

声優キャストに稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子 神秘的なポスタービジュアルも

劇場版アニメ「海獣の子供」で声優を務める(上段左から)富司純子さん、稲垣吾郎さん、蒼井優さん、渡辺徹さん (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
劇場版アニメ「海獣の子供」で声優を務める(上段左から)富司純子さん、稲垣吾郎さん、蒼井優さん、渡辺徹さん (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 「リトル・フォレスト」などの五十嵐大介さんのマンガが原作の劇場版アニメ「海獣の子供」に声優として、稲垣吾郎さん、蒼井優さん、渡辺徹さん、富司純子さんが出演する。「一番大切な約束は、言葉では交わさない」というキャッチコピーが添えられ、神秘的な大水槽の前で主人公・安海琉花がたたずむ姿が描かれたポスタービジュアルも公開された。

 稲垣さんは主人公・琉花の父親で水族館に勤務する安海正明、蒼井さんは娘とも夫とも関係がうまくいかない琉花の母親・安海加奈子、渡辺さんは琉花が所属するハンドボール部の先生、富司さんは世界中を航海しながらジュゴンに育てられた兄弟の海と空を見守る不思議な人物、デデをそれぞれ演じる。

(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

声優キャストに芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流 音楽は久石譲 特報、ビジュアルも

劇場版アニメ「海獣の子供」で声優を務める(上段左から)石橋陽彩さん、芦田愛菜さん、窪塚愛流さん (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 芦田さん写真:PHOTO HASEGAWA SATOSHI
劇場版アニメ「海獣の子供」で声優を務める(上段左から)石橋陽彩さん、芦田愛菜さん、窪塚愛流さん (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 芦田さん写真:PHOTO HASEGAWA SATOSHI

 「リトル・フォレスト」などの五十嵐大介さんのマンガが原作の劇場版アニメ「海獣の子供」(渡辺歩監督)に声優として、女優の芦田愛菜さん、劇場版アニメ「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版で主人公ミゲルを演じた石橋陽彩(ひいろ)さん、俳優の窪塚洋介さんの息子の窪塚愛流(あいる)さんが出演する。6月7日に公開されることも発表され、キービジュアル、特報が公開。音楽を久石譲さんが担当することも分かった。

 芦田さんは主人公・安海琉花、石橋さんは琉花と共に物語の鍵を握る2人の兄弟の弟・海、窪塚さんは兄・空をそれぞれ演じる。

 原作者の五十嵐さん、渡辺監督のコメントは以下の通り。(原文のまま)

 ◇五十嵐さんのコメント

 「海獣の子供」は、キレイな型にあてはめるとどうしてもこぼれ落ちてしまうような事を、それでもなんとか形にしようと思いながら描きました。

 先日、マンガにはない“音”の制作現場に少しだけ立ち会いました。久石さんの音楽の収録は映像を流しながら行われていて、映像に音が乗った瞬間、一気に世界が立ち上がり、自分が海の風に飲み込まれるような感覚になりました。その映像は壮大さに加え、細やかな演出と作画によって原作では描ききれなかった登場人物の心情に寄り添ったシーンになっていました。芦田愛菜さんの声は聞く人を引き込む独得な響きをたたえていて映画の世界にずっと浸っていたい気持ちになりました。

 映画とマンガは全く違う表現です。でも「海獣の子供」への思いは、映画を制作した皆さんと共有出来ていると思います。完成した形を大画面で見るのが待ち遠しい!です。

 ◇渡辺監督のコメント

 ついに! この映画を皆さんにご覧いただける時が来たことを大変うれしく思います。孤高の「描写力」を誇る原作に肉迫すべく、徹底して「描き」にこだわるスタッフたちが一筆一筆を刻み付けた“カット”を、宇宙の律動を紡いだ音楽で“シーン”として鮮やかに染め上げて下さった、久石譲先生! 芦田さん、石橋さん、窪塚さんをはじめとした最高のキャストによって“ドラマ”が織り成され……。この映画は全ての要素が高い密度で結合しているのです。「何ものにも似ていない原作」から、「何ものにも似ていない映画」が生まれました。言葉として書き表すのがもどかしいほど、この手応えに私は興奮しています。「14歳」の少女を通して見つめる、命の不思議とロマン。この物語の最後に彼女が何を感じるのか……。皆様にぜひ見届けていただきたいです。

(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

五十嵐大介の人気マンガ「海獣の子供」が劇場版アニメ化 STUDIO4℃が制作

劇場版アニメ「海獣の子供」のビジュアル (C)KaijunoKodomo Committee
劇場版アニメ「海獣の子供」のビジュアル (C)KaijunoKodomo Committee

 実写映画化された「リトル・フォレスト」などの五十嵐大介さんのマンガ「海獣の子供」が、劇場版アニメ化されることが7月16日、明らかになった。劇場版「ハーモニー」や「鉄コン筋クリート」を手掛けた「STUDIO4℃」が制作する。

 「海獣の子供」は、五十嵐さんがマンガ雑誌「IKKI」(小学館、現在は休刊)で2005~11年に連載したマンガ。友人にケガをさせた少女の琉花が「海」と名乗るジュゴンに育てられた不思議な少年と出会い、港町と水族館を舞台にさまざまな冒険を繰り広げるというストーリー。第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、第12回手塚治虫文化賞にノミネートされた。

 公開時期などは今後発表される。

(C)五十嵐大介/小学館
(C)五十嵐大介/小学館