グリンチ ニュース

横溝菜帆、“ぎぼむす”で話題の子役 共演者・杏から“盗みたい”ものとは… <日本語吹き替え版製作発表会見>

劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場した横溝菜帆さん
劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場した横溝菜帆さん

 TBSの連続ドラマ「義母と娘のブルース」に出演して話題の子役、横溝菜帆さんが9月13日、東京都内で行われた劇場版アニメ「グリンチ」(ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー共同監督、2018年12月14日公開)の日本語吹き替え版の製作発表会見に、女優の杏さんらとともに登場した。映画の内容にちなみ、登壇者の“この人のここを盗みたい”をテーマにトークが展開され、横溝さんは「杏さんのきれいで細い脚」とおませな回答をして、会場の笑いを誘った。

 会見には、大泉洋さん、「ロバート」の秋山竜次さん、宮野真守さんも出席。横溝さんの回答に、杏さんは「何が欲しい? 何でも買ってあげる」とうれしそうに話し、大泉さんは「可愛いね。でも、今の体にこの脚が付いたら、バランスおかしいね」と突っ込んで横溝さんを笑わせていた。

 同作は、「ミニオンズ」などを手がけた米スタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメで、ドクター・スースの名作絵本「グリンチ」をアニメ化。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓(さんろく)の村人たちにいじわるをして楽しむグリンチ。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……という内容。

宮野真守、子役時の宣材写真公開 大泉洋から整形疑われ… <日本語吹き替え版製作発表会見>

劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場した宮野真守さん
劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場した宮野真守さん

 声優の宮野真守さん、俳優の大泉洋さんらが9月13日、東京都内で行われた劇場版アニメ「グリンチ」(ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー共同監督、2018年12月14日公開)の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場。イベントでは、子役として活動していたころの宮野さんの宣材写真が公開され、写真を見た大泉さんは「明らかに整形しましたね、やったでしょ。全然違うでしょ、鼻が」と指摘。宮野さんは苦笑いを浮かべながら「全然やっていないですよ!」と否定していた。

 会見には、宮野さん、大泉さんのほか、杏さん、「ロバート」の秋山竜次さん、横溝菜帆さんも出席した。

 同作は、「ミニオンズ」などを手がけた米スタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメで、ドクター・スースの名作絵本「グリンチ」をアニメ化。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓(さんろく)の村人たちにいじわるをして楽しむグリンチ。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……という内容。

大泉洋、吹き替えの仕事にぼやき 芝居合わせないと「本国からクレームが…」<日本語吹き替え版製作発表会見>

劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版製作発表会見に出席した大泉洋さん
劇場版アニメ「グリンチ」の日本語吹き替え版製作発表会見に出席した大泉洋さん

 俳優の大泉洋さんが9月13日、東京都内で行われた劇場版アニメ「グリンチ」(ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー共同監督、2018年12月14日公開)の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場。日本語吹き替え版で主人公のグリンチの声優を務める大泉さんは「とんでもなく難しいんですね。(グリンチ役のベネディクト・)カンバーバッチさんが声を入れていて、カンバーバッチさんのお芝居に合わせないと、本国からクレームが来るんです。『これ違うじゃないか』って」とぼやいた。

 続けて、「(せりふと映像を)合わせるレベルがすごいんですよ。(静かに)階段を上るシーンで、『シッシシシシシー』って声を合わせたら、『ごめんなさい、(せりふの)“シー”が1個足りない』って。それだけ細かい」と明かし、「ハリウッドの作り方は、カンバーバッチさんの芝居に合わせるでしょ。彼のお芝居は自由なのに、それに合わせる僕は必死ですよ。まあー、細かい。ここまでと知っていたら、やらなかったですわ」と話して、周囲を笑わせた。

 イベント終盤、サプライズでカンバーバッチさんからのビデオメッセージが流れ、「(大泉さんは)グリンチよりひねくれていると聞いています」とカンバーバッチさんに言われた大泉さんは、「こういうのがあるって言わないとダメだって。冒頭から(カンバーバッチさんを)“ディスった”じゃん。だめだよ、会った途端にけんかじゃん」とクレームを入れていた。

 この日の会見には、同じく日本語吹き替えを担当する杏さん、「ロバート」の秋山竜次さん、横溝菜帆さん、宮野真守さんも出席した。

 同作は、「ミニオンズ」などを手がけた米スタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメで、ドクター・スースの名作絵本「グリンチ」をアニメ化。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓(さんろく)の村人たちにいじわるをして楽しむグリンチ。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……という内容。

 日本語吹き替え版では、グリンチと心を通わせるお母さん思いの優しい少女シンディ・ルーを横溝さん、シンディの母・ドナを杏さん、クリスマスが大好きでとにかく陽気なグリンチの隣人のブリクルバウムを秋山さんが演じ、宮野さんはナレーターを務める。

大泉洋、ハリウッド映画吹き替えに初挑戦 「ミニオンズ」スタッフの新作で主人公に

劇場版アニメ「グリンチ」で主人公・グリンチの声優を務める大泉洋さん(C)UNIVERSAL PICTURES
劇場版アニメ「グリンチ」で主人公・グリンチの声優を務める大泉洋さん(C)UNIVERSAL PICTURES

 俳優の大泉洋さんが、「ミニオンズ」などを手がけた米スタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメ「グリンチ」(2018年12月14日公開)の日本版で、主人公・グリンチの声優を務めることが7月13日、明らかになった。大泉さんがハリウッド映画での吹き替えを行うのは初めて。また、大泉さんが声優を務めた日本版予告映像も公開された。

 同作はドクター・スースの名作絵本「グリンチ」を映画化。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちにいじわるをして楽しむグリンチ。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……という内容。

 予告編映像は約1分40秒で、グリンチが村人にいじわるをする姿や、ずるをしてチェスに勝つ様子などが映し出される。また“クリスマス”を盗むためにグリンチが奮闘する様子も収められている。

 ◇大泉洋さんのコメント

 今回僕が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いでいじわるばかりしている“超ひねくれ者”です。そんなグリンチのキャラクターにぴったりということでオファーをいただいたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、「なぜだろう?」と不思議に感じております! でもこれがまた憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!

(C)UNIVERSAL PICTURES
(C)UNIVERSAL PICTURES
(C)UNIVERSAL PICTURES
(C)UNIVERSAL PICTURES
出典:YouTube

「ミニオンズ」製作スタジオの新作劇場版アニメ「グリンチ」 ティザービジュアルに幼少期の姿も

劇場版アニメ「グリンチ」のティザービジュアル(C)UNIVERSAL PICTURES
劇場版アニメ「グリンチ」のティザービジュアル(C)UNIVERSAL PICTURES

 「ミニオンズ」などを手がけた米国のスタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメ「グリンチ」のティザービジュアルが4月27日、公開された。同作の主人公・グリンチの幼少期の姿「ベイビーグリンチ」が描かれ、「このあと、どんどん、ひねくれる」というキャッチコピーが添えられてる。

 同作ではドクター・スースの名作絵本「グリンチ」を映画化。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちにいじわるをして楽しむグリンチ。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう……という内容。

 併せて、大人になったグリンチの姿が写し出されたビジュアルも公開された。こちらをにらむグリンチと愛犬マックスの姿が描かれ、「ミニオンを生み出したイルミネーション最新作の主人公は…超ひねくれ者!」というキャッチコピーが添えられている。劇場版アニメ「グリンチ」は今年12月に公開予定。

(C)UNIVERSAL PICTURES
(C)UNIVERSAL PICTURES